“ミスタータイガース”と“ミスターパーフェクト”が阪神競馬場で舌戦!掛布雅之と槙原寛己が伝統の一戦を語りあうJRA阪神競馬場 presents 亀山つとむのスポーツマンデー!公開収録
“ミスタータイガース”と“ミスターパーフェクト”が阪神競馬場で舌戦!掛布雅之と槙原寛己が伝統の一戦を語りあうJRA阪神競馬場 presents 亀山つとむのスポーツマンデー!公開収録
日時
2018年12月22日(土) 11:40~(1時間程度)

出演者
亀山つとむ・市川いずみ

ゲスト
掛布雅之(阪神タイガース SEA)・槙原寛己(元読売巨人軍・投手)

場所
イベント広場特設ステージ

放送枠
12月30日(日)13:00~16:30
「スポーツ年末特番(仮)」の中で放送
※観覧は無料ですが阪神競馬場の入場料(¥200)が必要です。

掛布雅之
掛布雅之
1955年5月9日生まれ63歳

習志野高を経て1973年ドラフト6位で阪神タイガースに入団。
本塁打王3回、打点王1回、ベストナイン7回に輝くなど“ミスタータイガースとして”大活躍。
1985年には4番打者としてチームを歴代唯一の日本一に導く。
1988年、33歳の若さで引退。
2013年、打撃コーディネーターとして阪神タイガースに復帰。
2015年にはファーム監督として多くの若手選手を育てあげた。
2017年からはオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)としてチーム強化に全力を注ぐ。
槙原寛己
槙原寛己
1963年8月11日生まれ55歳

大府高を経て1981年ドラフト1位で読売ジャイアンツ入団。
斎藤雅樹、桑田真澄とともに先発3本柱として90年代のジャイアンツの屋台骨として活躍。
1994年5月18日には史上15人目の完全試合を達成。
(その後完全試合の達成はなく、20世紀最後で平成唯一人の達成投手となっている。)
1998年シーズン途中からリリーフに転向。
2001年に現役を引退。現役通算(19年)159勝128敗56セーブ。
現在は、野球解説者として活躍中。
亀山つとむのスポーツマンデー!