「平成30年日本民間放送連盟賞」の
近畿地区審査で、
「ネットワーク1・17スペシャル
~伝えるために必要なこと」
(2018年1月15日放送)が、
報道番組部門の「最優秀」を
受賞しました。

第1221回「コロナウイルス対策と防災」
電話:アウトドア防災ガイド あんどうりすさん

新型コロナウイルスの感染が拡大しています。人が密集する場所を避けたいところですが、今、災害が起きて避難しなければならない状況になることも十分に考えられます。
アウトドア防災ガイドのあんどうりすさんは、「感染症の心配で避難所に行けない可能性もあるため、自宅にとどまれるよう災害対策をしておくことが今まで以上に重要」と話します。地震が起きても自宅で過ごせるように、耐震化や家具の転倒防止対策を見直すことが必要です。また、食材は、日持ちする乾物類などを中心に普段食べるものを備蓄しておいて、食べたら買い足す「ローリングストック」という備蓄方法で自宅避難に備えます。急な買い占めが問題となっていますが、今は物流や供給は止まっていませんので慌てて買い出しに行かずに、自宅にある食材を再確認したり原材料から作ってみることで、意外と食べられるものが多いことにも気づくと言います。キャンプ用のコンパクトで強力なバーナーや固形燃料、軽量の断熱マットなど、アウトドア用品も災害時の自宅避難に活用できます。
あんどうさんに電話をつなぎ、感染症拡大であらためて見直したい自宅の防災について話を聞きます。
 
あんどうりすさん考案の手洗いの歌
https://www.youtube.com/watch?v=FUmcUcJw2Ts

(番組内容は予告無く変更する場合があります)