第1177回「寺を避難所に」
ゲスト:大阪大学大学院教授 稲場 圭信さん

今週は、寺や神社など宗教施設の避難所活用について考えます。寺社は昔から高台など比較的安全な場所にあり、板張りの体育館などとちがって「広い畳敷き」で、高齢者や障害者が生活する際の負担も少なくなります。また、法事など大勢が集まることを想定しているため、座布団・急須も数多くあり、炊事場も設置されていて、避難所としての機能を兼ね備えています。
東日本大震災をきっかけに活用するケースが増え、2014年の調査では、303自治体が2401の宗教施設と協力体制を構築。関西でも、災害時に1200人を受け入れる協定を自治体と結び、毛布・寝袋・米・簡易トイレなどの備蓄を進めている寺もあります。
南海トラフ巨大地震の避難者数は最大950万人と予測され、「避難所不足」が深刻化する可能性が懸念されています。
公共施設の数には限りがあり、新たに認定できる施設は少ないのが現状です。コンビニエンスストアより多いといわれる寺院を、避難所としてどう活用すればいいのでしょうか。宗教施設の防災活用について研究を続ける大阪大学の稲場圭信教授に話を聞きます。
 
(内容は予告なく変更する場合があります)

第1176回「災害インバスケット」
ゲスト:インバスケット研究所 社長 鳥原隆志さん

「インバスケット」は、未決裁の書類が入った「未処理箱」の意味で、制限された時間内に、主人公の立場になりきり、客からのクレームや部下からの相談など職場で起こるさまざまな案件を処理していくビジネスシミュレーションゲームです。この教材の開発・提供をてがける会社「インバスケット研究所」(堺市)が、防災研究者の指導のもと、南海トラフ地震発生時のメーカー企業を舞台にした「災害インバスケット」をリリースしました。
大津波警報が出る中、「従業員が行方不明」「近くの工場の火災が延焼中」「家族を探しに家に戻りたいという従業員を帰してよいか」など、被災した工場の責任者や部下から次々と送られてくるメールを、30分間でどう処理していくか、管理職としての判断力と危機管理能力が問われます。
南海トラフ地震に備え、企業のBCP(事業継続計画)が今、大きな課題になっています。被害を最小限にとどめ、事業を継続または早期に復旧させることが重要です。「災害インバスケット」は何を目指すのか、災害時に必要とされる能力は何か、インバスケット研究所の鳥原隆志社長に聞きます。

インバスケット研究所
https://www.inbasket.co.jp/

西村愛のひとこと
災害時は予想もしないことが次々と起きてしまいます。誰もが慌ててしまう中で、冷静に決断するのはたいへん難しいことだと実感しました。鳥原さんは『災害はいつ起きるかわからない。日ごろから、情報網の整備が大切』と話します。企業や家庭、町内会、さまざまな立場で考え、日ごろから訓練していきたいですね。

☆★防災小説 募集★☆
番組では、みなさんからの「防災小説」を募集します
 
<防災小説を書く上での約束事>
*自分を主人公にする
*地震が発生したときに自分がどう行動するか、何を感じるか、周りはどんな状況になるかなどを約800字(原稿用紙2枚程度)にまとめる
*必ず希望を持った終わり方にする
 
<今回の防災小説の想定>
*2019年6月の火曜日 あさ8時40分に発生
*あなたのいる場所で震度6強を観測
あなたは、その時、どこにいてどんな行動をとるでしょうか
 
<応募先>
封書:〒530-8304 MBSラジオ「ネットワーク1・17」防災小説 係
Eメール: 117@mbs1179.com
 
<〆切>
2019年6月14日(金)必着
  

いくつかの作品を、番組の中でご紹介します
番組で選ばれた方には、キャスターが選んだ素敵なものをプレゼントします
たくさんのご応募お待ちしています


第1175回「災害を"自分ごと"に~防災小説の取り組み」
電話:慶応義塾大学 環境情報学部 准教授 大木聖子さん

大地震に備えて、全国各地でざまざまな形の防災教育が行われています。南海トラフ巨大地震で全国一の津波高34メートルが想定されている高知県土佐清水市。市立清水中学校では、2016年から生徒たちが「防災小説」づくりに取り組んでいます。
800字程度で書く防災小説の結末は、「希望を持って終えること」が条件です。自らを主人公に、地震や津波が起きたら周囲はどんな状況になり、どう行動すれば命を守れるのか。災害を他人事ではなく「自分ごと」として想像してもらうのが狙いです。防災小説を考案し、清水中学校で出前授業を行っている慶応義塾大学環境情報学部の大木聖子准教授は「小説を書くことで、自分の中で一度"被災"している。被災する前のありがたさや、よりよい町の状況がイメージでき、生徒たちが何に向かって生きていけばいいのかを考えられるようになった」と、生徒たちの変化を語ります。番組では、防災小説の作品を紹介し、大木聖子准教授に取り組みの意義を聞きます。
 
千葉猛のひとこと
防災を「自分のこと」として考えるために、自分を主人公とした800字の小説を書く。災害が起きた時に自分が置かれる状況が、文章にすることによって鮮やかに目に浮かんできます。「防災小説」ぜひ全国の中学校に広がってほしいと願います。そして中学生だけでなく大人も書くべきです。私も書きます。

第1174回「『稲むらの火』を伝える語り部ジュニア」
ゲスト:広川町語り部サークル 熊野 享さん
    語り部ジュニア 木村 至希さん、佐々木 玲美さん

5月5日は「子どもの日」ということで、和歌山県・広川町で「語り部ジュニア」として学んでいる小学6年生の女の子2人をスタジオに迎えます。広川町では、安政南海地震(1854年)の際、豪商の浜口梧陵が稲わらに火を付けて村人を高台に導き津波から救ったという「稲むらの火」の逸話が、今も語り継がれています。
町には語り部サークルがありますが、来年2020年が梧陵生誕200年にあたるということで、地元の子どもたちに梧陵の人生や防災の心構えを伝えたいと、小学5、6年生から成る「語り部ジュニア」を発足させました。休日や夏休みを利用して、津波防災に関する講義を受けたり、梧陵が築いた「広村堤防」を実際に訪れたり、昨年度は1年間で12回の学習会を重ねました。
将来、広川町を離れたとしても、地震や津波が起こった際には「高台へ逃げて」と周りに伝えられる人になってほしいという願いから生まれた「語り部ジュニア」。子どもたちは、防災への心構えとともに、町の歴史や郷土愛も学びます。小学生が語り継ぐ大切さはどこにあるのでしょうか。語り部ジュニアの子どもたちと、彼らを率いる"先生"でもある熊野享さんに話を聞きます。
 
西村愛のひとこと
小学6年生のお2人は目を輝かせ、こう言いました。「梧陵さんのお話の中で1番伝えたいのは『災害で大変な中でも周りの人を思いやり、これから先を考えて行動する事が大切だという事』です」。過去の災害から何を学んで今後に生かしていくか。素直な子どもたちだからこそ感じられる事があると実感しました。

第1173回「『はるかのひまわり』復刊」
ゲスト:菊地いつかさん

日本列島が数々の災害に見舞われた平成の時代。被災地訪問を続けてこられた天皇陛下が、今年1月、平成最後の「歌会始の儀」で詠まれたのは、御所の庭に咲くヒマワリの歌でした。このヒマワリは「はるかのひまわり」と呼ばれ、阪神・淡路大震災で亡くなった加藤はるかさん(当時11歳)の家の跡地に咲いたヒマワリの種が全国に広がったものです。
はるかさんの姉の菊地いつかさん(39)が妹の死とその後の家族の葛藤・再生を綴った本「はるかのひまわり」が、15年ぶりに復刊されました。会話のなくなった家族の中で、無理して明るく振る舞っていたものの、やがて心のバランスを崩し、学校にも行けなくなったいつかさん。自傷行為を繰り返し、母親に「はるかでなく、私が死ねばよかったんでしょ」と反発して家を出ますが、その後、さまざまな出会いに支えられ、震災を伝える活動に踏み出します。復刊された本には、そんな家族の苦しみといつかさん自身の心の軌跡が、赤裸々に描かれています。去年出産して母親となった菊地いつかさんに、この24年間の歩みと、「はるかのひまわり」への思いを聞きます。
 
千葉猛のひとこと
きょうのゲストの菊地いつかさんは、娘さんと一緒にスタジオに来てくださいました。生後8か月の赤ちゃんは番組史上、最年少のゲストになります。スタジオがとっても和やかになりました。かわいいお顔を見ていると「この子供たちのためにも、大人が減災対策に一生懸命動かないと」と改めて強く感じます。

第1172回「災害救助の専門知識を伝える警察官」
ゲスト:大阪府警 第一機動隊 警部補 北村仁さん

災害救助の知識や技術を後輩の警察官に伝える技能指導官が、大阪府警に誕生しました。第一機動隊の北村仁警部補(38)です。大阪府警には「指紋鑑識」「職務質問」など約50分野の技能指導官がいますが、災害の多発を受けて、災害救助の分野で初めて任命されました。
北村警部補は、2016年の熊本地震、2017年の九州北部豪雨、去年の西日本豪雨などの現場に出動し、救助活動の経験を積んできました。地震で家屋が倒壊した現場では、行方不明者の行動パターンや普段寝ている場所などを、家族や近所の人から聞き取り、できるだけ早く探し出せるよう努めます。体を傷つけないように救出することや、救助した後の避難誘導も大切です。また、救助者自身が余震による建物の倒壊でケガをするなど二次被害を受けないよう、細心の注意を払います。災害救助の現場のようすや必要とされる技能について、北村警部補に聞きます。
 
西村愛のひとこと
災害救助の専門知識を伝える警察官の方がいる事を初めて知りました。「救護が必要な方を救出するだけではなくて、その方が完全に社会復帰できるように考えて救出します」と北村警部補。ここで寝ているなどの情報が役立つというお話も。日頃の会話が大切ですね。救助のポイントも心に留めておきます!

第1171回「熊本地震3年~障害がある子どもたちが経験した災害」
取材報告:西村愛キャスター

関連死を含め273人が死亡した熊本地震は、今月14日で発生から丸3年を迎えます。
熊本地震では多くの障害児も被災しました。熊本市内に住む女性は、自閉症スペクトラムの長男と軽度の知的障害がある長女と共に近隣の公民館に向かいましたが、既に避難していた住民の一人から障害があることを理由に避難を拒否されました。行き場を無くしてしばらく車中泊で過ごしたといいます。
熊本で重症心身障害児を支援するNPO法人「NEXTEP」理事長で小児科医の島津智之さんは「被災直後は皆さん、要配慮者を気遣う余裕すらない。普段から障害児や親と地域住民が交流して多様性を理解することで、災害時にも寄り添えるのでは」と話します。
熊本地震で被災した障害児と家族がどのような状況だったのか、障害児の親2組を取材した西村愛キャスターが番組で報告します。
 
千葉猛のひとこと
「ちょっと僕、社会性のスイッチ、おろしてもいいかな」という自閉症スペクトラムの子の言葉が胸に刺さりました。大災害発生時にはサポートを必要とする障がい者本人が、一番苦しんでいるんです。支えるために社会は何をしなければならないのか。西村キャスターの渾身のリポート、考えさせられました。

第1170回「311メディアネット【2】~南海トラフ地震に備える」
電話:静岡市の弁護士 永野海さん

MBSラジオは、全国の地方メディア11社が防災関連の記事を共有する「311メディアネット」に、放送局で唯一参加しています。先週に引き続き、番組で、この「311メディアネット」に出稿された記事を紹介します。
まず取り上げるのは、静岡新聞が取材した、弁護士が先導する防災活動です。静岡県弁護士会では、災害時に必要な法知識や支援制度を一覧にした「被災地支援チェックリスト」を作成し、公開・配布しています。県弁護士会で災害対策委員を務める永野海弁護士が企画し、一昨年、完成させました。被災後の生活再建に必要な制度を平常時から市民に知ってもらうほか、弁護士自身が被災地支援活動で使いやすいようにと、ポケットサイズ版も作成しました。南海トラフ地震の被害が懸念される同県で、防災の講演活動も続ける永野弁護士と電話を繋いで話を聞きます。
番組後半では、高知新聞が取材した津波碑をデジタルアーカイブ化する活動の記事を紹介。千葉キャスターも大阪にある津波碑を取材して報告します。

被災者支援チェックリスト(永野海弁護士のホームページ)
http://naganokai.com/sien/

西村愛のひとこと
災害の記憶を語り継ぐこと。地震津波碑を地域の皆さんで守り伝えていたり、碑を3D化!!時代を越えて、いろんな方法がある事にびっくりしました。去年の災害でよく聞いていた話なのに、時が経てば忘れてしまう事も。被災者支援チェックリストを普段から見ておいて学ぶ事も大切ですね!

第1169回「311メディアネット【1】~東日本大震災を伝え継ぐ」
電話:3.11メモリアルネットワーク共同代表 藤間千尋さん

MBSラジオは、全国の地方メディア11社が防災関連の記事を共有する「311メディアネット」に、放送局で唯一参加しています。番組では2週にわたり、この「311メディネット」に出稿された記事を紹介します。
最初に取り上げるのは、河北新報社が取材した民間連携組織「3.11メモリアルネットワーク(宮城県石巻市)」です。東日本大震災の伝承活動の連携を進めることを目的に生まれた組織で、伝承の担い手となる人材の育成にも取り組んでいます。被災地では震災遺構や伝承施設などハード面での整備が進む一方で、担い手となる語り部や遺族の活動は、個々の努力頼みの状態です。公的な取り組みが弱い分、民間の連携を強めなければ、経験や教訓を伝えていくことはできません。
番組後半では、宮崎日日新聞社が取材した宮崎市の避難者グループ「うみがめのたまご」の活動から、東日本大震災の経験者が避難先で語る防災の心構えについても紹介します。

3.11メモリアルネットワーク(宮城県石巻市)
http://311mn.org/

うみがめのたまご(宮崎市)
http://umitama.info/
 
千葉猛のひとこと
東日本大震災の教訓の伝承への、被災地の若い人の参加がうれしいです。一人一人がつながれば必ず大きな力になりますよね。また宮崎の小冊子からは避難した方々の防災への思い、経験を伝えて命を守りたいという願いが伝わってきました。「うみがめのたまご」という避難者ネットワークの名前も印象的です。

第1168回「東日本大震災8年【5】~千葉キャスターが見た原発事故の被災地」
取材報告:千葉 猛アナウンサー

発生から8年が経った東京電力福島第一原発の事故では、現在も約2万5千人の住民に避難指示が出されています。一方、事故から全町避難がつづく福島県大熊町では、今春にも原発立地自治体として初めて避難指示の一部が解除される見通しです。対象地区の一つ、大川原地区では新しい町役場の庁舎や町営住宅が建設され、住民帰還の準備が進められています。今月10日、避難指示解除に向けていわき市で行われた大熊町の住民説明会には住民約50人が出席し、医療機関の充実や、モニタリングポストの増設などの要望が出ました。
 帰還へ期待を寄せる住民がいる一方で、今年一月に大熊町が行った住民アンケートでは、回答した住民の5割超が「戻らないと決めている」と答えました。既に避難指示が解除された自治体全体でも、住民の帰還率は約2割にとどまっています。
 避難指示解除を目前に控えた大熊町は今、どんな状況なのでしょうか。町に戻ると決めた住民、戻らないと決めた住民双方の声を取材した千葉キャスターが番組で報告します。
 
西村愛のひとこと
避難指示が出されている約2万5千人の方々。8年経ち、それぞれの暮らしがあり事情があり、想いは様々。でも、ふるさとを愛する気持ちは同じなんですよね。千葉アナウンサーのリポートからも、町の緊張感が伝わってきました。