近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要
コラム
2019.06.16

「これがあるから生きられる2」

コラム
あした通信社

2019.06.16

介護とお金「どうすればいい?」 ゲスト:いちのせかつみさん

 介護にはどれくらいのお金が必要なのか?誰もが知りたいところです。
 生活経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナーのいちのせかつみさんをお招きしました。
 私は最近、友人のお母さんが有料老人ホームに入ったとき、その費用を聞いて愕然としました。入居時にまとめて3000万円。さらに毎月28万円だというのです。ご自宅を売り払って、入居の資金をひねり出したそうです。
 さあ、そこで、いちのせさんの登場です。
 確かに高級ホテルのような有料老人ホームはありますが、一方で、介護保険の枠組みの中で生活できる老人保健施設のような選択肢もあるのです。介護保険の枠組みの施設なら、収入に応じて1割か2割の負担ですみます。
 最近は、高額費用の施設の情報が多く流れていますが、決してそれだけではないということを私たちはよく知っておく必要があります。
 いちのせさんの一番のオススメは、元気なうちに様々な施設を見学しておくこと。実際に足を運んで、費用についてもしっかりと尋ねましょう。そして、自分の生き方、収入などを考え合わせて、自ら希望するところを家族やまわりの人に伝えておきましょう。
 ちなみに、いちのせさんのお父さまは、要介護5になったとき老人保健施設を選ばれたそうです。最初は家族として施設入居をためらったそうですが、プロの介護を見て、ご本人も家族も、その老健を選んでよかったと感謝の気持ちで最後の時間を過ごせたといいます。お父さまの場合は月8万円だったそうです。
 施設は高額だ、とあきらめて在宅にこだわるケースも多いそうですが、本人も家族も疲弊します。また家族が働けなくなり、結局経済的にもマイナスが大きくなる場合もあるのです。
介護保険を利用できる施設かどうか、の基準も含めて、あなた自身で見学の上、選んでくださいね。選択肢は、あります。
 

あした通信社