MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2017年12月2日 放送分】
【2017年11月25日 放送分】
【2017年11月18日 放送分】
【2017年11月11日 放送分】
【2017年11月4日 放送分】
【2017年10月28日 放送分】
【2017年10月21日 放送分】
【2017年10月14日 放送分】
【2017年10月7日 放送分】
【2017年9月30日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2017年12月2日 放送分】
2017年12月2日
【巻】…10・2205

【歌】…秋萩の 下葉(したば)もみちぬ あらたまの
    月の経ゆけば 風疾(いた)みかも

【訳】…秋萩の下葉が色付いた
    月が経っていったので、風が強いからかなあ

【解】…これは木簡の歌です。
歌が書かれた木簡が捨てられて、のちに発掘されたもので、仏教のお祭りの後の打ち上げなどで歌われたと推測されます。
萩の花は、秋の始まりには花を楽しみ、終わりには紅葉が楽しめる植物。
もみちぬとは、もみつに完了形の動詞がついたものです。
あらたまのは、月にかかる枕詞で、季節のうつろいを推定できます。
経ゆけばは、月が巡って時間がたったのでという意味で疾しとは、早い・強い・激しいという意味です。 
萩という低木で目立たない紅葉に想いをはせ、月日が経ったことを驚いたり嘆いたりしている歌です。