2015年

12月13日

伝統の味は家族の絆から! 株式会社旭食品

ゲストは株式会社旭食品の高田悦司さん。
関西では知らない人はいないといっても過言ではない、あの『旭ポン酢』を作っておられます。

「11〜12月は年間を通じて一番忙しくさせていただいていますね。
夜中3時半には工場に入って仕込みをしています。
夏場でも早朝5時には工場に入りますから」
社長自ら工場に入って商品に想いを込めていらっしゃいます。
「家族で作ってるんです。
息子が3人おりまして、みんながんばってくれています。
ポン酢三兄弟ですわ(笑)」

スタジオには旭食品さんの『うどんつゆ』『そばつゆ』そして『ポン酢』を持って来てくださいました。
利きつゆと利きポン酢をさせていただきました。

天然の利尻昆布や徳島のすだちなど、天然もの、素材にこだわって作られた逸品。
スタジオにはだしの香りと、ほのかなすだちの香りが立ち上がります。
うどんつゆ、そばつゆはだしの濃さを調整することで、ご家庭のお料理に広くお使いいただけます。

中でもやはり気になるのは『旭ポン酢』。
「やしきたかじんさんものすごく気に入っていただけたんですよね。
“ここのポン酢以外は食べられへん”とまで言っていただけました。
あとは酒屋さんですね。今はスーパーにもおいていただいていますけど、もともとは酒屋さんが口コミで宣伝してくれた。
みなさん、ありがたいですわ」

竹原編集長のひとこと

僕もポン酢はこれですね!
こだわりの原料、そして家族の想い。
こういう熱い想いがいい会社を作るのだと思います!

ページトップへ