• ⬇過去の放送は
    ポッドキャストとYouTubeで
    お聴きいただけます。
  • Apple Podcastsで聴く
  • Google Podcastsで聴く

放送内容の書き起こし
はコチラ>>

第1347回「災害時の車避難の注意点」
オンライン:アウトドア防災ガイド あんどうりすさん

この夏は特に、日本列島の北のほうで豪雨が続いています。青森県では河川の氾濫などにより600棟超が浸水し、りんご農家の苦悩も伝えられています。そして、道路が川のようになり、車が浸水して立ち往生する場面もたくさんありました。山形県では、橋が崩落し、走行中の車が川に流されました。
豪雨災害時は、「濡れない」「荷物を積むことこができる」などの理由から、車での避難を選択する人も多くいます。しかし、大雨で河川が氾濫している状態で、車での避難は危険です。車は、一旦水没し、電気系統が使えなくなると、窓を開けての脱出が困難になります。ドア付近まで浸水すると、水圧でドアは開かなくなります。
これまでの台風・豪雨災害では、車での避難時に亡くなる「車中死」も問題になっています。
番組では、災害時、特に、豪雨の時に車で避難するときの注意点について、車での避難に詳しいアウトドア防災ガイドのあんどうりすさんにお話を聞きます。
今週は西村愛キャスターが新型コロナ感染のためお休みで、西村麻子アナウンサーが担当です。

(番組内容は予告なく変更する場合があります)