MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
MBSこども音楽コンクール
番組へのメール kodomo@mbs1179.com

バックナンバー

 
トピックス
2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<重奏部門 王寺町立 王寺小学校>

竹谷 百桃さん(5年生)
西日本大会に出させていただけてとてもうれしかったです。私たちの本番は一番だったので、とても緊張しました。ホールが思った以上に響いてびっくりしました。でも、音を外してしまったり、音がカスカスしてしまって、とても悔しかったです。見学していた同じバンドのメンバーから他の団体がすごくうまかったと聞きました。そういえば、リハーサル前からずっと基礎をしていたのをすごいなと思ってみていたことを思い出しました。うやっぱり基礎は演奏につながるんだと思いました。
最優秀賞をいただけてとてもうれしかったけど、もっと基礎から本気でやって、もっと上手になりたいな。と思いました。

下濱 美月さん(5年生)
MBS西日本大会で演奏させて下さってありがとうございました。舞台裏でMBSの方が「ここへ来てください」などと笑顔で案内して下さってうれしかったです。演奏させてもらったら、思っていたよりホールは響いてすごかったです。
私は記録じゃなくて記憶に残るような演奏がしたいと思ってきました。でも本番が私はすごく緊張して、足が震えていて失敗してしまい、思い通りの演奏ができませんでした。これからそんなことがないようにもっと練習して、5人で気持ちを一つにして作っていきたいです。

西田 楓さん(6年生)
アンサンブルの本番では、出だしがずれてしまったりしたので、少し悔いが残ってしまいました。これからは、「もう無理です」って言えるくらい努力を積み重ねて、キラキラ輝いている、みんなが満足のできる演奏がしたいです。
そのために明日の練習から基礎を頑張りたいと思いました。
西日本大会に出させて下さってありがとうございました。

高島 柚香さん(6年生)
朝からホールでリハーサルをさせて下さってありがとうございました。私はお客様の耳に残る、幸せになっていただける演奏を目指してしました。でも失敗を何回もしてしまいました。けれど、ホールはとても響いてびっくりしました。これからはもっと自分に厳しく、色々難しい事にも挑戦して、もっといいアンサンブルの演奏がしたいです。
西日本大会に出場できて良かったです。本当にありがとうございました。

平田 大和さん(6年生)
12/26西日本大会で演奏させて下さってありがとうございました。僕はMBSの重奏部門に出させていただくのも、このアンサンブルをお客様に聴いていただくのもこの日が初めてで、とてもワクワクしていました。でも、本番では一番最初ということもあって緊張していました。
発表の時には最優秀賞と聞いてとてもうれしかったです。でも演奏の時に思い通りに音が出せなくて、あまり満足できませんでした。これからは、だれが聴いても100点満点の演奏にしたいです。西日本大会の日に色んな学校の演奏を聴けて、演奏の仕方とかいっぱい勉強できたり、発見できたので、今後の活動に生かしていきたいです。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<管楽合奏部門 西宮市立 真砂中学校>

畑 陽加里さん(3年生)
今回の演奏のメンバーでの、活動が始まった頃は、先が見えない不安からのスタートでしたが、ご指導いただいた先生方が、私たちを支えて下さった方々のお蔭でこのような素晴らしい賞を頂けるところまで成長することができました。
このこども音楽コンクール出場に至るまでに、日々の練習も大切ですが、礼儀や掃除などを怠らず人間性を磨くことが質の高い演奏につながるということを強く感じました。
このコンクールが3年生にとっては最後の演奏でした。3年間の成果を出し切ることができ、良い形で締めくくることができました。1,2年生には感謝の気持ちを忘れず切磋琢磨しあえるような関係でいてほしいと思います。本当にありがとうございました。

岸本 智帆さん(2年生)
この一年間、私たちが言われ続けたことは「非常識を、常識に換える」です。これは「今までにやった事のない事に挑戦する」にも当てはまります。過去の先輩方が造りあげてきた事をそのまま継承するだけでなく、常に新しい伝統を造り続けるという事を心がけてきました。
11月に先輩方が引退されて、11月中旬に復帰されてからの約十日間は、本当に僅かな時間でしたが三学年全員が集中していたからこそ、夏のコンクールとは違った新しい音楽を造ることができ、全国大会出場につながったと思います。
このMBSこども音楽コンクール西日本大会を通して支えて下さった先生方や先輩方、家族への感謝の意を忘れずに、これからの活動の糧にしていきます。

小堀 聖愛さん(2年生)
こども音楽コンクールに出場した2,3年生がこの編成で合奏をした時はコンクールにすら出場できないのではというぐらい低いレベルでした。でも私たちは、練習を積み重ねていくうちに、私たちのレベルは上がっていきました。その結果、MBSこども音楽コンクールで「最優秀賞」をいただくことができました。この「最優秀賞」をいただけたことは私たちの実力がわかり、「自信」につながります。本当に感謝しています。

山本 真緒さん(2年生)
こども音楽コンクールへの出場が決まってから本番までの練習時間はあまりありませんでしたが、その中で1回1回の練習に集中して取り組むことができたと思います。私たちは結果ばかり気にしていました。ですが「結果も大事だけど、それより楽しんで演奏しよう!」と言われ、私たちは今回の演奏を楽しんでできました。本当によかったです。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<管楽合奏部門 生駒市立 桜ヶ丘小学校>

羽賀 文香さん(6年生)
私は本番の直前インフルエンザにかかってしまいとても心配でした。当日の朝、久しぶちに登校して練習するとみんなの音が変わっていてもっと不安になりました。でも、みんなの音に包まれて安心して吹くことができました。本番もやることを全部出し切れました。今まで私たちや先輩たちが目指していた最優秀賞にやっとたどり着くことができました。夢が叶ってうれしいです。

小林 桜さん(6年生)
私がMBSまでの練習で学んだことは、みんなの心がつながっていないと、音もきれいに響かないという事です。私は、合っていなくても合っているつもりになっていて、先生に合っていないと言われて正直「なんで?」と思いながら吹いていました。でも合わせようと思って吹いたら合い、その時はうれしかったです。それからは、友達の方を見ながら吹いていました。結果は「最優秀賞」でした。今までは、パートの人に頼ってばかりだったけど、今回は自分に自信を持って吹けました。そして自分たちが、積極的に練習したからこの賞をいただけたのだと思います。何年も前から先輩たちが夢にみていたこの賞をいただいてとってもうれしいです。

西田 福子さん(6年生)
舞台裏にいる時、とっても緊張しました。舞台に出て、マイクチェックで音を吹いた時、いつも通りの音だったので、心の中で「よし!大丈夫!」と思いました。どうしても病気でこの本番に出ることが出来なくなってしまった子の分も頑張りました。そして、結果発表!管楽合奏部門の最優秀賞を発表する時、同じパートのみんなで手を握り聞きました。「生駒市立」次の文字を言うまでの間がすごく長く感じ、握る強さが2倍になり「桜ヶ丘小学校」と言っているのが聞こえて、うれしくて、うれしくてたまりませんでした。私たちと同じようにお母さんたちも一緒に喜んでくださっていたので、少しは恩返しができたかと思います。夢が叶って良かったです。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<合奏第二部門 天理市 天理小学校>

井筒 いつみさん(6年生)
小学生生活最後のコンクール。すごく緊張して、カルメンのソロは口が震えて思い通りには吹けなかったが、みんなと演奏をして本当に楽しかった。2部門揃っていけてすごく嬉しかった。来年も頑張ってほしいです。

井筒 睦子さん(6年生)
西日本大会に出場させていただいたのは、今回で3回目だった。4,5年生の頃は、自分のことでいっぱい、いっぱいだった。でも、今回はみんなのことを考えて、みんなの音を聞きながら演奏でした。演奏をしたのは私たちだ。でも、決して自分だけでとったんじゃない。陰で支えてくれた家族や、教えて下さった先生方やコーチ、そのお蔭あっての賞だ。そういう方々に改めて感謝している。

飯降 のぶよさん(6年生)
一日前からクラリネット1stがインフルエンザで休んで、私がアラゴネーゼのソロを吹くことになりました。すごく緊張しましたが、最後のコンクールなので全力でがんばりました。結果は最優秀賞というすごい賞をもらえて、とてもうれしいし、達成感もありました。6年最後のコンクールはいい思い出になりそうです。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<合奏第一部門 天理市 天理小学校>

西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<合奏第一部門 天理市 天理小学校>
西村 愛美さん(6年生)
私はソロという重要な役割をいただきました。でもみんなをしっかり支えてあげられているのか、不安でいっぱいでした。そんな時、隣にはいつもみんながいました。あの曲は、みんなとの絆の結晶です。

中嶋 とよさん(6年生)
今回、コンクールで最優秀賞をいただけたのは、メンバー全員が心を一つにして、一所懸命にがんばったからだと思います。私が毎回コンクールで気づかされることは「心を合わせることは大切」ということです。文部科学大臣奨励賞をいただけるように、日々よい行いをしたいと思います。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<管楽合奏部門 松山市立 桑原小学校>

山下 りんさん 4年生
私は、ステージにあがった時ドキドキが止まらなったけど、実際に吹いてみるとドキドキが止まってワクワクしてきてもっと吹きたいと思いました。

吉本 萌さん(6年生)
最後のコンクールで最優秀賞を取ることができたのでとてもうれしかったです。大切な仲間と一緒に会場中にいいハーモニーを響かせることができました。
私はもう出場することはないと思いますが、また機会があったら行きたいと思います。

藤原 鈴華さん(6年生)
私は桑小金管バンド部で一番よかったことはこうしてみんなで楽しく演奏できたり、今回みたいに良い成果が出せたりできることです。私は最優秀賞がとれてすごく嬉しかったです。来年に引き継ぐみんなにまたがんばってもらいたいです。

阿部 光さん(6年生)
私たち桑原小学校金管バンド部は、今回は様々な大会に出場することができました。みんなでがんばってきた「栄光のすべてに」では明るく楽しく良いハーモニーを響かせるという目標を持って練習をしてきました。この大会では人数の少ないということを生かしたとても良い演奏ができたのでよかったです。

美佐田 さくらさん 4年生
「栄光のすべてに」を演奏して、練習よりも上手にできたと思います。みんなで心を一つにし、先生を見て、楽しく演奏ができました。愛媛県から大阪府まで行って演奏してよかったと思います。

仲西 きりさん(6年生)
「栄光のすべてに」はいい曲で人数の少ない桑原には少し厳しかったけど、ソロがある人は「力を抜いて頑張れ」や応援のメッセージを送り合って、本番もきれいにハモっていて、間違いもなかったので、本番が終わったら、嬉し泣きしてしまいそうでした。最優秀賞という、とてもいい賞が取れてうれしかったです。

金子 実莉さん(6年生)
「栄光のすべてに」は5月ごろに始めたのですが、私の中ではやっと12月で自分の中の最高の演奏が出来た気がします。
今年度の大きな大会は最後ですが、良い成績が残せたし、仲間と一緒に最後まで笑顔、演奏できたのでよかったです。この思い出を宝物にしたいです。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月25日 声楽部門 
<合唱部門 大阪市立 阪南中学校>

仲谷 美紀さん(2年生)
今回のコンクールは3年生が引退して、1,2年生だけでの初めての舞台でした。緊張と不安が高まる中での演奏だったので、納得のいく演奏ではなかったと私は思いました。ですが、すばらしい演奏を得ることができたので、今までとてもお世話になった先生や三年生の先輩方、そして一緒に歌った仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

若野 泰子さん(2年生)
1・2年生だけで立った初めての舞台、人数も少なく緊張しましたが、いつも通りに歌いきれました。審査発表で最優秀賞に選ばれ、まず驚きで呆然・・・そして嬉しさでいっぱいになりました。新メンバーでこれほど良いスタートがきれたのも顧問の先生のお蔭です。このコンクールで改めて合唱の楽しさや素晴らしさ、仲間の大切さを学びました。合唱大好きです!!

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月25日 声楽部門 
<合唱部門 京都市京都聖母学院小学校>

音楽担当 宮崎 千恵子先生
西日本Aブロック最優秀賞をいただき合唱団全員大きな喜びと幸せを感じます。「歌でみんなをしあわせに」を合言葉のモットーに、みな仲良くチームワークの大切さを感じながら日々練習を重ねてきました。6年生は中学受験を前に大変な時期でしたが、学校行事のクリスマス会のステージを経て今回の演奏につなげてきました。やりきった達成感はきっと素晴らしい宝物となって子供たちの心に残り、次のステップアップにつなげていくことが出来ると信じています。

2015.02.12 (木)
西日本大会を終えて 12月25日 声楽部門 
<重唱部門 枚方市 関西創価小学校>

天野 日南子さん(6年生)
少ない練習時間の中、一生懸命練習に取り組みました。本番では、今までは支えて下さった先生方や友達、家族のことを思い、感謝の気持ちを込めて歌いました。私にとって、一生忘れられない宝の思い出となりました。ありがとうございました。

永長 優香さん(6年生)
「基本は力!」持続は力!」との部のモット―を胸に、日々練習に励んできました。本番の前の週、インフルエンザで充分な練習ができませんでしたが、仲間を信じ、合唱団全員の励ましを胸に、全ての力を発揮することができました。重唱では最優秀賞に輝くことができ、本当にうれしいです。

武田 美由紀さん(6年生)
寒い季節で体調を崩すメンバーもいて、なかなか全員が集まれませんでしたが、その分1回1回の練習に集中して取り組むようにしました。本番は緊張しましたが、練習の成果をしっかり出すことができました。心を合わせ、努力する素晴らしさを学びました。

高橋 一花さん(6年生)
最優秀賞といわれた時、とてもうれしかったです。西日本大会の一週間前、インフルエンザにかかり、4人で合わせることが全然できませんでした。だけどこうして最優秀賞を取れたのは、いろんな人の応援があったのと、自分自身の弱い心に勝利できたからだと思います。ありがとうございました。

2015.01.21 (水)
西日本大会を終えて 12月26日 器楽部門
<管楽合奏部門 西宮市立 真砂中学校>

畑 陽加里さん(3年生)
今回の演奏のメンバーでの、活動が始まった頃は、先が見えない不安からのスタートでしたが、ご指導いただいた先生方が、私たちを支えて下さった方々のお蔭でこのような素晴らしい賞を頂けるところまで成長することができました。
このこども音楽コンクール出場に至るまでに、日々の練習も大切ですが、礼儀や掃除などを怠らず人間性を磨くことが質の高い演奏につながるということを強く感じました。
このコンクールが3年生にとっては最後の演奏でした。3年間の成果を出し切ることができ、良い形で締めくくることができました。1,2年生には感謝の気持ちを忘れず切磋琢磨しあえるような関係でいてほしいと思います。本当にありがとうございました。
岸本 智帆さん(2年生)
この一年間、私たちが言われ続けたことは「非常識を、常識に換える」です。これは「今までにやった事のない事に挑戦する」にも当てはまります。過去の先輩方が造りあげてきた事をそのまま継承するだけでなく、常に新しい伝統を造り続けるという事を心がけてきました。
11月に先輩方が引退されて、11月中旬に復帰されてからの約十日間は、本当に僅かな時間でしたが三学年全員が集中していたからこそ、夏のコンクールとは違った新しい音楽を造ることができ、全国大会出場につながったと思います。
このMBSこども音楽コンクール西日本大会を通して支えて下さった先生方や先輩方、家族への感謝の意を忘れずに、これからの活動の糧にしていきます。
小堀 聖愛さん(2年生)
こども音楽コンクールに出場した2,3年生がこの編成で合奏をした時はコンクールにすら出場できないのではというぐらい低いレベルでした。でも私たちは、練習を積み重ねていくうちに、私たちのレベルは上がっていきました。その結果、MBSこども音楽コンクールで「最優秀賞」をいただくことができました。この「最優秀賞」をいただけたことは私たちの実力がわかり、「自信」につながります。本当に感謝しています。
山本 真緒さん(2年生)
こども音楽コンクールへの出場が決まってから本番までの練習時間はあまりありませんでしたが、その中で1回1回の練習に集中して取り組むことができたと思います。私たちは結果ばかり気にしていました。ですが「結果も大事だけど、それより楽しんで演奏しよう!」と言われ、私たちは今回の演奏を楽しんでできました。本当によかったです。