• ⬇過去の放送は
    ポッドキャストでお聴きいただけます。
  • Apple Podcastsで聴く
  • Google Podcastsで聴く

放送内容の書き起こし
はコチラ>>

第1264回「阪神・淡路大震災26年【3】~神戸・東遊園地から生中継」
電話:神戸大学2年生だった息子を亡くした 加藤りつこさん

阪神・淡路大震災の発生からちょうど26年となる1月17日の放送は、西村愛キャスターの神戸・東遊園地からの生中継です。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令される中での「1・17のつどい」。来場できない人たちも思いを届けられるように、実行委員会がメッセージを募集したところ、約8000枚が集まりました。メッセージは紙灯篭に使われ、今年は「がんばろう・1・17」の文字のかたちに並べられます。
 番組では、会場に来ることができなかった遺族の声も伝えます。広島市に住む加藤りつこさんは、神戸大学の2年生だった息子の貴光さん(当時21歳)を震災で亡くしました。毎年1月17日の早朝は東遊園地で迎えていましたが、今年は断念し、広島で静かに手を合わせます。オンライン会議システム「Zoom」で東遊園地とつないで黙とうができるということで、「コロナの影響で、新しい追悼のかたちが始まった気がする」と話します。
 感染防止に気を使いながら、それぞれが迎える祈りの時間。紙灯篭に思いを書いた人たちのインタビューや、番組リスナーのメッセージも紹介しながら、コロナ禍の追悼行事を生放送で伝えます。
 
西村愛のひとこと
丸26年の1.17。被災した方が「2階で寝ていたから助かった」「ベッドの上にある掛け時計を外しておいてよかった」「窓が割れて辺り一面ガラスの破片だらけ。靴があればよかった」。大変でしたねで終わるのではなく、みなさんのお話を私たちの命を守るヒントとして大切に学んでいきたいと思います。