近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要
コラム
2020.01.19

「家族介護の実際」

コラム
あした通信社

2020.01.19

介護施設の選択肢   ゲスト:公益社団法人・大阪介護支援専門員協会長の濱田和則さん

 今日はゲストをお迎えしました。公益社団法人・大阪介護支援専門員協会長の濱田和則さんです。介護施設について教えて頂きました。
 私が真っ先に伺ったのは、有料老人ホームの事情です。このところテレビドラマで観る老人ホームがやたら豪華なのです。たとえば、お世話してくれるのがコンシェルジュと呼ばれる、若い女性。ハイヒールを履いて、短めのスカート丈、そして施設利用者にひざまづいてコーヒーを差し出す場面。高価な調度品や美しい風景。おしゃれな食事や、居心地のよさそうなバー。まるで高級ホテル!
 こんな空間が本当にあるんですか?
 確かに、そんなところもあるのですって。まとまったお金が何千万円、いや億という位の金額だって必要なところが、実際にあるそうです。
 でも、そんな高額な施設の噂ばかり流れて、施設に入るにはとんでもない金額が必要だ、と勘違いしている方が多いそうです。
 実際には、入居するときにまとめて支払う金額はゼロ、という施設が最近は増えてきているのだそうです。これは安心材料ですね。
 お金だけを考えても、施設ごとに料金体系は本当に様々。全部の中から自分にふさわしい施設を探し出そうとすると、多くの選択肢があり、混乱してしまいそうです。
 そこで、濱田さんのオススメは、相談するときに、まず自分の希望をある程度はっきりさせることです。身体の状態はどうなのか、どんなふうに暮らしたいのか、そして経済的な事情も勿論話します。それらを明らかにして、ケアマネージャーに相談することもできますし、まずはお住まいの役所に、相談先を紹介してもらうことも可能です。
 そうすれば、自分に合う選択肢をある程度絞ってもらい、その中からじっくり選ぶことができるわけです。そして 気になる施設があれば、是非、直接相談してみてくださいね。
 自分の事情に合う施設はない、と思い込まないで、現実的な選択肢を挙げてもらいましょう。

あした通信社