近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~

近藤 勝重(こんどう かつしげ)

早稲田大学政治経済学部卒。69年に毎日新聞社に入社。
論説委員、「サンデー毎日」編集長、夕刊編集長、専門編集委員等を歴任し、現在特任編集委員。
コラムやルポに定評があり、早稲田大学大学院のジャーナリズムコースで担当した「文章表現」の授業を元にした著書「書くことが思いつかない人のための文章教室」をはじめ、文章術のベストセラーも多数。
この他、毎日新聞夕刊に連載した「しあわせのトンボ」や、MBSラジオから生まれた本「しあわせの雑学」シリーズは、中・高校の入試や教科書に採用されるなど好評を博している。
ラジオでは、東西の看板番組で人気コメンテーターとして30年以上にわたって活躍、MBSラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」では、「近藤師範」として大人気。歌、お笑いなど様々なシーンで多彩な能力を発揮している。

×
水野晶子

水野 晶子(みずの あきこ)

1958年生まれ。滋賀県草津市出身。
  毎日放送アナウンサーとして20歳代前半から「諸口あきらのイブニングレーダー」「経済の風」「はやみみラジオ水野晶子です」「たねまきジャーナル」「報道するラジオ」 等、ラジオ・テレビの報道番組を40年近く担当。取材リポートにも定評がある。新聞を読み、政治家語録にいちいちツッコミを入れる癖あり。
2008年からはラジオの川柳番組「しあわせの五・七・五」も担当し、自身も「毒いちご」の柳名を持つ。川柳作者のリスナーを取材し、その半生を朗読で物語る企画は、各方面で大きな反響を得ている。現在、落語も修業中。
2018年12月末に毎日放送を定年退職。2019年からは、フリーとして活動中。

×
番組おたより
近藤勝重のしあわせ散歩~寄り道して行こう~番組概要
コラム
2020.03.22

「言葉のチカラ」

コラム
あした通信社

2020.03.22

リスナーさんのお声を紹介。

 リスナーの皆さんに介護に関する質問やお悩みを聞かせて頂いています。
  先日、同居する母親の介護のために、ご自分の離職を考えている男性の声をご紹介しました。その方が、番組を通して専門家の意見を聴いた上で、再びおたよりをくださいました。
 専門家のアドバイスは「介護離職を選ぶより、施設入所を検討してみては?」というものでした。そこで男性は、お母さまとも、勤め先の社長ともじっくり話をしたそうです。お母さまと施設見学にもいらしたとのこと。介護離職せず、施設を利用しながら介護を続ける道を模索し始めたようです。新しい選択肢が生まれるといいですね。番組がきっかけで、持続可能な介護に向けて新しい一歩を踏み出してくださったのは、私たちスタッフにとっても嬉しいことです。
 次は、夫婦二人で介護保険が利用可能な介護施設に入所できるだろうか、というご相談。医療法人・健正会の松本達士さんは、二人部屋が空くのを待つ、時間差をつけて違う部屋に入る、など方法次第では可能ですよと教えてくれました。最初にあきらめることなく、ご自分たちの希望を施設に相談してみてはいかがでしょう。
 また先日「デイサービスの入浴で、母が男性職員に体を洗ってもらうことが苦手だ」という声をご紹介しましたが、それを聴いた介護職の男性から「こちらは気にしていませんよ。男性から介護の仕事を奪わないようにしてください」とおたより頂きました。どちらのお気持ちもわかるような気がします。個人の相性の問題もあるでしょう。お互いが素直な気持ちを出し合って、違和感を乗り越えられる環境が施設にあるのか。これも施設見学のポイントかもしれません。
 なるほど、こんな知恵があるのか!と私が感心したのは、お母さまの施設入所の際、最初の1か月間、寝泊まりを施設で一緒にした方の経験です。当初は自宅を離れることを嫌っていたお母さまも徐々に施設に慣れていかれたようです。家族も一緒に「お試し」できる施設だといいですねえ。
 リスナーの方々の経験や知恵を、どうぞ参考になさってくださいね。

あした通信社