近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要
コラム
2020.02.16

「認知症と死」

コラム
あした通信社

2020.02.16

介護に関するリスナーさんからのご質問、その3。

  ラジオネーム「泳げない海人」さんからのお便りをご紹介しました。
「父を早くに失くして、今沖縄で母が一人暮らしです。僕は大阪に出てきて結婚し、自営で飲食業をやっています。母は86才。目の届かないところで一人にしておくのは心もとないです。
 そこで、介護施設に入る事を考えているのですが、母の地元の沖縄で探すべきか、僕の地元の大阪で探すべきか悩んでいます。どんな視点で決めればいいでしょうか。」
 遠方の親御さんが高齢になったとき、誰もが悩むところですよねえ。
 医療法人・健正会事務長の松本達士さんは、一番重要なポイントは、介護が継続できるかどうか、だと指摘します。お母さんの立場になれば、地元の沖縄で暮らし続けたいでしょう。が、大阪で働く息子が沖縄にどれだけの頻度で帰れるでしょうか。大阪の施設にお母さんが入所してくれたなら、これまでよりずっと一緒にいられる機会が増えそうです。
 最初は、離れた場所の施設に行くことを不安がる方も多いようですが、家族と頻繁に会えることで、安心感が増した、というケースもあるそうです。
 逆に、遠く離れていても安心できる施設を、親御さんの地元で探す、という考え方もあります。
 大阪・住之江区特別養護老人ホーム「カサブランカ」には、全国様々なところから入所している方がいらっしゃいます。カサブランカ施設長の稲岡確さんは、家族が、事前に施設スタッフとしっかり相談することが重要だと言います。この施設では、緊急時には施設が対応すること、治療方針などドクターと家族が直接話をする必要がある場合は、電話で相談すること、手続きなど必要に応じて、後日家族に来てもらうことなど、様々な想定を話し合います。
 施設それぞれ対応は違うようですから、遠く離れていても安心できる施設かどうか、よく確かめる必要がありますね。スタッフの表情だけでなく、利用者の表情を実際に見てみることも大切です。
安心して生活できる場所かどうか。介護が継続できるかどうか。見極めてくださいね。

あした通信社