MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2017年7月22日 放送分】
【2017年7月15日 放送分】
【2017年7月8日 放送分】
【2017年7月1日 放送分】
【2017年6月24日 放送分】
【2017年6月17日 放送分】
【2017年6月10日 放送分】
【2017年6月3日 放送分】
【2017年5月27日 放送分】
【2017年5月20日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2017年7月8日 放送分】
2017年7月8日
【巻】…15・3597

【歌】…わたつみの沖つ白波立ち来らし 海人(あま)をとめども島隠(がく)る見ゆ

【訳】…わたつみの沖つ白波が立って来たらしい。海人おとめ達が島に隠れてゆくのが見える

【解】…天平8年(736年)に新羅の国に遣わされた遣新羅使人が詠んだ歌が巻の15に多く残っていて、この歌はそのひとつです。西へと向かう船上で詠まれたもので、「沖つ白波」は、沖の波が白く泡立って飛沫があがっている様子。つまり、沖の方で風が強くなっていることを表しています。海人は、波の具合を見ながら漁をしますから、白波が立っているので漁を中止し、島陰に隠れて行ったのでしょう。途上の遣新羅使人が、こういう風景を歌に詠んだのは、それだけ心に余裕があったということで、この時点では、旅は比較的順調にいっていたものと思われます。