第1108回「シリーズ東日本大震災7年〜子どもたちに原発事故を伝える」
リポート:MBSラジオ 亘佐和子記者

森松明希子さんは、原発事故のため、福島県郡山市から大阪市に、幼い子ども2人を連れて避難してきました。夫は今も福島に残って働いていて、母子避難の生活がもうすぐ7年になります。
東日本大震災避難者の会「Thanks&Dream」の代表も務める森松さんが最近力を入れているのが、子どもたちに原発事故や避難生活を伝えることです。原発事故とはどんなものなのか、なぜ遠く大阪まで避難してきたのか、子どもに伝えるのは難しいと思われがちですが、森松さんは子どもと対話し、一緒に考えてもらいながら、話を進めます。
番組では先月、大阪市生野区の東桃谷小学校で、1年生から6年生まで約200人の児童を対象に森松さんが行った特別授業を取材しました。東日本大震災には、地震・津波・原発事故の3つの大きな要素があること、子どもの命を守りたい一心で避難を決めたことなどを、丁寧に説明していきます。授業を受けた子どもたちにインタビューすると、大人が思う以上に、いろいろなことを感じ、原発事故について考えたことがわかりました。MBSラジオの亘佐和子記者が報告します。
 
(番組内容は予告なく変更する場合があります)

第1107回「阪神・淡路大震災23年〜借り上げ復興住宅から退去を求められる人々」
ゲスト:市川 英恵さん

阪神・淡路大震災で、被災者の住宅不足を補うため、自治体は、民間やURが持っているマンションを借り上げて被災者に提供しました。この「借り上げ復興住宅」の20年間の借り上げ契約が満了したとして、自治体は入居者に明け渡しを求めています。神戸市と西宮市は、期限を過ぎても明け渡しに応じない入居者を提訴し、うち80代の女性に対して神戸地裁は昨年10月、立ち退きを認める判決を言い渡しました。女性が住む部屋は16年10月が入居期限で入居許可書に記載がありましたが、入居時に市から口頭で説明はありませんでした。
女性は、数年前に腰の骨を折り生活に歩行器が欠かせません。神戸市は、明け渡しを求める住民に優先的に市営住宅の紹介や引っ越し代の補助を行っていますが、女性は「住み慣れた部屋だから生きていける。今から新しい環境になっても体が追いつかない」と話します。
今年から来年に向けて借り上げ復興住宅の入居期限を迎える人がピークになるとされています。この問題に詳しい市川英恵さんをゲストに迎えてお話を聞きます。
 
千葉猛のひとこと
きょうのお話で、住宅の問題は単に住む場所というだけではなく「命」にかかわる問題だということがわかりました。もし復興住宅問題が住む人の命を縮めてしまうことにつながるとしたら、それは「震災関連死」になると私は思います。阪神淡路大震災は決して過去のことではありません。今も続いています。

第1106回「命を守る口腔ケア」
ゲスト:神戸常盤大学短期大学部 教授、歯科医師 足立了平さん

災害後の避難生活の中で、高齢者に多く見られる疾患が肺炎です。阪神・淡路大震災では、肺炎は災害関連死の死因の約4分の1に及びました。中でも「誤嚥性肺炎」が多くを占めていたとみられています。
本来、食道を通るはずの食べ物や唾液が、誤って気管に入り込み、唾液と共に流れ込んだ細菌が肺に入り込んで炎症を起こすのが誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎は、食事だけではなく、寝ている間に飲み込む唾液中の細菌によっても起こります。災害直後の避難生活では、水不足から歯磨きや入れ歯のケアが充分にできないため、口内の細菌が繁殖しやすくなります。また、栄養や睡眠が充分にとれずに体力が低下し、誤嚥性肺炎にかかりやすくなり、特に高齢者にとっては死に至る危険性があります。逆に言えば、災害時に後回しにされがちな口の中のケアが、命を守ることに繋がります。
阪神・淡路大震災で被災者の歯科診療に奔走し、その後の大規模災害でも歯科支援活動を行っている、神戸常盤大学短期大学部の足立了平教授をゲストに迎え、災害時の口腔ケアの重要性や少ない水でも行える歯磨きの方法について聞きます。
 
野村朋未のひとこと
誤嚥性肺炎をひきおこす原因を間違えて認識していました。災害の時だけでなく、また高齢者だけではなく、口の中を清潔に保つケアが大切だとわかりました。口の中のケアが災害後の命を守ることにも繋がるという事をもっと広く知らせて行きたいです。早速、高齢の両親にも知らせて唾液を出す体操を実践してもらっています。

第1105回「シリーズ阪神・淡路大震災23年【4】〜復興住宅に通い続けた大学生」
ゲスト:兵庫県立大学4年生 一ノ瀬美希さん

阪神・淡路大震災後に整備された神戸市の東部新都心「HAT神戸」の復興住宅に、大学生らが2015年から運営してきた交流サロン「ほっとKOBE」があります。週に2回オープンし、高齢者がお茶を飲みながら談笑したり、子どもたちが集まって遊んだりして、住民の憩いの場になっています。
代表をつとめる兵庫県立大学4年生の一ノ瀬美希さん(22)は、高校生のときに、復興住宅で高齢者の孤独死が続いているというニュースを見て、自分が生まれる前の災害で今も苦しんでいる人がいることに、衝撃を受けたといいます。そして大学入学後、ボランティアとして復興住宅に飛び込むことになりました。サロンをオープンした当初は住人から警戒され、あいさつしても無視されることが続いたそうですが、何か月も声をかけ続けるうちに、少しずつ心を開いてくれる人が増えてきました。
今春、一ノ瀬さんが大学を卒業し兵庫県を離れるため、サロンの運営はHAT神戸の住民が担うことになります。「大学生の担い手がいなくなるのは申し訳ないけれど、住民が自ら運営してくださるのはベストな形だと思います」と語る一ノ瀬さん。復興住宅の高齢者の現状と、そこに通い続けた思いを、一ノ瀬さんに聞きます。
 
千葉猛のひとこと
「無理してしゃべらなくてもいいんです。そばにいるだけで」この言葉に感動しました。私は、とにかく話しかけることが第一と思い込んでいたのですが、そうじゃない。復興住宅に通い続けて、被災高齢者に寄り添い続けてきた「ほっとKOBE」の一ノ瀬さんのお話は考えさせられることが多いものでした。

第1104回「気象庁がノーマークの本白根山が噴火」
電話:上智大学 教授 木川田喜一さん

今月23日、群馬・長野県境にある草津白根山が噴火し、1人が死亡、11人が重軽傷を負いました。草津白根山は「白根山」や「本白根山」などの山々の総称で、この200年余りの間に、10回以上噴火した記録が残っています。しかし、それらの噴火は「白根山」の山頂火口付近で起こったもので、今回噴火した「本白根山」では近年目立った火山活動がありませんでした。「本白根山」が最後に噴火したのは3000年前ともいわれ、気象庁の観測態勢は十分ではありませんでした。今回、火山活動の高まりを示す事前の現象もなく、気象庁は「噴火速報」を出すことができませんでした。
今回の噴火は、マグマの熱で高温・高圧になった地下水が爆発的に噴き出す「水蒸気噴火」の可能性が高いとみられています。黒く立ち上る噴煙の映像、降り注いだ大きな噴石などが、噴火の恐ろしさを物語ります。そのとき何があったのか、火山列島に住む私たちはどんなことに注意すればよいのか、草津白根山を研究している上智大学の木川田喜一教授に話を聞きます。
 
野村朋未のひとこと
日本は火山列島で、あらゆるところに火山があります。全てを観測したり噴火を予知することはできないですから、山を訪れる時は私たち自身もその山の特性を知っておきたいものです。ただ、お話にあった通り、むやみに怖がるのではなく、自然の恩恵にあずかって温泉やゲレンデには出かけたいなと思います。

第1103回「シリーズ阪神・淡路大震災23年【3】〜外国人の防災」
ゲスト:NGO神戸外国人救援ネット代表 飛田 雄一さん

阪神・淡路大震災が発生した1995年当時、被災した外国人は非常に厳しい状況に置かれていました。避難所には外国語表記がなく、外国人にとっては、弁当を配るシステムや時間もわかりません。ケガをしても通訳がいないために治療がなかなか受けられず、オーバーステイ(超過滞在)や保険未加入の人は、ケガの治療費を全額請求されて、途方に暮れました。新婚旅行中に被災して亡くなった韓国人女性に弔慰金が出ないなど、トラブルも多数報告されました。また、地震のない国の出身者の中には、地震という災害自体を認識できず、避難の考え方を持っていない人もいて、周囲のサポートが必要不可欠です。
現在、日本の在留外国人はおよそ250万人といわれ、地域の中で多くの外国人が当たり前に暮らしています。それぞれ言葉や習慣も違う中、外国人の防災やサポートはどこまで進んだのでしょうか。阪神・淡路大震災をきっかけに1995年に発足し、地域で暮らす外国人の支援・サポートを続けている「NGO神戸外国人救援ネット」の代表を務める飛田雄一さんに、お話を聞きます。
 
千葉猛のひとこと
最近よく、ファストフードや居酒屋で外国人が働いている姿を見ます。観光客も大勢日本に来ています。自分が言葉のわからない外国で大災害にあったらと考えると、どれだけ不安か実感できます。さらにケガをし、病院で大金を請求されたら、自分のこととして考えると痛いほどつらさが伝わってきました。

第1102回「ネットワーク1・17スペシャル〜伝えるために必要なこと」
ゲスト:兵庫県立大学大学院・減災復興政策研究科 教授 室崎益輝さん
ゲスト:芦屋市立精道小学校 教諭 乾芳さん
ゲスト:芦屋市立精道小学校 教諭 岡本理香さん
ゲスト:芦屋市立精道小学校 教諭 高見里奈さん

今夜7時〜8時まで、「震災を伝えるために必要なこと」をテーマに、特別番組を放送します。
6434人が犠牲となり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災が発生してから17日で23年を迎えます。被災地では、震災後に転入してきた住民や震災を知らない世代が増えました。
そんな中、震災で児童8人と保護者6人が亡くなった芦屋市立精道小学校では、震災を知らない子どもたちが、語り継ぎを続けています。全校児童がそれぞれ学年ごとに震災について学び、毎年12月に行われる「語り継ぐ会」で発表します。1月17日には、6年生の進行で追悼式が行われます。小学校では、子どもたちだけではなく、若い先生も震災の記憶が無い世代になってきました。教える側も震災を知らない世代が増えていく中、子どもたちがどのように震災を学び、伝えていっているのでしょうか。異なる世代の3人の先生をゲストに、精道小学校から生中継で野村朋未キャスターがお伝えします。
スタジオには、兵庫県立大学大学院・減災復興政策研究科の室崎益輝教授をお迎えし、震災を伝えるために必要なことを考えます。
 
野村朋未のひとこと
精道小学校の取り組みは、みんなが震災の事や被害にあった人たちのことを知ることや学ぶことに真剣であるため、こうして長く深く続けられているのだと思います。そうした想いがしっかりと根付いているなと感じました。震災についてだけでなく「人の命の尊さ」を同時に学び、今を一生懸命に生きることにも繋がる、素晴らしいものでした。こうした取り組みや想いが、神戸だけでなく関西に全国にどんどん広がって行くことを願います。

第1101回「シリーズ阪神・淡路大震災23年【2】
              〜世代を越えて伝え続ける追悼行事」
ゲスト:「1.17KOBEに灯りをinながた」実行委員長 和田幹司さん

発生からまもなく23年を迎える阪神・淡路大震災の被災地では、震災後に転入してきた住民や震災を知らない世代が増え、語り継ぎが課題となっています。追悼式などの関連行事の数も、震災20年を境に減少傾向です。
そんな中、JR新長田駅前で毎年1月17日に行われる追悼行事「1.17KOBEに灯りをinながた」は、さまざまな世代の人たちの協力で作り上げられています。12月にボランティアの地域住民が小中学校などを訪れ、追悼で使用するろうそく作りを指導すると同時に、震災後に生まれた子どもたちに震災当時のお話や追悼の意味を伝える授業を行います。指導するボランティアは60〜70代が中心ですが、今年からは、スタッフも世代交代を目指して、一部の授業を20代の若手スタッフが担いました。行事当日も、近隣の大学生や中学生ら若い世代が運営を手伝います。
地域の恒例行事として定着し、世代を越えて引き継がれるこの追悼行事について、実行委員長の和田幹司さんをゲストに迎えてお話を聞きます。
 
千葉猛のひとこと
日ごろからの地域のつながりが、震災を伝え続けていくことの要だなあと、和田さんのお話を聞いて改めて感じました。「1.17KOBEに灯りをin長田」よかったらぜひ、足を運んでみてください。JR新長田駅南側の新長田駅前広場です。17時46分に黙とう、その後21時まで、ろうそくは点灯されています。
 
特別番組のお知らせ
 
●1月14日(日)よる8時〜9時
「AMラジオ災害問題協議会〜いのちのラジオ」
出演:千葉猛、矢守克也さん(京都大学防災研究所教授)
近畿の7つのAMラジオ局が制作した防災企画を一気に放送します。
http://www.am-saigai.com/
 
●1月15日(月)よる7時〜8時
「ネットワーク1・17スペシャル〜伝えるために必要なこと」
出演:千葉猛、野村朋未、室崎益輝さん(兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科教授)
「語り継ぐ教育」を続ける芦屋市立精道小学校と、
大阪のMBSラジオスタジオを結んで放送します。
リスナーのみなさんからのメールを募集します。
テーマは「伝えるために必要なこと」。
* 阪神・淡路大震災を経験していない人に伝えるための工夫
* 「震災についてこんなことを知りたい」「こんなふうに伝えてほしい」という思い
メールの宛先  117@mbs1179.com
1月15日(月)正午締め切り


第1100回「シリーズ阪神・淡路大震災23年【1】〜消防士が企画した防災絵本」
ゲスト:神戸市垂水消防署 消防司令 谷敏行さん

今月17日で、阪神淡路大震災から23年を迎えます。
今週は、震災の被害や教訓を踏まえて描かれた防災絵本「地震がおきたら」を取り上げます。実際に神戸市消防局に勤務する消防士が、今の子どもたちに読んでほしいと企画・作成した絵本です。絵本作家のかなざわまゆこさんが絵を、児童文学作家の畑中弘子さんが文章を担当しています。

内容は、小学生の子どもに、母親が「お母さんも地震があった時に、壊れた家に閉じ込められた」と、地震の記憶を話す場面から始まります。いつもはすぐ来てくれる消防士が消火活動に忙しく、助けてくれたのは近所のおばあちゃんだったと、「近所の助け合いの力」を伝えていきます。巻末には、地震への備えや対策など「家族を守る防災知識」が掲載されています。

絵本を作成した神戸市垂水消防署の谷敏行さん自身も、中学2年生の時に、神戸市北区で被災。消防士となり、子どもたちに防災情報が正しく伝わっていないことを危惧して、絵本を出版しようと考えたそうです。地震が起きれば「災害弱者」となる子どもは、親元を離れた1人の時に地震にあえば、同時に「情報弱者」にもなります。子どもの防災について、谷敏行消防士をスタジオにお招きして考えます。
 
野村朋未のひとこと
”子どもたちに伝えたい”という熱意から出来たこの絵本は、避難所にいる人の服装や配られているおにぎりがひとつひとつラップに包まれているなど、絵の細部にもリアリティや大事なことが込められていました。私も絵本の朗読会などで読ませていただいて、子どもたちに伝えていきたいです。

第1099回「年末年始に考える台所防災術」
ゲスト:料理研究家 坂本廣子さん

家族や親戚が集まって宴会などの機会が増える年末年始。台所に立った時、防災についてもちょっと意識してみましょう。
災害後、食料や物資などが被災地に入ってくるまで3日はかかると言われています。自宅がなんとか無事で避難所に入らずに過ごす場合は、さらに長い日数、自力で食べるものを準備しなければならないかも知れません。神戸市の料理研究家・坂本廣子さんは、阪神・淡路大震災で被災しましたが、避難所は人で溢れて入ることができなかったといいます。自宅にあったカセットコンロや食材を使って、日常に近いご飯を作り、食い繫ぎました。この経験を生かして、坂本さんは、日常の延長線上にある「がんばらない台所防災術」を提唱しています。
お節やお餅など、元来、保存食として作られている正月料理にも、防災のヒントがあります。坂本廣子さんをゲストに迎えて、この時期によく使う食材を例にとって、災害時に役立つ台所防災術を聞きます。
 
千葉猛のひとこと
災害の時に「停電で冷蔵庫が動かない」とあわてないで、中の食材を素早く加工して美味しく食べる知恵「がんばらない台所防災術」勉強になります。美味しいものは、どんな時でも元気をくれますものね。今年も一年間、お聴きいただきましてありがとうございました。皆様、どうぞよいお年をお迎えください。