日本一明るい経済電波新聞

毎週日曜日 あさ8:30~

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」

出演企業の紹介

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
2020.08. 9
新しいスタートを切るためには色々と準備が必要ですよね。
誰にも負けない情熱だとか、人材、あとお金も大切ですね。
池田泉州銀行の『2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金』のご案内です。
この池田泉州銀行の助成金は大阪・関西の「地域創生」につながる新しいビジネスプランや先進的な研究開発プランを応援することが目的。
「今、新たなビジネスを始めたい!」という皆さん、この助成金を使ってスタートしてみませんか?

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
募集部門(5分野)
■先端分野のものづくりに関する『ものづくり』部門
■医療・健康・福祉・介護等に関する『ヘルスケア』部門
■IT・IoT・A・I ビッグデータ等を活用した『ICT(情報通信技術)』部門
■新エネルギー・省エネルギー技術の開発や 環境問題等に資する『環境・エネルギー』部門
■観光、食、域内循環、雇用、働き方改革など地域の特性を活用した『地域ブランド』部門
*大賞:300万円 優秀賞:100万円
*その他、奨励賞(複数プラン)もあります
*応募者:法人・個人 どちらでも可能

詳しくは8月3日(月)〜10月26日(月)までです。詳しくは池田泉州銀行のHPをご覧ください。
https://www.sihd-bk.jp

2021 
01 17
日曜日 

100年を積み重ねてたどり着いたブラスト技術

ゲストは先週に引き続き株式会社新免鉄工所の代表取締役社長・新免謙一さん。
ブラストなど金属の表面加工などについて伺いました。
改めて会社の歴史を伺っていきましょう。
「創業は大正5年、1916年になります。
曽祖父が創業者です。
新免性は岡山でして、元々は岡山で農機具を作っていたそうです。
最初、機械加工に移り当初は大阪市電の車輪を削って加工していたそうです。
戦争の後、仕事をしようにも仕事がない。
日雇いの仕事をしていたそうですが、そこで金属の表面加工に出会ったと聞いています。
会社として昔から大きなものの処理に特化にしていたそうです。
大きなものができたら小さなものもできるだろうと」

ブラストや溶射も古くからある技術。
サンドブラストも砂は鉄粉、酸化アルミに変わったそうです。
新免社長は昔から工場には馴染みがあったのでしょうか?
「小さい頃から工場に出入りしていましたね。
簡単な作業を手伝っていたり。
就職は実は内定していたのですが勤める前に倒産しました...。
それで結局、家業を継ぐことになりました。
大学の時代も手伝いっていましたので、自然と仕事も覚えていましたし、現場の皆さんもずっと顔見知りでしたね。
慣れた環境ではありましたが、"見て覚えろ"という職人の世界はあります。
それに加え、親切に教えてくれたりもしました」。

会社は100年の歴史をもっておられます。
記念に何か催しは?
「社員の家族も招待して沖縄旅行をしました。
社史を作って取引先などに挨拶に伺いましたね。
この社史なんですが見ていると古くから社員旅行もしていました。
今回も去年の12月にいく予定でしたが時世柄延期になってしましいました」。

激動の100年。
歴代社長から引き継いだものはありますか?
「祖父から"ブラストはそのうちなくなるから新しいこと、ものづくりをしろ"と言われたことがありましたね。
"手をに抜きたくなるところに手を抜くな"とも。
手を抜きたくなるところが錆びやすいところなんです。
ブラストは昔から形が変わっていません。
最近では大阪大学と共同研究をしてレーザーを使った次世代型表縁処理を進めています。
砂つぶを使わないので環境にも優しいです。
祖父が言っていたブラストに代わるものにつながるかなと思います」。

将来のビジョンを聞かせてください。
「うちがやっているのは最終工程です。
仕事の結果が出るのはすごく先のことなんですよね。
だからこそ長い時間を経て"ああ、長く持った"と思ってもらえる。
時間が経つからこそ自分たちが携わった仕事が子供たちやその先にむけて見せることができるという良い面もあります。
社員に対しては今入ってこられた若い人たちが定年までご飯を食べれるような良い仕事をしていきたいですね」。

息の長い仕事を積み重ねた100年の歴史。
次の100年に向けて動き始めています。

竹原編集長の一言

人の手が生み出す仕事の大切さ。
それをしっかり積み重ねて100年なんですね。
未来を作るお仕事だと思います。

竹原信夫プロフィール
日本一明るい経済新聞編集長

昭和23年10月29日生まれ大阪府出身
昭和46年3月 関西大学社会部マスコミ学科卒

大阪商工会議所会員紙「大商ニュース(日本一明るい企業情報)」編集協力。
平成22年7月から吉本お笑い総合研究所コンサルティングフェロー、NHKテレビ「おはよう関西」元気な中小企業コーナーに出演中。

高井美紀プロフィール
MBSアナウンサー

1967年12月28日生まれ 兵庫県出身
1990年 MBS入社
ほかの担当番組は、「 子守康範 朝からてんコモリ(金)」 「 住人十色(土)」「皇室アルバム(日)」「MBSマンスリーリポート(第一土)」。
食べ歩きと猫に夢中。
いつも鼻歌を歌っている!と言われる。

出演企業の紹介

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
2020.08. 9
新しいスタートを切るためには色々と準備が必要ですよね。
誰にも負けない情熱だとか、人材、あとお金も大切ですね。
池田泉州銀行の『2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金』のご案内です。
この池田泉州銀行の助成金は大阪・関西の「地域創生」につながる新しいビジネスプランや先進的な研究開発プランを応援することが目的。
「今、新たなビジネスを始めたい!」という皆さん、この助成金を使ってスタートしてみませんか?

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
募集部門(5分野)
■先端分野のものづくりに関する『ものづくり』部門
■医療・健康・福祉・介護等に関する『ヘルスケア』部門
■IT・IoT・A・I ビッグデータ等を活用した『ICT(情報通信技術)』部門
■新エネルギー・省エネルギー技術の開発や 環境問題等に資する『環境・エネルギー』部門
■観光、食、域内循環、雇用、働き方改革など地域の特性を活用した『地域ブランド』部門
*大賞:300万円 優秀賞:100万円
*その他、奨励賞(複数プラン)もあります
*応募者:法人・個人 どちらでも可能

詳しくは8月3日(月)〜10月26日(月)までです。詳しくは池田泉州銀行のHPをご覧ください。
https://www.sihd-bk.jp

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」