MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
番組トップページに戻る
11月19日放送分
2017.11.19【日】

秋を通り越して、すっかり冬になりましたね。
お風邪などひかれていませんか?
今月の京都ビビビッ!は、寒くてもお出かけしたくなる京都情報をたっぷりお届けしました。

「一人でも京都のコーナー!」では『一人でも、山科散策!』
今年で43回目の山科義士まつりの「すごい」ポイントや大石内蔵助が住んでいた岩屋寺、山科のグルメ情報などをお届けしました。

そして「シンゴの極みリポート」は「知っているようで知らない!20周年京都駅ビル徹底解剖」。
駅舎についてや、現在開催中の「京都駅ビル クリスマスイルミネーション2017」のこと、マニアックな場所や、京都に行ったら絶対買いたいお土産のお話などをお届けしました。
スタジオで、鳥居さんが食べた和菓子たちはこちら!
自分のオリジナルで組み合わせられるのがうれしいですよね。

「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、『あのご利益を、京都でビビビッ!』
関西からは遠方にある有名な神社仏閣のご利益を、なんと京都でいただけるという4か所ご紹介しました。
詳しくは福本アナウンサーの取材日記でご覧下さい♪
写真付で楽しんでいただけますよ。

「福本晋悟の京都ビビビッ!」次回の放送は2018年!!
1月21日 日曜日の午後8時からです!
新しい年にお耳にかかりましょう♪

8月28日放送分
2017.08.28【月】

まだまだ残暑の厳しい8月終わり。
今回もとっておきの京都情報をお届けしました♪

「一人でも京都のコーナー!」では『一人でも、西陣散策!』をお届けしました。
応仁の乱発生から550年ということで、応仁の乱に縁のある地を福本ANが散策。
西陣と東陣の境目、西陣織会館、12月の大根焚きで有名な千本釈迦堂をご紹介しました。

そして「シンゴの極みリポート」では実は京都は激戦区!!という「パン」についてドドドッとご紹介。
ホームページ「パンヲカタル」を通じて、関西の美味しいパン屋さんの情報を発信しているパンブロガーの浅香正和さんにご協力いただき、京都の注目のパンを鳥居さんがおいしくいただきました。
ご紹介したのは・・・
①志津屋 京都市内を中心に23店舗あります。HPでご確認ください。
②進々堂 京都市内を中心に12店舗あります。HPでご確認ください。
③ル・プチメック 御池&今出川&OMAKE(オマケ)
○ル・プチメック 御池
 住所:京都市中京区御池衣棚通上ル下妙覚寺町186番地 ビスカリア光樹1F
 最寄り:市営地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩3分
 電話:075-212-7735
 営業時間:9:00〜19:00 定休日:年末年始 
○ル・プチメック OMAKE
 住所:京都市中京区池須町418-1 キョーワビル1F
 最寄り:市営地下鉄「四条駅」から徒歩5分、阪急「烏丸駅」から徒歩5分
 電話:075- 255- 1187
 営業時間:9:00〜19:00 定休日:不定休
○ル・プチメック 今出川
 住所:京都市上京区今出川通大宮西入ル元北小路町159番地
 最寄り:市営地下鉄「今出川駅」からおよそ1,000 m
     市バス「今出川大宮」から徒歩2分
 電話:075-432-1444
 営業時間:8:00〜18:00 定休日:月曜〜木曜(祝日は営業)
④fiveran(ファイブラン)
 住所:京都市中京区室町通三条上る役行者町377
 最寄り:市営地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩4分。
 電話:075-212-5696
 営業時間:9:00〜19:00 定休日:毎週火曜日、第1・第3週水曜日
⑤雨の日も風の日も
 住所:京都府京都市北区柴野東野町6
 最寄り:市バス「建勲神社前」(たけいさおじんじゃ)下車、
     西に向かって徒歩2〜3分、
     市営地下鉄「北大路駅」からおよそ1,500m
 電話:075-432-7352
 営業時間:8:00〜19:00 定休日:火曜日
⑥まるき製パン所
 住所:京都市下京区松原堀川西入ル
 最寄り:市バス「大宮松原」か「堀川松原」より徒歩3分、
     阪急「大宮駅」からおよそ500m
 電話:075-821-9683
 営業時間:平日 6:30〜20:00、日・祝 7:00〜14:00 定休日:不定休
京都にお出かけになる際の参考にしてくださいね♪

「シンゴのビビビ!ときたぞ!」は、草間彌生の美術展にビビビッ!ときました!
6月から始まった「フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever」。
今回は81点が展示されています。
出迎えてくれるのは草間さんといえば・・・の大きな黄色いかぼちゃ!
かわいい画がたくさん展示されていますよ。
大阪・北浜にあるカフェ「ノースショア」プロデュースのミュージアムカフェもあります。
『フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever』
 場所:祇園甲部歌舞練場内の八坂倶楽部
 開館時間:朝10時〜夕方6時
 観覧料:1200円


「福本晋悟の京都ビビビッ!」次回の放送は11月19日 日曜日の午後8時からの予定です!
ではまた「旬の京都情報」でお耳にかかりましょう♪

8月28日放送分
2017.08.28【月】

「一人でも京都」では、今年が応仁の乱発生から550年ということで、西陣散策をしました。
 
西陣といえば、高級絹織物の西陣織発祥の地です。もともと、平安京ができる前の5世紀頃から織物作りが行われていました。
 
では、なぜ西陣を散策するのかですが、応仁の乱で、山名宗全らが堀川より西に陣を構えました。応仁の乱後に、堺や山口など各地に避難していた職人が京都に戻り、今の西陣エリアで織物づくりを再開しました。応仁の乱で西軍の陣地だった場所で再開したので、西陣織と呼ばれるようになったのです。
ということで、西陣を感じられる名所を巡ってみましょう♪
 
最初に紹介する場所は、「西陣があれば東陣があるの?」ということで、その境目です。
堀川今出川から少し北の「堀川寺ノ内」へ。東に60~70mメートルで小川通りがあります。かつて小川(こかわ)という川があり、ここと堀川あたりが西陣と境目です。小川にかかっていた橋の石が残されていて、つまり、ここから西が西陣で、東つまり烏丸側が東陣だったんです。
この場所、祇園白川のような風景だなぁと思っていたら、ここは表千家と裏千家が並んでいる上品なエリアでした。
 
なお、東に行くと、東軍の細川勝元の邸宅があったエリアです。目立つものは、小川児童公園に東陣についての説明の看板があるだけ。「東陣」という地名は定着しなかったんですね。
 
次は、西陣に来たからには、西陣織について学びましょう。西陣織会館です。
1915年にオープンし、1976年に堀川今出川の場所に移転しました。
今から10年ほど前から外国人が増え、来館者の8割が外国人だそうです。
見所は、10分間のきものショーです。振袖などを着た7人のモデルさんが、順に登場します。杉本彩さんは10代の頃に出演されていたそうです。年末年始以外の毎日、1日6回行われます。1956年からされているので約14万回行われていることになります。写真撮影してよいのが嬉しいですね。
 
手機(てばた)の実演の見学もできます。10センチ織るのに1時間かかるそうです。
他には、西陣織が買えるお土産コーナーやレストラン、資料室、舞妓さんや十二単などのきもの体験、手織り体験などができます。
 
館長の大槻ゆづるさんは、「観光地の着物レンタルなどで着物を着る人は増えましたが、自分で着られるようになってもらえると、着物文化も西陣織も続いていけます。かつて、親子三代で代々着物を大切にした時のように、着物ファンを増やしていきたい。なので西陣織会館に日本人の方に来て欲しい。そして着て欲しい。」と、おっしゃっていました。
西陣織会館は、朝9時〜夕方6時。入館無料です。
 
最後は、応仁の乱を感じられる場所へ。12月の大根焚きで有名な千本釈迦堂です。
鎌倉時代に創建された千本釈迦堂は、本堂も鎌倉時代のもので国宝です。応仁の乱では、西軍から手厚い保護を受けたため焼けることはありませんでしたが、本堂の柱には刀槍の傷跡があります。
上七軒のバス停が最寄りで、拝観料は600円です。 
 
「応仁の乱」と「西陣」と「西陣織」と、一石三鳥の観光に出かけてみてはいかがでしょうか。
 
 
「シンゴのビビビッ!ときたぞ」では、久しぶりに美術展を紹介しました。
「フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever」です。
場所は、祇園甲部歌舞練場の八坂倶楽部です。
 
草間彌生さんといえば、真っ赤な口紅に、真っ赤なかつら、水玉模様の服を好む御年88歳です。幼い頃から、周囲に水玉や網目模様が見える幻視や、スミレやカボチャが話しかけてくる幻聴に悩まされ、その恐怖から逃れるために、水玉など見えた物を絵に描き始めました。
 
作品は、ドットがかわいいと、特に女性に人気です。
6月に始まった「フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever」では、81点を展示しています。
 
みどころ1)写真を取れる作品がある
建物の前には、高さ4m30cm、奥行き5mの黄色に黒ドットのカボチャがお出迎え。
建物に入って最初に見る作品「黄樹(おうじゅ)」は、樹木らしき黄色と黒色の長いものが絡み合っていて、うねうねとした蛇のようにも見えます。
 
みどころ2)ファンにとっても珍しい作品が並んでいる
草間さんが20代の頃、つまり1950年代の初期作品から最近の作品まで展示されています。
抽象的なイメージの作品が多い草間作品ですが、今回、蝶々、魚、かたつむり、帽子など具体的なモチーフの作品も並んでいます。
「ハイヒール」という作品には、黄色いハイヒールが1足あり、その周りに三角形のような網目状の青紫のラメがキラキラしています。
 
みどころ3)ミュージアムカフェで草間作品をいただこう!
大阪・北浜にあるノースショアというカフェが、ミュージアムカフェをプロデュース。
草間さんの作品にちなんだものがあります。
①水玉あんみつ(700円)
白色を白玉で、赤色をレッドカラントで表現。レッドカラントは、そのまま食べるととても酸味が強く、すっぱい!白玉の下には、パイナップル、メロン、ラズベリー、あんこがあるので、一緒に食べると、それぞれが際立った味を楽しめます。
 
②水玉ロールケーキ(800円)
赤い水玉のイチゴと、黒の水玉のバナナの2種類。
白いお皿に、イチゴではイチゴジャム、バナナだとチョコで水玉を描かれています。
ロールケーキにも水玉が描かれています。
 
会場では、畳の上で座って見ることができます。ゆっくり寛いで「これどう見える〜」と話しながら観賞すると楽しいですよ。
 
開館時間は、朝10時〜夕方6時まで。観覧料は、1200円。来年2月までの延長決定です。
 
 
シンゴが選ぶ京都の曲
1 平安の都 京都 / Chicago Poodle
8月にリリースされたアルバム「袖振り合うも多生の縁」から1曲。
歌詞で京都の美しさを、曲で「激しさ」を表現しています。
 
2 コーヒーブルース / 高田渡
三条堺町のイノダコーヒに行くという歌です。
「三条にいかなくちゃ♪」というフレーズが耳になじみやすく、一度で覚えられます。

6月12日放送分
2017.06.12【月】

「スペシャルウィーク」にお届けした「福本晋悟の京都ビビビッ!」。
初夏を迎える京都の「今」を今月もお送りいたしました♪

「一人でも京都のコーナー!」では『一人でも、意外な四条河原町!』
神前結婚発祥の地といえる「京都大神宮」、鳥居やおみくじに特徴がある「錦天満宮」、
今年3月にオープンした「ジェラートのお店 SUGITORA(スギトラ)」についてお話しました。

そして「シンゴの極みリポート」では「シンゴお薦めの京都土産 パート2」をお届け。
今まで「京都ビビビッ!」でお世話になった方にお薦めの京都土産を教えていただきました。
まずは、おととし9月に紹介しました、京都のコアな情報を紹介しているフリーマガジン
「ハンケイ500m」の編集長・円城新子さん。
円城さんオススメは「ゆば長の『つまみゆば』」。
http://www.yubacho.co.jp/
2人目は訪日外国人観光客にお茶やお花など、
文化体験プログラムを行っている山本貴美子さん。
おととし11月の放送で、スタジオニ着物で来て頂いて、いけばなのレクチャーを英語でやってもらいました。
山本さんのお薦めは京都蒸溜所の「季の美 京都ドライジン」でした。
https://kyotodistillery.jp/startingoperation/
そして、偶然にも円城さん、山本さん、お二人がオススメしてくれたのが・・・
648471(むしやしない)の「むしや花こふれ」、「濃抹茶の豆乳テリーヌ」、「黒蜜きなこの豆乳テリーヌ」
http://www.648471.com/
味はもちろん、見た目も楽しい京都のお土産に、鳥居さんも大満足でした!!
 
「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、「祇園祭の‟休み山”にビビビッ!」をご紹介。
かつて巡行していたものの、今、山鉾巡行に参加できない山鉾を「休み鉾」「休み山」と言います。
現在休み山は、「布袋山」と、鷹の山と書いて、「鷹山」の2つ。
今回は「鷹山」の現在の活動などについてお話しました。
 
「福本晋悟の京都ビビビッ!」次回の放送は8月28日 月曜日の午後7時からです!
また再来月お耳にかかりましょう♪

6月12日放送分
2017.06.12【月】

スペシャルウィーク期間中の「京都ビビビッ!」いつも以上にスペシャルにビビビッ!とくる内容にするために、取材に向かいました。
 
まずは、お便りをくださったラジオネーム「孫が4人のばあば」さんの娘さんが京都の西院でされているオリーブオイルとバルサミコ酢のお店「トレ・リプレッシィ」に訪れました。
オリーブオイルは、毎日少しずつ摂るのがよく、悪玉コレステロールを抑えて、血管を若々しく保つことができます。お店では、自分に合うオリーブオイルを見つけるために、味見できます。
パンやサラダ以外でも、魚やてんぷら、から揚げのサラダ油代わりに使うと、味がまろやかなになり、胃もたれしないのです。
「トレ・リプレッシィ」京都本店は、阪急西院駅から東へ徒歩3分。 イタリアの国旗が目立ちますのですぐ分かると思います。枚方にもお店がありますよ。
 
 
「一人でも京都」では、「意外な四条河原町」をテーマにしました。
最初に訪れた四条寺町にある京都大神宮は、明治維新を迎えお伊勢参りができない人々の為に創建された神社です。また、神前結婚発祥地なんです。
最近の注目は、萌え系巫女さんのイラスト!神社に興味を持って欲しいと、宮司が2年前に考案され、萌え系巫女さんのイラストが入った御守や絵馬、ハンカチなどを作られました。当初は、男性の参拝者が増えましたが、ご朱印帳を用意したところ女性も増えたそうです。
 
続いては、新京極四条の北にある錦天満宮です。
①鳥居がおもしろい
明治時代の区画整理により、錦通にある鳥居の笠木が左右のビルの2階に突き刺さっています。右はヴィジュアル系バンドのお店、左はアニメショップです。お店に入ると、どちらも壁から鳥居が突き出していました。
②ロボットおみくじがおもしろい
お金を入れると、獅子舞が口でおみくじを運んでくれるロボットおみくじ。かつて機械の設計の仕事をされていた宮司の大和さんが、設計されました。
 
今年3月にオープンしたジェラートのお店SUGITORA(スギトラ)もおすすめです。
人気ナンバー1は「ほうじ茶」です。バニラかと思うくらい白く、嫌な苦みが出ないようにほうじ茶の香りと味をやさしく牛乳に抽出されています。
この時期の人気は「桃とミント」。暑い日にぴったりな爽やかさです。
SUGITORAは、毎週火曜日がお休みです。
シングルは400 円、ダブルは500 円です。
 
 
「シンゴのビビビッ!ときたぞ」では、祇園祭の休み山「鷹山」を紹介しました。
鷹山は、応仁の乱の前に、「鷹つかい山」として山鉾巡行に参加という記録があります。
応仁の乱で被害を受け、江戸時代には宝永の大火で壊滅的な被害、天明の大火で焼けてしまいました。そして、1826年の巡行での大雨で懸装品が被害を受け、休み山になりました。
200年後に当たる2026年を目標に復活を目指して活動されています。
 
休み山では、御神体や懸装品を町内で展示したり、粽や授与品の販売を行う居祭(いまつり)が行われます。鷹山のご神体の人形は3体あり、人間の等身大のサイズで江戸時代のものです。
①左手に鷹がとまっている鷹遣(たかつかい)②白黒の犬を連れている犬遣(いぬつかい)③樽負(たるおい)粽をほおばる男 です。
鷹山は、ご神体を山に乗せていたと考えられるので舞台が広く、縦3.2m、横、2.3mくらいあったといわれ、大きく黒漆塗りの屋根があるなど、大変立派だったそうです。
 
鷹山は3年前の2014年にお囃子が復活しました。現在46人で鉦、笛、太鼓をされています。これまでは譲ってもらった鉦を使っていましたが、今年、鷹山の鉦が完成します。
 
復興の応援は、寄付や授与品を買うことでできます。
後祭の宵山(7月21日(金)〜23日(日))に、居祭やお囃子の演奏が行われます。
粽、御守、手ぬぐい、扇子などがあり、人気は、鷹みくじと犬みくじです。今年はさらに、手ぬぐいの色が4種類になり、トートバッグやテディベアも登場します。
 
大人の祇園祭の楽しみ方は、山鉾を見て、お囃子の音を楽しむことだと思います。
また、それができるのは、祭を続けようとする人の努力と復活させようとする人の努力があってこそだと感じました。
今年の祇園祭は、鷹山を含め色々な鉾町をめぐってみるのはいかがですか?
 
 
 
シンゴが選ぶ京都の曲
1.  河原町駅 / ドラマチックアラスカ
神戸のバンドが歌う「河原町駅」です。京都一の繁華街・河原町には、さまざまな思い出があるのではないでしょうか。私は、新京極通や寺町通を歩くと楽しかったことや悲しかったことなど昔を思い出してしまいます。歌詞に出てくる「9番出口」は、駅から新京極通に出る所です。
  
2. 加茂の流れに / かぐや姫
京都の曲といえばこの曲を忘れてはいけません。大学生だった南こうせつさんが、旅行で京都を訪れたことをきっかけに生まれた曲だそうです。歌詞もギターの音色も美しい名曲です。四条大橋や三条大橋を渡る時につい口ずさんでしまいます。

4月24日放送分
2017.04.24【月】

もう間もなくゴールデンウィークですね。
ご予定はもうお決まりですか??
今月から偶数月の放送になった「福本晋悟の京都ビビビッ!」ではそんなゴールデンウィークにお役立ちの情報をお届けしました!
 
「一人でも京都のコーナー!」では『一人でも、新しいバス路線を楽しもう!!』
今年3月に新たに55系統というバスが、毎日1日3往復で誕生したのはご存知ですか?
貴船口から大原までおよそ30分の路線なんですが、その55系統のバスに、今回福本ANが乗車!
ゆったりとした時間が流れる京都の旅をご案内しました。
 
そしてゲストコーナーには、京ことばを次世代に残そうと活動する「京ことばの会」代表の中島さよ子さんにお越しいただきました。
「京ことば」は、御所で使われていた言葉と、室町や西陣、花街など町衆の言葉が長い年月の中で混ざり合った言葉なんだそうです。
中島さんには「京ことばの会」の活動についてや、実際に京言葉を使っての朗読などもしていただきました。
鳥居さんも「京ことば」に挑戦!
お聴き逃した方はラジコのタイムフリーやyoutubeで聴いていただくこともできますよ!
 
「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、この時期ならでは「茶摘み」についてご紹介しました。
「♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る〜」
立春から88日目というのが八十八夜。今年は5月2日なんだそうです。
今回は木津川市にある福寿園CHA(シーエイチエー)遊学(ゆうがく)パークで茶摘体験。
おいしいお茶の淹れ方や、お茶葉を使ったお料理などをお話ました。
 
「福本晋悟の京都ビビビッ!」次回の放送は6月12日 月曜日の午後7時からです!
また再来月お耳にかかりましょう♪

福本晋悟の取材日記 4月24日放送分
2017.04.24【月】

「一人でも京都」では、3月にできた路線「京都バス55系統」に乗り、貴船口から大原へ行きました。
実は、これまで貴船口から大原に行くバスは1年に1本だけでした。
新たにできた55系統は毎日1日3往復で誕生!貴船口〜大原まで約30分です。
 
出町柳駅から、叡山電車で貴船口駅まで行くと目の前に『貴船口駅前』のバス停がありますが、ここではなく、歩いて1分の『貴船口』のバス停が正解です。ご注意を!!
 
今回、これまで1年にバスが1本しか来ていなかった江文(えぶみ)エリアにお邪魔しました。バスに乗ること20分弱、『江文神社前』で降りると、歩いて5分くらいのところに江文神社があります。
江文神社はこの地域の氏神様で、金毘羅山の頂上で朝日の一番早く照るところにお祀りされていた神様を、平安時代後期に住民達が神社を創建して御鎮座を願ったと伝わっています。風、水、火、豊饒と生産の神々が祀られているそうです。
例祭は5月4日で、お御輿や神楽の舞が見られます。
 
江文神社前のバス停に戻り、府道40号を東に。幹線道路であるためトラックやダンプが通るので気をつけてください。
歩くこと15分ほどで「里の駅 大原」へ。大原や近くでとれた旬のお野菜だけが売られているお店で、菜の花、ほうれん草、たけのこ、お米や、お餅など、どれも美味しそうでした。
地元のお母さんたちが働くレストランで日替わりランチをいただきました。野菜たくさんのおばんざいランチは、ほうれん草のおひたし、ひじき、漬物、お味噌汁、お米などなど。
外で菜の花畑や大原の景色を眺めながらお弁当を食べている方もいらっしゃいました。
ここまで来たら『野村別れ』というバス停まですぐです。『大原』まで停留所3つです。
 
これまでバスがほぼ運行していなかったエリアのため、やはり歩きましたが、菜の花畑を眺めながら歩くのが気持ちよかったです。
貴船口と大原を結ぶ観光にとても便利な55系統ですから、これから利用する方は増えるでしょう。京都を観光や案内するときは、京都バス55系統をぜひ覚えておいてください。
途中下車の旅も、貴船・大原W観光もおすすめです。
 
 
「シンゴのビビビッ!っときたぞ!」では、八十八夜が近いということで茶摘み体験をしてきました。私は、小学生の頃以来の茶摘みです。
 
訪れたのは、木津川市にある福寿園CHA(シーエイチエー)遊学(ゆうがく)パーク。
近鉄京都線・山田川駅から歩いて7分のところで、関西文化学術研究都市のエリアにあります。
 
茶摘みは、お茶の木の新芽を摘みとります。新芽と葉っぱ2枚、だいたい5センチくらいです。摘み取るところはきれいな黄緑色をしていますので一目で分かります。
それより下の葉っぱは濃い緑色をしています。 
摘み方は、摘み取るところを人差し指と親指で挟んで折り曲げて、ちょっと上に動かすだけです。新茶はやわらかくて摘みやすいそうです。
摘んでいる時もお茶のいい香りがしました。
茶葉は、持ち帰ることができます。電子レンジとホットプレートでできる製茶法も教えていただけるので、自分が摘んだお茶を飲んでみてください。
 
また、今年から茶葉の天ぷらを実演されています。衣をつけるなら20秒くらい揚げたら完成です。初めて食べましたが、やわらかい! 噛めば噛むほどお茶の苦みが出てきます。
 
茶摘み体験をしてみて、当たり前のように飲んできたお茶をもっとおいしく飲もうと思いました。
アクセスも良いので、気軽に体験してみてはいかがでしょうか。
体験の開催日や申し込みについてはお電話でどうぞ。
 
 
 
シンゴが選ぶ京都の曲
1.  京都タワーにのぼって / フラリーパッド
フラリーパッドは、京都市出身の男性2人組で、ギターとウクレレのインストゥルメンタル曲をされていますが、去年初めて歌詞入りの曲をリリースされました。京都タワー公式PRソングです。1度聞いただけで覚えられる楽しい曲です。
 
2. Reflections in A Palace Lake (京都慕情) / THE VENTURES
渚ゆう子の名曲「京都慕情」は、ザ・ベンチャーズの曲のカバーです。
インストゥルメンタルで、「京都の恋」に続く京都シリーズ第2弾として発表されました。
エレキギターの音でも京都の雰囲気を感じるのは、日本人だからでしょうか。

3月5日放送分
2017.03.05【日】

だんだんと暖かくなりお出かけするにも気持ちよい日が増えましたね。
そんな季節にぴったりのお出かけ情報満載の「京都ビビビッ!」。
今回は・・・
 
「一人でも京都のコーナー!」では
『一人でも、二条城南を散策!』
せっかく二条城へ行ったなら、その周りも観光してみてはいかがでしょうか。
今回は、二条城の南エリアのスポットを3つご紹介しました。
まずは二条城駅から歩いて2分。二条城の南の通り・押小路通を渡ったところ、真南の神泉苑。
そして3分ほど南に歩いたところ、京都三条会商店街。
大正3年から続いている商店街で、およそ180のお店があります。
その中から「10分間のモンブラン」が有名なカフェ「café KEIZO」さんとペーパーアイテムのお店「京都かみんぐ」さんをご紹介。
かわいいポチ袋がたくさんありますよ。
 
「シンゴの極みレポート」では福本ANシンゴお薦めの京都土産をご紹介。
今回は「豆政」さんのクリーム五色豆、「下鴨茶寮」さんのちりめんナッツ、「甘春堂」さんの白寿焼の3つでした。
京都に行ったときのお土産として、ぜひ参考にしてくださいね。
 
そして、「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、京都の梅についてご紹介。
北野天満宮、小野小町ゆかりの随心院、しだれ梅で有名な大豊神社、伏見区・京都南インター近くの城南宮の4ヶ所の梅についてお話しました。
 
そして、シンゴが選んだ京都の曲は2曲を聴いていただきました。
「北山杉 / ばんばひろふみ」
1974年に「うめまつり」がリリースした名曲をばんばさんがカバー。
2012年のアルバム「メイドイン京都」の1曲目に収録されています。
当時の時代背景や青春時代を振り返っているような歌い方が素敵です。
 
「京都 マイ・ラブ / 爆風スランプ」
1991年のシングル「おおBEIJING」のカップリング曲。
ふるさと京都で青春を過ごした青年が、京都を去る直前に思い出の恋を振り返ります。
作詞はサンプラザ中野(サンプラザ中野君)さんですが、この曲で初めてバーベQ 和佐田さんがボーカルを担当しました。
中野さんはどんな状況で作詞されたのでしょうね。
 
次回放送は4月24日の午後7時からです。
ではまたお耳にかかりましょう♪

福本晋悟の取材日記 3月5日放送分
2017.03.05【日】

前回・1月の「一人でも京都」では、今年が大政奉還150年ということで、大政奉還発表の地・二条城を散策しました。今回は、二条城の周辺も知っていただきたいということで「南エリア」のスポットを3つ紹介しました。
 
まずは、地下鉄・二条城駅から歩いて2分。池のある庭が特徴のお寺、神泉苑(しんせんえん)です。この場所は平安京ができる前から水が湧いていて、平安京ができる時に天皇の庭になりました。
弘法大師・空海の雨乞いが成功したり、祇園祭の起源である御霊会(ごりょうえ)が行われたり、義経と静御前が出会った場所だという記録があります。
 
元々は、東西約250メートル、南北約500メートルという広大な敷地でしたが、今では1/16しかありません。それは、徳川家康が二条城を作るときに、神泉苑の水で城の内堀と外堀を満たすことになり、敷地が二条城や城下町になったからです。
 
現在では、パワースポットとしても人気があります。法成橋(ほうじょうばし)という赤色で池にかかる約14メートルの橋を、守護札を胸に抱いて願い事を1つ念じながら渡ると願いが叶うと、20~30年前から言われるようになったそうです。
 
 
さて続いては、神泉苑から3分ほど南に歩いたところにある京都三条会商店街です。大正3年から続いていて、約180のお店がある京都最大のアーケードです。東は堀川通、西は千本通までおよそ800メートルもあります!
 
堀川通に近い場所にあるカフェ「café KEIZO」は、平日は夜10時まで営業されていて、食事もアルコールもある便利なカフェです。
 
おすすめは、「10分モンブラン」。賞味期限が10分間とお店はおっしゃっていて、その意味は、モンブランの中のメレンゲが硬くなっていくため、10分経つと食感が変わるから。
ナイフを入れるとサクっと音が鳴り、1口目、2口目、3口目で味が変わっていきます。急いで食べたくなりましたね(笑)何口目でも美味しかったです!
 
 
もう1つお店をご紹介します。商店街の真ん中より少し千本通側にあるペーパーアイテムのお店「京都かみんぐ」です。「京都ではお賽銭をぽち袋にいれて納める方もいるので、普段使いのものを作りたい。普段使いのものだからこそ気持ちが伝わる」と考えられ、ぽち袋を作り、販売されるようになりました。
 
京都の絵柄や犬や猫の絵柄が特に人気で、チップをオシャレに渡せるので欧米の方に大好評だそうです。お札を折らなくてもいいタイプや横型プチ封筒、一般的なお年玉袋などなど様々なサイズのぽち袋が販売されています。どの柄もかわいいですね。
 
今度誰かにおつりを渡す時は、季節に合わせ桜柄のポチ袋に入れて手渡そうと思っています。どんな反応をしてくれるか楽しみです。
ペーパーアイテムのお店「京都かみんぐ」は夜7時までで、日曜・祝日はお休み。インターネットでも買うこともできます。
 
 
二条城南のエリアは、二条城ができた江戸時代に城下町として栄えましたので、今もお店が多く、にぎやかなエリアです。二条城を観光して「はい、次の名所へ」ではなく、せっかくですから周辺もお楽しみください。
 
【アクセス】
・神泉苑は、地下鉄・東西線「二条城前駅」すぐ。
・京都三条会商店街は、「堀川三条」か「千本三条・朱雀立命館前」のバス停。
 
 
「シンゴのビビビッ!っときたぞ」では、梅見スポットを4か所ご紹介しました。
 
1か所目は、ザ・定番、北野天満宮です。
ことのほか梅を愛した菅原道真ゆかりの北野天満宮。50種約1500本の梅の木があります。
梅苑は、取材をした2月下旬の段階で早咲きの品種が満開。全体では五分咲きでした。
和菓子の有名店・老松の梅こぶ茶とせんべいをいただける茶店があり、料金は入苑料に含まれます。梅を眺めながら梅苑でゆっくりと梅見ができます。
なお、梅は背が低く、通路まで梅の枝が伸びているところもあるのでぶつからない様にご注意ください。梅がデザインされた北野天満宮オリジナル一筆箋やクリアファイルなどはお土産におすすめです。
梅苑の入苑料は、大人700円。アクセスは、北野天満宮前のバス停からすぐ。嵐電・北野白梅町駅から歩いて5分です。
 
 
2か所目は、小野小町ゆかりの随心院です。
京都市山科区の小野にあり、小野小町が晩年小野に住んでいたと伝わり、亡くなって約100年の後に建てられたのが随心院です。
元々女性の拝観者が多いこともあり「小町生誕1200年」の記念事業として、おととしには女性専用の納骨堂「小町堂」が完成したことでも話題になりました。
随心院には、約230本の梅がある小野梅園があり、例年3月中旬が見ごろです。
梅園は3月31日まで。梅園入園料大人500円で、お寺の拝観料は大人500円です。
アクセスは、地下鉄東西線・小野駅から歩いて5分です。
 
 
3か所目は、しだれ梅で有名な大豊(おおとよ)神社です。
哲学の道の南の終点に近いところから少し東に入ったところにあります。
平安時代に宇多天皇の病気が治ることを願って創建された歴史ある神社です。
梅が有名な理由は、樹齢150年はあるしだれ梅です。しだれ梅は大きく育ちにくいですが、2階くらいの高さに育ちました。
さらに、本殿に向かって、右にしだれ梅、左にしだれ桜があります。例年3月15日くらいが梅の見ごろですが、梅の開花が遅れて、桜が早くなると、梅と桜が同時に楽しめます!しかしながら、10数年に1度くらいしか見られないそうです。
今年はどうでしょうか?梅と桜の競演を見てみたいですね。
アクセスは、東天王町のバス停から東に歩いて10分です。
 
 
4か所目は、曲水の宴が有名で、京都南インター近くにある城南宮です。
平安遷都の際に都の南の守護神として創建され、方除という方角にまつわる災いを祓い除ける神社です。
神苑などに約150本の梅。があり、3月22日まで、『しだれ梅と椿まつり』が開催されます。
この時期限定で、梅や桜のデザインの御守があります。美容健康御守と書いて、「うるわし・おまもり」と読みます。
さらに、巫女神楽は、季節に合わせて「梅」「藤」「菊」を巫女さんが手にして舞います。もちろんこの時期は「梅が枝神楽」です。平日は午前10時、土・日・祝日は午前10時と午後3時です。
また、“梅の花守り”特別授与では、一人ひとりを巫女さんが神楽鈴でお祓いされます。
神苑の入苑料は、大人600円です。
アクセスは、地下鉄や近鉄京都線の「竹田」駅下車、歩いて15分で、京都駅から、京都市バス、レックス(らくなんエクスプレス)バスで約20分です。
 
 
気候の変化で、梅のきれいな時期が分かりづらくなっています。寒さの底を抜けて、気分が春を待ち望んでいるこの時に楽しめるのが梅です。3月は春を感じに、梅見はいかがですか?

1月29日放送分
2017.01.29【日】

まさかの3回連続放送日が雨!という「京都ビビビッ!」
お家でゆっくりとお聴きいただけましたでしょうか??
今回の「京都ビビビッ!」は・・・
 
「一人でも京都のコーナー!」では「大政奉還150年 一人でも、二条城を散策!」
二条城の見どころをご紹介しました。
 
ゲストコーナーには、「京都調理師専門学校の和食・日本料理上級科の学科長・宗川裕志さん」にお越しいただき、京野菜についていろいろなお話を伺いました。
そして、宗川さんに京野菜を使ったお料理も作ってきていただきました!
お料理は
えびいもと棒鱈のたいたん
聖護院だいこんと揚げのたいたん
九条ねぎと烏賊のてっぱい
の、3品。
鳥居さん「日本酒が欲しい〜」とのことでした♪
 
そして、「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、京都の節分についてご紹介。
福本ANが取材した深泥池・貴舩神社、平安時代創建の須賀神社、法輪寺 通称だるま寺、京都府立医科大学の隣、廬山寺の4つのお寺の節分についてお話しました。
 
次回3月5日放送の「京都ビビビッ」でまたお耳にかかりましょう♪

【バックナンバーカレンダー】