今週の特集

2019年1月 7日(月) 外国人労働者受け入れを考える~ドイツの場合

外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「改正入管難民法」が、
今年4月から施行されます。
しかし、私たちが外国人とどう共生していくのか、
差別や排他的な思考に陥らないために何をすべきなのか、
全く議論はされていません。
今夜はドイツ現代政治と平和学がご専門の
大阪大学准教授・木戸衛一さんをゲストにお迎えし、
「移民大国」ドイツの現状を聞きます。
ドイツではトルコ人をはじめとする外国人労働者を受け入れ、
共生してきましたが、
最近では、移民排斥を訴える極右政党が、支持を伸ばしています。
メルケル首相は、シリアやイラクからの難民を受け入れたことで、
支持率が急落し、党首辞任に追い込まれました。
「移民大国」ドイツで、何が起こっているのでしょうか。
私たちはドイツの事例から、何を学べばいいのでしょうか。
木戸さんに質問のある方は、メールをお寄せください。
上田崇順アナウンサーの「10分で現代を解説」は、
「除染作業に従事させられた外国人技能実習生」です。


<放送後の一枚>


10月14日放送

『あいちトリエンナーレ 補助金不交付を考える』
元 文部科学省官僚 寺脇研さん

バックナンバー


▼ ご意見、ご感想はこちら