放送内容の書き起こし
はコチラ>>

  • ⬇過去の放送は
    ポッドキャストでお聴きいただけます。
  • Apple Podcastsで聴く
  • Google Podcastsで聴く
第1248回「危険な場所に住まないで」
電話:京都大学防災研究所 教授 釜井俊孝さん

全国各地で土砂災害が頻発しています。一昨年の西日本豪雨で最大の被害を出した広島県では、死者108人のうち87人が土砂災害の犠牲者でした。「土砂災害警戒区域」など、危険が予測できた地区で、多くの人が亡くなりました。
 宮城県仙台市のニュータウンに建つ千葉猛キャスターの実家は、2011年の東日本大震災で全壊判定を受けました。一帯は造成地で、全壊した家は、ちょうど盛り土と切土の境目に建っていたことが、被災後にわかりました。造成された不安定な地盤の上に建つこのような住宅は、全国に多数あります。
 日本では、災害のリスクがある場所に、大勢の人が住んでいます。災害大国であるにもかかわらず、日本の都市は、津波や水害、土砂災害などの危険をかえりみることなく、拡大してきました。人々は経済合理性に従って、山を切り開き、谷を埋め立てて平坦な土地をつくり、その上に家を建ててきたのです。
 危険な場所に住まないことは、防災を考えるうえで、いちばん大切なことです。みなさんは、自分の家が建つ土地の災害リスクを考えたことがありますか。地質学が専門で、危険な宅地開発に警鐘を鳴らし続ける、京都大学防災研究所の釜井俊孝教授に話を聞きます。

(番組内容は予告なく変更する場合があります)