MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2017年9月16日 放送分】
【2017年9月9日 放送分】
【2017年9月2日 放送分】
【2017年8月26日 放送分】
【2017年8月19日 放送分】
【2017年8月12日 放送分】
【2017年8月5日 放送分】
【2017年7月29日 放送分】
【2017年7月22日 放送分】
【2017年7月15日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2017年8月26日 放送分】
2017年8月26日
【巻】…4・548

【歌】…今夜(こよひ)の早く明けなば 術(すべ)を無み 秋の百夜(ももよ)を願ひつるかも

【訳】…今宵が早く明けてしまったならばどうしようもない だからだから秋の夜長が百夜も続くように願ってしまう

【解】…笠金村の歌です。
秋の百夜(ももよ)とは、百夜月、100日間の夜という意味。
古代の人は仕事でその土地に行き、現地で乙女に会いたい(恋いしたい)という憧れの気持ちが強かったようです。
この歌には、笠金村が、聖武天皇と一緒に天皇の離宮(別荘)に行った際に、
その土地で出会った乙女と一夜を過ごしたときの想いが込められています。
古代の人は、歌に日常でないこと・実現しない願望などを表しているのです。
秋の夜長が100日間続けば良いのにという万葉集の誇張表現のおもしろさが感じられる歌です。