MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
大阪ガスpresents ラジオドラマ「山の声〜ある登山者の追想」
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
詳しく知りたい方はコチラ
RSS|PodCasting

大阪ガスpresents
ラジオドラマ
「山の声
〜ある登山者の追想」


出演:
登山者1 日活JOE
登山者2 山本 忠
音楽演奏:
バイオリン 西村恵一
ギター   角谷芳徳
原作:
大竹野正典(「山の声」より)
脚本:
加藤芳樹
制作:
毎日放送ラジオ

◆番組内容
大正から昭和にかけて活躍した登山家、加藤文太郎。
神戸の造船所で技師として働きつつ、「槍ヶ岳冬季単独登頂」「北アルプス単独縦走」などの華々しい記録を残し、「単独行の加藤」、「不死身の加藤」として名を馳せた加藤は、昭和11年1月、盟友・吉田登美久と二人で挑んだ槍ヶ岳・北鎌尾根において遭難し、30歳でその短い生涯を終えています。

『山の声〜ある登山者の追想』は、加藤文太郎の手記『単独行』を下敷きに、二人の遭難を描いた舞台劇『山の声』(作・大竹野正典)をラジオドラマ化した作品です。
非情の山に取り憑かれた男たちの、人生の喜びや孤独を、力強い台詞に乗せて綴っています。
(提供:大阪ガス株式会社 
 2011年3月19日放送)


【山の声〜ある登山者の追想】後編
【山の声〜ある登山者の追想】前編
【山の声〜ある登山者の追想】解説
山の声 - ポッドキャスト
【山の声〜ある登山者の追想】解説
2011年3月19日

リピート山中さんと 水野晶子アナウンサーによる解説です。
本編をお楽しみになる前に お聴きください。