• ⬇過去の放送は
    ポッドキャストとYouTubeで
    お聴きいただけます。
  • Apple Podcastsで聴く
  • Google Podcastsで聴く

放送内容の書き起こし
はコチラ>>

第1428回「冬の地震 寒さへの備え」
ゲスト:国際災害レスキューナース 辻直美さん

元日に発生した能登半島地震では、電力などのライフラインが途絶える中、厳しい寒さが被災者を苦しめました。29年前の1月17日には、阪神・淡路大震災。東日本大震災は、3月11日に発生しました。昭和東南海地震(1944年)・南海地震(1946年)も12月の寒い時期に発生しています。
冬場に大きな地震が発生すると、揺れや津波から逃れられても、寒さが原因で命を落とすことがあります。国による日本海溝地震の被害想定では、
低体温症で死亡するリスクのある人が、最大およそ4万2000人いると試算されています。南海トラフ地震でも、冬に発生すれば低体温症になる可能性があります。
寒さには衣類やグッズで"備える"ことが出来ます。家にある新聞紙やレインコートなどを簡単に防寒具に変えることもできます。番組では、冬の災害時に命を守る"寒さへの備え"と、健康を維持するための避難所での過ごし方について、国際災害レスキューナースの辻直美さんに聞きます。
 
「ハッピーラッシュ♪♪♪vol.32 ~能登半島地震チャリティイベント~」
4/7 (日) @ 心斎橋 FootRock&BEERS
12:00start/15:00ごろ終演予定
チケット代の中から経費を除いた全額を能登半島地震の被災地で被災者支援の活動をしている団体に寄付します
【ご予約・お問合せ】FootRock&BEERS
06-6282-1120(17:00~22:00)

https://footrock.jp/schedule/20240407/
  
(番組内容は予告なく変更する場合があります)