近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要
コラム
2019.11.17

「住之江方式と行政のあり方 (下)」

コラム
あした通信社

2019.11.17

「いつでも笑って死ねるように生きる(高倉健)」  ゲスト:小田貴月さん

 俳優・高倉健。
 いつも疾風のようにかっこいい健さんを思い描いてきた私たち。でも、一人の人間としては、年を重ねながら、その「高倉健」を生き続けるのはたいへんなことだったろうと想像します。
 「南極物語」では耳が凍傷になるほどのロケ現場を体験したそうですが、それ以降も自分を「極地俳優」と称して、毎年寝袋を買い込み、次の現場に備えるため準備をしていたといいます。
 そんな健さんも高齢になり、病につかまります。悪性リンパ腫でした。
 「高倉健、その愛。」(文藝春秋)を著した小田貴月さんが、病気が判明した頃のことを語ってくださいました。
 最初の異変に気付いたのは2014年お正月のこと。お雑煮のお餅はいくつにしますか?と尋ねたとき「二つ」と答えた健さん。戦中戦後の思い出から、決して食べ物を残さない健さんが、そのときだけはお餅二個が食べきれなかったそうです。風邪か、と思って病院へ行くことをためらっていたそうですが、映画の次回作の話が具体的に動き始め、現場に備えるためにと診察を受けたのだそうです。
 死生観について、日頃から映画の感想を通して語っていた健さんは、ご自分の死への恐怖を口にしたことはなかったと言います。40代から決めていたのは「いつでも笑って死ねるように生きる」ということ。何より恐れていたのは、映画スタッフに迷惑をかけることだったそうです。
 いざというときに悔いが残らない生き方をする。
 これは私たち誰もが願うところですね。
 

あした通信社