2022.09.04

Kitchen Bar OWL 今井直美さんの 「大盛りランチ 秘密のテクニック」@大阪市中央区

大阪メトロ『淀屋橋』駅を出て徒歩6分。
お昼時、多くのビジネスマンがスタミナチャージに訪れる洋食屋があります。

ここが「Kitchen Bar OWL」。
可愛いフクロウの看板が特徴的です。
木目調で造られた内装にも暖かみを感じます。

今回は、店主の今井直美さんに
看板メニューである"OWLライスハンバーグ"=【オムライスハンバーグ】に関する 3つの秘密のテクニックをお聞きしました!


【Kitchen Bar OWL オムライスハンバーグ】の秘密のテクニック その① 「ハンバーグは、牛7:豚3の割合の合い挽きミンチと、玉ねぎを1対1で合わせて、一人前300g使う!」

「OWLライスハンバーグ」のハンバーグは、なんと1人前300g! 大盛りメニューならではのグラム数です。
ハンバーグに使うミンチは、牛7:豚3。より肉の旨味が出る割合になっているそう。

この合い挽きミンチを、同じ量の玉ねぎと合わせていきます。




塩コショウで味を調え、ナツメグやシナモンなどのスパイス・
パン粉・溶き卵・ケチャップを加えます。
柔らかい食感に仕上げるため、溶き卵は一人前につき6個分。
また赤ワインを適量入れることによって、肉の臭みを消しつつ旨味を出すことが出来ます。





手のひらより大きい俵形に成形して、フライパンの上に乗せます。 最初の面を焼くときは、ガス火の強火でしっかりと焼くのがポイント。 あまりにも大きいため、そうしないと形が崩れてしまうそう。

手先だけではなく、膝を上下させながら体全体を使ってひっくり返します。 あとは中にきちんと火が通るよう、弱火で仕上げていきます。


【Kitchen Bar OWL オムライスハンバーグ】の秘密のテクニック その② 「オムライスは、バターライスにハムを加えてケチャップを合わせ、 お皿に盛ってから薄焼き玉子をのせる!」

続いてはオムライスのテクニック。
まずは、ガス炊飯器で炊いたバターライスに細かく切ったハムを入れて、 コショウで味を調え、ケチャップを混ぜていきます。

出来たケチャップライスを皿に盛り、上に乗せる薄焼き卵を作っていきます。 一人前に使うのは卵1個半ほど。

表面がトロトロの状態の薄焼き卵を、巻かずにご飯の上へ乗せます。 オフィス街にある店ということもあり、なるべく早く提供するため この巻かないスタイルになったそう。


【Kitchen Bar OWL オムライスハンバーグ】の秘密のテクニック その③ 「オムライスにハンバーグを乗せたあと、 たっぷりのデミグラスソースをかける!」



最後は味の決め手、ソースに関するテクニック。
オムライスとハンバーグ、両方に合うデミグラスソースの登場です。 少し甘めで、たっぷり口に含んでも食べやすいよう意識しているそう。 今井さんも「たっぷりかけた方が好き」とのことで、
デミグラスソースをおたま2杯分、豪快にかければ・・・完成です!!


オムライスの上にどん!と乗ったハンバーグ!!!
満面の笑みを浮かべていますが、想像以上の重量感です。


では、湯気が上っているうちに・・・いただきます!!!


ハンバーグは柔らかくふわふわでありつつも、肉肉しさも残った食感。
お肉の旨味がきちんと味わえます。
バターが効いたオムライスは、卵のとろっとした食感がたまりません!
また、デミグラスソースはたっぷりかけられているのにも関わらず、
目立ちすぎる事なく、2つの主役をまとめてくれています。
この大盛りランチを本当に支えているのは、このデミグラスソースなのかも知れません。
罪悪感をも吹き飛ばす禁断の美味しさ、あなたもぜひ一度体感してみては?


★Kitchen Bar OWL(キッチンバー アウル)
場所:大阪市中央区平野町3-2-3
電話:06-6204-4114
営業:11:45~14:00 / 18:00~23:00
定休日:土曜・日曜・祝日
店主:今井直美さん