第2回 MBSラジオドラマ脚本コンクール 募集要項

MBSラジオは、ラジオ文化の継承と、「音で描く世界」の面白さを広く伝えることを 目的に、「月刊ドラマ」(株式会社映人社刊)との共同企画として、昨年に続いて、第2回ラジオドラマ脚本コンクールを開催いたします。最優秀作はMBSラジオでドラマ化して 放送します。どしどしご応募ください!

(昨年、ラジオドラマ化された第1回最優秀作『5拍子の福音』は、ギャラクシー賞選奨、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞するなど高い評価を受けました)

<<募集要項>>
●募集テーマ
『家族』
●賞
最優秀作1編(賞金10万円) 優秀作3編(賞金3万円)
●資格
プロ、アマチュアを問いません。どなたでも応募できます。
●形式
ラジオドラマ用の脚本で、放送時間は60分間を想定。(400字詰め原稿用紙換算で、50~55枚程度)
オリジナルの未発表作品に限ります。
小説・マンガ・映像作品などを脚色した作品、および他公募に応募した作品は不可とします。
●応募方法
下記メールアドレス宛に、原稿データを添付してお送りください。
drama@mbs1179.com
データ形式は、Wordもしくはテキストデータのいずれかに限ります。
メールのタイトルに「ドラマ脚本応募」と明記してください。
応募原稿は、
1ページ目(表紙)に、

①氏名(フリガナも。ペンネームの場合も本名を併記)
②郵便番号・住所
③連絡先電話番号
④年齢
⑤性別
⑥職業
⑦執筆経歴
2ページ目に、
作品タイトルと、登場人物表
3ページ目に、
あらすじ(800字程度)
4ページ目以降を
脚本本文の順にしてください。
手書き原稿やプリントアウトした作品での応募は、
〒530-8304 MBSラジオ「ラジオドラマ脚本募集」係まで郵送してください。
その場合も上記同様に作品を綴じてください。
●募集期間
2017年10月20日~12月31日(当日消印有効)
●選考委員
MBSラジオスタッフ、「月刊ドラマ」編集部
特別審査委員:北阪昌人・水橋文美江・わかぎゑふ(五十音順)
●発表
2018年2月下旬~3月上旬を予定
最優秀作は「月刊ドラマ」2018年4月号(2018年3月17日発売)で掲載予定
●その他
応募作品は返却しません。
入賞脚本のドラマ化(国内および国外のコンクール等への出品を含む)、放送・配信権は、MBS(株式会社毎日放送)に帰属します。
ドラマ化に際し、MBSが脚本を補筆、改稿することがあります。
<<特別審査委員>>(五十音順)
●北阪昌人北阪昌人

作家・ラジオドラマ脚本家。大阪生まれ。
学習院大学文学部ドイツ文学科卒。
日本放送作家協会会員・日本脚本家連盟会員。
執筆したラジオドラマは1,000作品にも及ぶ。
2006年にスタートした大人気ラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司』は現在も担当中。 『プラットホーム』(東北放送)にて第62回文化庁芸術祭優秀賞受賞、第44回ギャラクシー選奨受賞など数々の受賞歴あり。

●水橋文美江水橋文美江

脚本家。石川県金沢市出身。
フジテレビヤング シナリオ大賞最終審査に残ったのをきっかけに 深夜ドラマ『東京ストーリーズ』で脚本家デビュー。
NHK名古屋ラジオドラマコンクール佳作受賞。
橋田寿賀子新人脚本賞受賞。石川TOYP大賞受賞。ギャラクシー月間賞受賞。
日本新聞協会地域貢献大賞審査員。現在、北國新聞にて毎週コラム『母ちゃん道』連載中。
季刊誌「北國文華」にて小説『恋なんて、するわけがない』連載中。

●わかぎゑふわかぎゑふ

作家・演出家。劇団リリパットアーミーⅡ二代目座長。
大阪弁の人情劇を得意とし演劇関係の賞も多数。
古典への造詣も深く歌舞伎、狂言などの脚本、演出、衣裳なども手掛ける。
NHKの人気アニメ「リトルチャロ」の原作者でもある。