• ⬇過去の放送は
    ポッドキャストでお聴きいただけます。
  • Apple Podcastsで聴く
  • Google Podcastsで聴く

放送内容の書き起こし
はコチラ>>

第1276回「熊本地震5年~学生村があった南阿蘇村のいま」
取材報告:新川和賀子ディレクター

震度7を2回観測し、273人が死亡した(災害関連死を含む)熊本地震の発生から今月14日で5年を迎えます。
地震で崩落した阿蘇大橋は、約600メートル下流に新たに建設され、「新阿蘇大橋」として先月7日に開通しました。阿蘇大橋の崩落現場に近い南阿蘇村黒川地区に住む竹原伊都子さん(60)は、「新阿蘇大橋は復興のシンボル。交通の便もよくなったので、大勢の人に訪れてほしい」と話します。
黒川地区で地震発生前まで見られた賑わいは戻っていません。当時、地区には東海大学阿蘇キャンパスがあり、約800人の学生が周辺のアパートや下宿で生活していましたが、地震で校舎が損傷。キャンパスは熊本市内に移転して学生の姿は消えました。しかし、南阿蘇村で生活していた東海大学の学生らが地震後に立ち上げた団体「阿蘇の灯(あかり)」は、当時の学生がいなくなった今も、後輩が引き継いで住民との交流を続けています。黒川地区の竹原さんは、地震まで営んでいた下宿の部屋を学生たちの活動拠点として提供し、学生らが来る時を楽しみにしています。
また、東海大学旧阿蘇キャンパスは、「震災ミュージアム」として昨年8月にオープンし、竹原さんら地元住民も語り部ガイドとして活動をはじめました。来春、村内に開校予定のIT専門学校の学生の住居として地区のアパートが使用される予定もあり、"学生村"の復活に期待が寄せられています。
復興の転換期を迎えた南阿蘇村について、オンライン取材した番組ディレクターが報告します。
 
西村愛のひとこと
「おかえり~」「ただいま!」と言いあえる人がいるのは、心の支えになりますね。きっと学生さんにとって竹原さんの下宿『新栄荘』は、"第2のふるさと"なんだろうな。私も、竹原さんや『阿蘇の灯』の学生の皆さんに会いに行きたくなりました。新たな阿蘇の魅力を楽しみに、熊本に行く日を心待ちにしています。