MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」

MBSがん検診啓発キャンペーン スペシャルラジオドラマ「きみと手をつないで」

出演:松井愛アナウンサー(スタジオMC)

ドラマパート
「きみと手をつないで」
出演:
木内義一、辻葉子、野田琴乃、上嶋彩記子、風太郎
松川浩子・西村麻子(MBSアナウンサー)

ドラマパート
「私、がんサバイバー」
出演:
内山絢貴、関秀人、風太郎、阪東浩孝
千葉猛・関岡香・高井美紀
上田悦子・松川浩子(MBSアナウンサー)

脚本:三谷昌登  演出:島修一  音声:深田信彦、阿部雅人  効果:濱谷光太郎
企画:MBSがん検診啓発キャンペーン

2012年から続くMBSの「がん検診啓発キャンペーン」から、2本のラジオドラマを制作し放送することが決定しました。日本人の2人に1人はがんになる時代といわれ、早期発見は有効な治療に直結するにもかかわらず、がん検診の受診率が近畿各県は日本で最も低いレベルです。地域の放送局として何かできることはないかと考え、がん検診の大切さやがんについての正しい知識を広めたい、というのがMBSの「がん検診啓発キャンペーン」です。
今回は、MBSに在籍している「かけがえのない妻をがんで亡くした男性社員」、「自らがんを患い、治療を続けながらも仕事をあきらめない女性社員」それぞれの経験をもとにしたラジオドラマを制作、放送します。
MBS社員の実体験から制作された2本のドラマが、「がん」について知って考えていただけるきっかけとなればと考えています。