MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko.jp」
放送日
9月10日(月) よる7時~
同志社大学卒、京都大好きのMBSアナウンサー福本晋悟が「ビビビッ」ときた京都の情報を、自ら京都を歩いて情報を集め、
「ビビッド」にお伝えします!
ぜひお聞きください。
番組内容バックナンバーはコチラ
シンゴの京都歳時記!はコチラ

English Enjoy Kyoto by yourself

Here is the video with English subtitles.These subtitles are the translated transcript of the radio show broadcast previously. Please check this out!

↓音声を聴く↓

【7月2日放送分】
1.一人でも京都のコーナー 
 『一人でも、一乗寺!』
2.『シンゴのここに注目 祇園祭!』
3.晋悟のビビビッきたぞ!
 『番組インスタ開設記念!
 写真に撮りたくなる夏の京スイーツ』

>>バックナンバーはコチラ

福本晋悟(MBSアナウンサー)プロフィール

名前:福本 晋悟(ふくもと・しんご)
生年月日:1985年9月4日
入社年:2011年
出身都道府県:滋賀県
出身大学:同志社大学
趣味:カフェめぐり

福本アナウンサーブログはコチラ

7月2日放送分

7月の京都といえば「祇園祭」!
楽しみにしている方も多いのでは?
そんな祇園祭の情報も交えつつ、今月もお届けしました!!
 
「一人でも京都」のコーナーは『一人でも、一乗寺!』。
「宮本武蔵決闘の地・一乗寺下がり松」「八大神社」「詩仙堂」「一乗寺ブリュワリー」をご紹介しました。
 
そして「シンゴのここに注目 祇園祭!」では、祇園祭の5つのトピックをご紹介。
2日当日に行われた「くじ取り式の結果発表」、菊水鉾のお茶席に出される「したたり」、去年の「京都ビビビッ!」でもご紹介した休み山「鷹山」について、「屏風祭」、女性だけのお囃子演奏「平成女鉾 清音会」についてお届けしました。
「したたり」はスタジオで鳥居さんがいただきましたよ〜♪
 
「シンゴのビビビッ!ときたぞ」は番組インスタ開設記念!「写真に撮りたくなる夏の京スイーツ」をお送りしました。
 
福本アナと番組スタッフ2人が3つのお店に取材。
どの「写真」が一番インスタ映えするかを鳥居さんにジャッジしてもらいました。
ご紹介したのは 平安神宮の「京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)」内 にある去年オープンした「京生麩のお店 愛麩‐MANAFU‐」さんの 「カラフル田楽bar3本セット」と 「幸せおいりぱ麩エ(パフェ)」
創業70年の「喫茶ソワレ」の「ゼリーポンチ」
二条城近くに3年前にオープンした「αフーズ&ドリンク」の「鉢植デザート」と「雲下コーヒー」。
どれもかわいくてついつい写真を撮りたくなりますね♪
 
番組公式FACEBOOKとInstagramがあります!
もしよかったらのぞいてみてくださいね。
FACEBOOKは「福本晋悟の京都ビビビッ!」で
Instagramは「kyoto_vivivi」で検索してみてください。
「福本晋悟の京都ビビビッ!」
次回の放送は9月10日 月曜日の午後7時からです!
 
また再来月〜!!

7月2日放送分

一人でも京都では、一乗寺を歩きました。
地名は平安中期〜南北朝時代にあった一乗寺に由来しますが、今は石碑があるのみです。
一乗寺といえば、最近はラーメン激戦区としてとても有名ですね。
  
一乗寺駅から歩いて8分のところ宮本武蔵決闘の地・一乗寺下(さが)り松では、江戸初期に宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘したという伝説が残されています。
元々ここにあった松は、平安時代から近江から比叡山を通って都に通ずる交通の要所の目印でした。
宮本武蔵は、決闘の前、この近くにある八大神社に、神頼みしようとしましたが、神様に頼ろうとした自分の弱さに気づき、寸前でお参りを辞めたという説があります。
「宮本・吉岡決闘の地」と書かれた記念碑は、大正10年に建立されたものです。
 
東に5分ほど坂道を上ると八大神社へ行きました。鎌倉時代からある一乗寺の氏神様で、決闘当時の下がり松の古木が保存されていて、見ることができます。
宮本武蔵にちなんだ授与品があり、開運武蔵守の黒色(500円)や絵馬もあります。
 
八大神社の隣は、詩仙堂(しせんどう)というお寺があります。
狩野探幽が書いた、李白や杜甫などの中国の漢詩の偉人=詩仙36人の肖像を掲げる4畳半の部屋があるので、詩仙堂と呼ばれます。
ぜひ、縁側でゆっくりと庭を眺めて欲しいです。白砂の庭園に緑に木々が風に揺れる静かな景色があります。
縁側からは見えませんが、「ししおどし」は詩仙堂で、日本で初めて作られたとのことです。
 
地ビール・クラフトビールブームの中、2011年に一乗寺ブリュワリーができました。今回、工場見学をさせていただきました。城陽市で取れる大きくてすもものような香りの白梅を城州白(じょしゅうはく)といい、このビールをつくっているところでした、
現在は、缶やビンでの販売がありませんが、御幸町通蛸薬師にあるビアパブICHI-YAで飲むことができます(樽で買うこともできます)。ビアパブICHI-YAでは、180mlのクラフトビール3種飲み比べセット(税込1350円)をいただきました。
①ペールエールは、少しだけ苦くゆっくり楽しむビールです。
②ゆずビールは、右京区水尾地区で採れるゆずをブレンドしていて、色は明るめ。すっきりしていてまさにフルーティーです。
③デストロイエンジェルは、飲みやすいんですが、アルコール度数は6.6%なので、あとで酔いがきます。これもゆったりと飲むスタイルをおすすめです。
 
ICHI-YAの営業時間は、11時半〜夜11時までです。休日の昼間にゆったりとビールを楽しんでみたいなぁ。
 
 
「シンゴのここに注目!祇園祭」では、5つのトピックをご紹介しました。
(1)くじ取り式の結果発表!
山鉾巡行の順番を決めるくじとり式は、順番争いでもめていたことから、応仁の乱後の室町時代から始まりました。
前祭だと、先頭は「くじ取らず」で鉾1番の長刀鉾と決まっているので、その次の全体2番目にあたる「山1番」が、縁起が良いとされています。
前祭の山1番を引き当てたのは、蟷螂(とうろう)山!蟷螂山は、四条西洞院にあり、別名はかまきり山。敵に向かう勇敢さの象徴です。屋根の上に大きなかまきりが、羽を動かしたりするからくりの仕掛けが特徴です。
後祭の山1番は、室町通六角にある黒主(くろぬし)山。特徴は、桜があることです。六歌仙の1人、大伴黒主を題材とした謡曲『志賀』にちなみ、黒主が桜を仰ぎ見る様子が表現されています。前祭の山鉾巡行は、17日火曜日、後祭は、1週間後の24日火曜です。
 
(2)「したたり」を食べよう
菊水鉾のお茶席に出されるお菓子「したたり」。少し透明の茶色で、ういろうのような形をしています。黒糖のいい香りがします。寒天のお菓子がこんなにも、ぷるぷるするとは!ゼリーのようです。冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです。
四条烏丸の北東側、高倉通蛸薬師あがったところにある和菓子屋さん・亀廣永(かめひろなが)さんが作る「したたり」は、1971年に発売で祇園祭期間限定でしたが、数年後からは、全国からファンがいらっしゃるので、1年中販売することになりました。
菊の露の『したたり』を呑んで、700歳の長寿を保ったという中国の故事や、京都の名水、菊水井や菊の井とよばれた井戸にちなんでつくられました。
祇園祭期間中は菊水鉾のお茶席用だけで2000個以上作ることになるので、お店ではお昼くらいに売り切れてしまうことに。賞味期限は10日。したたりは、1100円(税込)。亀廣永さんは、日曜祝日休みです。
 
(3)休み山の鷹山、今年も動きが!
休み山とは、火事や風水害などで山鉾が大きな被害を受けてしまい山鉾巡行に参加できていない山のことで、昨年の放送で鷹山を取材しました。
今年は鷹山の衣装ができました!デザインを担当したのは、京都市立芸術大学の先生と学生さんです。
山鉾の綱を曳く『曳き子』の法被は、上のほうが水色、下が白色。曳き子を先導する『ちゃりん棒』は、上が白、下が紺色。涼しげでさわやかです。祇園交差点すぐの「祇園祭ぎゃらりぃ」で7月29日まで見ることができます。
さらに、鷹山保存会は、2022年の山鉾巡行復帰を目指すと発表しました。去年の段階では、休んでから200年後にあたる2026年を目標とおっしゃっていましたが、4年前倒し。ぜひがんばっていただきたいですね。
 
(4)屏風祭にも注目!
宵山の期間中、鉾町の旧家や老舗が、秘蔵の屏風や美術品を一般公開されるのが屏風祭です。有料のところもありますが、普段入れない京町家が美術館と化します。
さて、美術品は、経年劣化してしまいます。多くの人に見て欲しいけど、大切に保存もしたいというのが課題です。DNP(大日本印刷)は、高精細複製『伝匠美』という技術で、屏風などを複製されてきました。これらの作品を見られる機会『屏風祭り展』が7月13日〜15日の前期、21日〜23日後期に開催されます。洛中洛外図屏風、豊国祭礼図屏風など、国宝級の屏風が伝匠美の技術で見られます。場所は、新町通り錦小路上ルの「くろちく百千足館(ももちたるかん)」で、一般500円です。
 
(5)女性もお囃子を演奏したい!平成女鉾清音(さやね)会!
1996年から活動されていて、現在メンバー60人以上。山鉾町を基盤にせず、祇園祭を愛する誰もが関わることのできる会です。
月2回、夜7時からの練習は、八坂神社に向かってお参りしてから開始。練習が始まるまでは賑やかですが、練習が始まるはと真剣そのものでした。
7月29日(日)お昼1時〜、八坂神社でお囃子を奉納されます。
なお、新メンバーは、11月くらいにHPで募集されます。
 
今年も京都の夏、祇園祭がやってきました。暑い夏ですが、楽しみたいですね。
 
 
【シンゴが選んだ京都の曲】
M1 京都の大学生 / くるり
京都のアーティストといえば、くるり!京女の気持ちが歌われています。
 
M2 祇園の鳥居 / はしだのりひこ
祇園祭だし、鳥居さんだし笑 今回の放送にぴったりの曲です。