近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要

【しあわせ散歩音源配信のお知らせ】

ゴールデンウィーク中の放送につきまして、
音声のアップは5月7日(火)以降になります。
コラム
2019.04.21

「窓からの眺め」

コラム
あした通信社

2019.04.21

老健って何?その2

 60歳以上の人が、病院で治療を受け、退院したあとどうするか。
 もちろん、自宅で以前の日常生活に戻れれば一番ですが、なかなかそうもいきません。
 十分な介護が受けられるのか、という人的問題。家具や段差などのバリアを取り除くことができるのか、といった物理的な問題。
 そんなとき、病院と家の中間施設として機能するのが、老健=介護老人保健施設です。これは、介護保険の枠組みの施設なのですが、医療もある程度までは受けることができるそうです。
 医療法人 健正会の事務長 松本達士さんに、老健施設を案内してもらったところ、施設の柱であるリハビリテーションルームのすぐ前にあったのは、病院と同じような診察室でした。
 施設の規模によって、医師の勤務時間は異なりますが、たとえば100床なら、一週間に40時間勤務する医師の存在が定められているそうです。
 ですから、具合が悪くなったら、まず医師に診てもらうことが可能です。そして、その医師の治療の範囲で留まる程度なら、その施設内で事はすみますし、留まらない場合は、さらに高度な治療ができる病院へと行くことになります。
 どこからどこまでの治療が可能なのか?これは、その施設によって異なってくるようです。老健施設は、病院に併設されていることが多いのですが、その病院の専門分野によっても変わってきます。
 また、いったん老健から病院に入院してしまうと、退院後、老健に戻れなくなるのでは?と不安になります。健正会では、本人の希望があれば戻ってもらえるようにしていると、松本さんは言います。ただ、すべての老健施設で、戻れるのか?ここのところは大いに疑問だと、私は感じています。
 施設を選ぶときに、事前に確認しておくベきポイントのひとつではないでしょうか。

あした通信社