近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要
コラム
2019.08.18

「『笑い』のススメ」

コラム
あした通信社

2019.08.18

大腸がん手術の今   ゲスト:奥田準二さん(大阪医科大学付属病院がん医療総合センター特務教授)

 日本でがんを患う人の中で、一番多いのは大腸がんです。今日は、大腸がん手術の最新情報をお届けしました。
 以前にもお伝えした通り、大腸がんは早く発見すれば、今や治る病気だと言われています。しかも検査は検便が大いに有効です。大阪市では大腸がん検診を40歳以上の市民は300円で受けることができますし、後期高齢者の方は無料です。
 こうした検査で、大腸がんと診断された場合には、手術も含め治療法を考えることになります。
 大腸がんの手術をする外科医として、世界的なドクターのインタビューをご紹介しました。
大阪医科大学付属病院 がん医療総合センター特務教授 奥田準二さんです。
以前は開腹手術が大半を占めていましたが、奥田さんはいち早く腹腔鏡手術を広めてきました。開腹手術に比べ、傷が小さく、患者の負担が少ないので回復も早いそうです。
奥田さんの元には、手術を希望する患者さんが全国から訪れますが、患者さんは奥田さんに、まずこうおっしゃるそうです。
「先生、肛門は残せますか?」
肛門を切除して人工肛門をつけるケースが多いですが、人工肛門を不安に思い、できることなら自分の肛門を温存したいと願う方が多いそうです。奥田さんの手術はできるだけ肛門を残します。
難しいのは、排尿や、性機能など様々な機能を残すこと。大腸がん患者は
60代が最も多いのですが、最近では若年化していることから、若い人たちの結婚、妊娠のことも考えて、策を練る必要があるのです。
 ロボット手術の選択肢もあります。ロボット手術の動画を見せてもらいましたが、その細やかな動きには驚きました。これまでロボット手術に反対してきた奥田さんですが、最近はロボット手術も手掛けています。
 切除する場所によっては、ロボットのほうが精密にできるほど技術が進歩したこと、また保険診療が認められるようになったことも大きな要因です。これまで高額で、限られた人しか受けられなかった技術が、一般の人にも可能性が開かれました。
 最新技術だけが良いのではなく、患者一人一人の条件に合わせて、他の方法との組み合わせも考えるなど、選択肢はいくつもあります。納得いくまで相談できる医師と出会いたいですね。

あした通信社