• ⬇過去の放送は
    ポッドキャストとYouTubeで
    お聴きいただけます。
  • Apple Podcastsで聴く
  • Google Podcastsで聴く

放送内容の書き起こし
はコチラ>>

第1335回「災害時の車中泊~その備えとリスク~」
取材報告:早川紗世ディレクター

最大震度7を観測した2016年の熊本地震では、余震を恐れて、多くの被災者が自宅の駐車場や周辺道路などに停めた車の中に避難しました。のちに熊本県が車中避難をした理由を聞いたアンケートでは、「車の中が一番安全だと思った」という回答が最も多く、次いで「プライバシーの問題」があがりました。幼い子どもやペットがいて、避難所へ行くことを躊躇したという人もいました。コロナ禍で災害が起こると、避難所での感染を恐れて、これまで以上に車中泊を選択する人が増えることも考えられます。
熊本地震では、エコノミークラス症候群を発症する被災者が相次ぎ、死者も出ましたが、車中泊が原因となっているケースが問題になりました。車中泊をしていて、近くにトイレがなかったり、仮設トイレや避難所のトイレが不衛生だったりすると、トイレに行きたくないため、水分を控えて脱水症状になってしまう傾向があります。その上、狭い車内で長時間同じ姿勢でいることがエコノミークラス症候群を引き起こすひとつの要因となります。
番組では、ディレクターが小学生の子どもと実際に車中泊した体験をリポート。災害時の車中泊に詳しい専門誌「カーネル」編集長の大橋保之さんのインタビューを交えて、災害時の車中泊の備えとリスクについて考えます。
 
(番組内容は予告なく変更する場合があります)