MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
放送日
6月12日(月) よる7時~
同志社大学卒、京都大好きのMBSアナウンサー福本晋悟が「ビビビッ」ときた京都の情報を、自ら京都を歩いて情報を集め、
「ビビッド」にお伝えします!
ぜひお聞きください。
番組内容バックナンバーはコチラ
シンゴの京都歳時記!はコチラ

English Enjoy Kyoto by yourself

Here is the video with English subtitles.These subtitles are the translated transcript of the radio show broadcast previously. Please check this out!

↓音声を聴く↓

【4月24日放送分】
1.一人でも京都のコーナー 
 『一人でも、新しいバス路線を楽しもう!!』
2.ゲストコーナー 
 『「京ことばの会」代表 中島さよ子さん』
3.晋悟のビビビッきたぞ!
 『茶摘みにビビビッ!』

>>バックナンバーはコチラ

福本晋悟(MBSアナウンサー)プロフィール

名前:福本 晋悟(ふくもと・しんご)
生年月日:1985年9月4日
入社年:2011年
出身都道府県:滋賀県
出身大学:同志社大学
趣味:カフェめぐり

福本アナウンサーブログはコチラ

4月24日放送分

もう間もなくゴールデンウィークですね。
ご予定はもうお決まりですか??
今月から偶数月の放送になった「福本晋悟の京都ビビビッ!」ではそんなゴールデンウィークにお役立ちの情報をお届けしました!
 
「一人でも京都のコーナー!」では『一人でも、新しいバス路線を楽しもう!!』
今年3月に新たに55系統というバスが、毎日1日3往復で誕生したのはご存知ですか?
貴船口から大原までおよそ30分の路線なんですが、その55系統のバスに、今回福本ANが乗車!
ゆったりとした時間が流れる京都の旅をご案内しました。
 
そしてゲストコーナーには、京ことばを次世代に残そうと活動する「京ことばの会」代表の中島さよ子さんにお越しいただきました。
「京ことば」は、御所で使われていた言葉と、室町や西陣、花街など町衆の言葉が長い年月の中で混ざり合った言葉なんだそうです。
中島さんには「京ことばの会」の活動についてや、実際に京言葉を使っての朗読などもしていただきました。
鳥居さんも「京ことば」に挑戦!
お聴き逃した方はラジコのタイムフリーやyoutubeで聴いていただくこともできますよ!
 
「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、この時期ならでは「茶摘み」についてご紹介しました。
「♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る〜」
立春から88日目というのが八十八夜。今年は5月2日なんだそうです。
今回は木津川市にある福寿園CHA(シーエイチエー)遊学(ゆうがく)パークで茶摘体験。
おいしいお茶の淹れ方や、お茶葉を使ったお料理などをお話ました。
 
「福本晋悟の京都ビビビッ!」次回の放送は6月12日 月曜日の午後7時からです!
また再来月お耳にかかりましょう♪

福本晋悟の取材日記 4月24日放送分

「一人でも京都」では、3月にできた路線「京都バス55系統」に乗り、貴船口から大原へ行きました。
実は、これまで貴船口から大原に行くバスは1年に1本だけでした。
新たにできた55系統は毎日1日3往復で誕生!貴船口〜大原まで約30分です。
 
出町柳駅から、叡山電車で貴船口駅まで行くと目の前に『貴船口駅前』のバス停がありますが、ここではなく、歩いて1分の『貴船口』のバス停が正解です。ご注意を!!
 
今回、これまで1年にバスが1本しか来ていなかった江文(えぶみ)エリアにお邪魔しました。バスに乗ること20分弱、『江文神社前』で降りると、歩いて5分くらいのところに江文神社があります。
江文神社はこの地域の氏神様で、金毘羅山の頂上で朝日の一番早く照るところにお祀りされていた神様を、平安時代後期に住民達が神社を創建して御鎮座を願ったと伝わっています。風、水、火、豊饒と生産の神々が祀られているそうです。
例祭は5月4日で、お御輿や神楽の舞が見られます。
 
江文神社前のバス停に戻り、府道40号を東に。幹線道路であるためトラックやダンプが通るので気をつけてください。
歩くこと15分ほどで「里の駅 大原」へ。大原や近くでとれた旬のお野菜だけが売られているお店で、菜の花、ほうれん草、たけのこ、お米や、お餅など、どれも美味しそうでした。
地元のお母さんたちが働くレストランで日替わりランチをいただきました。野菜たくさんのおばんざいランチは、ほうれん草のおひたし、ひじき、漬物、お味噌汁、お米などなど。
外で菜の花畑や大原の景色を眺めながらお弁当を食べている方もいらっしゃいました。
ここまで来たら『野村別れ』というバス停まですぐです。『大原』まで停留所3つです。
 
これまでバスがほぼ運行していなかったエリアのため、やはり歩きましたが、菜の花畑を眺めながら歩くのが気持ちよかったです。
貴船口と大原を結ぶ観光にとても便利な55系統ですから、これから利用する方は増えるでしょう。京都を観光や案内するときは、京都バス55系統をぜひ覚えておいてください。
途中下車の旅も、貴船・大原W観光もおすすめです。
 
 
「シンゴのビビビッ!っときたぞ!」では、八十八夜が近いということで茶摘み体験をしてきました。私は、小学生の頃以来の茶摘みです。
 
訪れたのは、木津川市にある福寿園CHA(シーエイチエー)遊学(ゆうがく)パーク。
近鉄京都線・山田川駅から歩いて7分のところで、関西文化学術研究都市のエリアにあります。
 
茶摘みは、お茶の木の新芽を摘みとります。新芽と葉っぱ2枚、だいたい5センチくらいです。摘み取るところはきれいな黄緑色をしていますので一目で分かります。
それより下の葉っぱは濃い緑色をしています。 
摘み方は、摘み取るところを人差し指と親指で挟んで折り曲げて、ちょっと上に動かすだけです。新茶はやわらかくて摘みやすいそうです。
摘んでいる時もお茶のいい香りがしました。
茶葉は、持ち帰ることができます。電子レンジとホットプレートでできる製茶法も教えていただけるので、自分が摘んだお茶を飲んでみてください。
 
また、今年から茶葉の天ぷらを実演されています。衣をつけるなら20秒くらい揚げたら完成です。初めて食べましたが、やわらかい! 噛めば噛むほどお茶の苦みが出てきます。
 
茶摘み体験をしてみて、当たり前のように飲んできたお茶をもっとおいしく飲もうと思いました。
アクセスも良いので、気軽に体験してみてはいかがでしょうか。
体験の開催日や申し込みについてはお電話でどうぞ。
 
 
 
シンゴが選ぶ京都の曲
1.  京都タワーにのぼって / フラリーパッド
フラリーパッドは、京都市出身の男性2人組で、ギターとウクレレのインストゥルメンタル曲をされていますが、去年初めて歌詞入りの曲をリリースされました。京都タワー公式PRソングです。1度聞いただけで覚えられる楽しい曲です。
 
2. Reflections in A Palace Lake (京都慕情) / THE VENTURES
渚ゆう子の名曲「京都慕情」は、ザ・ベンチャーズの曲のカバーです。
インストゥルメンタルで、「京都の恋」に続く京都シリーズ第2弾として発表されました。
エレキギターの音でも京都の雰囲気を感じるのは、日本人だからでしょうか。