MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
放送日
1月21日(日) よる8時~ (予定)
同志社大学卒、京都大好きのMBSアナウンサー福本晋悟が「ビビビッ」ときた京都の情報を、自ら京都を歩いて情報を集め、
「ビビッド」にお伝えします!
ぜひお聞きください。
番組内容バックナンバーはコチラ
シンゴの京都歳時記!はコチラ

English Enjoy Kyoto by yourself

Here is the video with English subtitles.These subtitles are the translated transcript of the radio show broadcast previously. Please check this out!

↓音声を聴く↓

【11月19日放送分】
1.一人でも京都のコーナー 
 『一人でも、山科散策!』
2. 晋悟の極みリポート
 『知っているようで知らない!20周年京都駅ビル徹底解剖』
3.晋悟のビビビッきたぞ!
 『あのご利益を、京都でビビビッ!』

>>バックナンバーはコチラ

福本晋悟(MBSアナウンサー)プロフィール

名前:福本 晋悟(ふくもと・しんご)
生年月日:1985年9月4日
入社年:2011年
出身都道府県:滋賀県
出身大学:同志社大学
趣味:カフェめぐり

福本アナウンサーブログはコチラ

11月19日放送分

秋を通り越して、すっかり冬になりましたね。
お風邪などひかれていませんか?
今月の京都ビビビッ!は、寒くてもお出かけしたくなる京都情報をたっぷりお届けしました。

「一人でも京都のコーナー!」では『一人でも、山科散策!』
今年で43回目の山科義士まつりの「すごい」ポイントや大石内蔵助が住んでいた岩屋寺、山科のグルメ情報などをお届けしました。

そして「シンゴの極みリポート」は「知っているようで知らない!20周年京都駅ビル徹底解剖」。
駅舎についてや、現在開催中の「京都駅ビル クリスマスイルミネーション2017」のこと、マニアックな場所や、京都に行ったら絶対買いたいお土産のお話などをお届けしました。
スタジオで、鳥居さんが食べた和菓子たちはこちら!
自分のオリジナルで組み合わせられるのがうれしいですよね。

「シンゴのビビビ!ときたぞ!」では、『あのご利益を、京都でビビビッ!』
関西からは遠方にある有名な神社仏閣のご利益を、なんと京都でいただけるという4か所ご紹介しました。
詳しくは福本アナウンサーの取材日記でご覧下さい♪
写真付で楽しんでいただけますよ。

「福本晋悟の京都ビビビッ!」次回の放送は2018年!!
1月21日 日曜日の午後8時からです!
新しい年にお耳にかかりましょう♪

11月19日放送分

一人でも京都のコーナーでは、12月14日の山科義士まつりにちなんで、山科散策をしました。
当日は、赤穂義士四十七士、婦人列、幼稚園児によるこども義士隊が、朝10時に紅葉で有名な毘沙門堂を出発し、午後3時に大石内蔵助を祀るため創建された大石神社に到着しまう。途中には、東映太秦映画村の協力で、討ち入りや切腹のなどの芝居もあります。
 
赤穂城を明け渡した後に大石内蔵助が住んでいた岩屋寺は、ご本尊の隣に赤穂浪士・四十七士の位牌が並べられています。木でできた黒い位牌がずらりと4段。位牌は、内蔵助が討ち入り前に用意していたそうです。また、大石内蔵助が使っていた机や鍵付き貴重品箱などの遺品が展示されています。岩屋寺の隣は大石神社です。
【アクセス】
山科駅からは京阪バス・29系統で20分。「大石神社」のバス停が最寄り。
最寄り駅の地下鉄・椥辻駅からバスで10分弱。
 
椥辻駅近くのカフェのランチは、Smile Kitchen Jiku(スマイルキッチン・ジク)はいかがでしょうか?
薬膳と一般的な野菜と一緒に食べるバランスのよい月替わりランチ「薬膳Jikuごはん」(1380円)。
ランチは11時〜3時で、注文を受けてから調理されるので、来店直前でもよいのでご予約とのことです。
コーヒーやケーキもあります。
営業時間は11時〜6時で、月曜日がお休み。地下鉄・椥辻駅・1番出口から歩いて2分です。
 
お土産は、椥辻駅近くの和菓子屋さん芳治軒(ほうじけん)の大石饅頭がおすすめです。
忠臣蔵の家紋が入っているこしあんがたっぷりのお饅頭です。1個130円(税別)
 
山科散策には、義士まつりの時に行くのもよし、反対に、大石内蔵助の思いに近づくには、ひとりで訪れるのに適しているなと感じました。
 
 

「シンゴのビビビッ!ときたぞ」では、『あのご利益を、京都でビビビッ!』ということで、関西からは遠方にある有名な神社仏閣のご利益を、京都でいただけるスポットをご紹介しました。
 
①日向(ひむかい)大神宮
日向大神宮には、内宮(ないく)・外宮(げく)があります。
内宮に、伊勢神宮の内宮と同じ天照大御神をお祀りしているということで、伊勢神宮に行けない人が代わりにお参りするようになり、『京のお伊勢さん』と呼ばれています。
伊勢神宮の内宮と外宮は車で15分、徒歩1時間以上ですが、こちらでは徒歩30秒。
しかし、日向大神宮の外宮は、豊受大御神をお祀りしていませんので、厳密に言うと、伊勢神宮の内宮をお参りしたことになります。
また、紅葉の穴場としても人気があります。大鳥居左右の紅葉がきれいです。
【アクセス】地下鉄・蹴上駅から歩いて15分。
 
②得浄明院(とくじょうみょういん)
善光寺の京都別院です。明治時代初期には、今で言うJR中央線がまだ無く、長野の善光寺にお参りに行くのは大変ということで、明治天皇のおばさまが善光寺で住職をされていて、隠居で京都へ来られ、「関西で善光寺如来さまのご縁を結んで欲しい」という思いで、住んでいた場所に建立されました。
非公開寺院で、1月12日の放生会やお彼岸の時などに一般公開されます。
【アクセス】地下鉄・東山駅から歩いて5分、知恩院のそばです。

③吉田神社の大元宮
末社の大元宮のお堂は、八角形が特徴の室町時代建立の建物で、織田信長が、安土城の天主の参考にしたともいわれています。
ご祭神は、天神地祇八百萬神ですが、お堂の周囲に延喜式神名帳に書かれている全国の神社3132全てが祀られています。江戸時代以降庶民の信仰を集め、お参りすると、全国の神社に参ったのと同じ効果があるとされました。
普段は中門の外からの参拝ですが、毎月1日、正月3日間、節分祭は門の中からお参りができます。
【アクセス】市バス・京大正門前から歩いて5分。

④京都でできる一日お遍路 御室八十八ヶ所霊場
仁和寺の裏の成就山は、標高236m。約3kmの山道に、八十八のお堂(札所)があり、それぞれご本尊・弘法大師をお祀りしています。
江戸時代当時は四国八十八ヶ所への巡拝が困難であり、四国八十八ヶ所霊場のお砂を持ち帰り、仁和寺の裏山に埋めその上にお堂を建てたのが始まりです。

およそ2時間の行程で全て巡ることができ、結願(けちがん)成就すれば、
四国八十八ヶ所霊場巡礼と、同じご利益を得ることができるとのことということで、行ってきました!!

阿波の国の第1番札所からスタートし、最初は平地です。30mくらいで次の札所です。お堂は、縦・横5m四方くらいです。
23番あたりから上り坂があり、思っていたよりきつい!やはり山道です。
50番〜51番は京都市内が一望できるところで、京都タワーや天気がよければ伏見城も見えます。本当に景色がよいところで感動しました!
巡礼される際は、お賽銭をお忘れなく。

遠方の神社仏閣のご利益を京都でという考えは、やはり京都が都だったからですね。
お参りしてみて、現地に行ってみたくなりました。


【シンゴが選ぶ京都の曲】
1 なのにあなたは京都へゆくの / チェリッシュ
聞くと悲しくなる京都のご当地ソングの定番です。
「京都の町はそれほどいいの」です。。。
 
2 特別な日 / くるり
ジェイアール京都伊勢丹創業20周年記念ソングです。
子どもの頃から、デパートに行くのはハレの日で、特別感がありますね。