日本一明るい経済電波新聞

毎週日曜日 あさ8:30~

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」

出演企業の紹介

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

ロート 健康ミニフェスタ in りんくうタウン
2019.05.12
健康測定会や体験コーナー、試食のコーナーも!
注目の健康イベントです。

ロート 健康ミニフェスタ in りんくうタウン
日時:5月26日(日) 10:00〜16:30
会場:メディカルりんくうポート
●血流測定、骨密度測定、筋力測定などの健康測定会。1項目200円で受けることができます
●体のゆがみチェッカー体験では今後怪我をする可能性がある体の部位や、未来の体型などを割り出し。改善に効果的なエクササイズも提案してくれます
●その他、予約制で、骨の健康に関するや施設見学会もあります。

詳しくは、メディカルりんくうポートのホームページ、または、ロート健康ミニフェスタ 電話050-7112-3860(×2)まで。
平日9時〜夕方5時までにお問い合わせください。

2019 
06 16
日曜日 

もったいない精神が生んだ生食感

今週のゲストは乃が美の専務取締役・中井裕之さん。
乃が美といえば、高級「生」食パン。
現在の食パンブームの火付け役にして代表的な存在です。
この人気、ブームをご自身ではどう感じておられるのでしょうか?
「小さいお店を長く続けたいね、というところから始まってるんです。
まさかこんなに多くの皆様に喜んでいただけるとは思っていませんでした」。

この『高級「生」食パン』が生まれた背景は?
「耳まで柔らかい食パンというのがそれまでなくてですね。
社長の阪上雄司が老人ホームに行くとパンの耳を残しているお年寄りが方がおられたんです。
社長はもったいない精神が強くて、これを何とかできないかと。
阪上のビジョンの"毎朝の食卓を明るく幸せにしたい"という思いもありました」。
『高級「生」食パン』の「生」というのは阪上社長の考案。
生というのは生キャラメルなどのように食感がとろけるという生感覚のこと。
口どけの良いものの表現なのだとか。

中井さんご自身はどんな経歴をお持ちなのでしょうか?
「私は前の飲食事業を担当してまして。
そこでスイーツを作る中でパンも作っていました。
もともとパンに関しては素人だったんですけど、パン屋さんで2年ほど修行しまして、そこから社長と進み始めました。
小麦粉選びから始まりまして、国産、海外、すべて試して食感を確かめました。
いくつも試作して、最終的にカナダ産の最高級小麦粉にたどり着きました。
凝固作用がある卵を使わないことで、あの食感を生みます。
相乗効果として卵アレルギーの方にも食べていただけるようになりました。
さらに生クリームを使って極限の柔らかさを実現しています。

この"乃が美"という名前は?
「最初は割烹など言われましたね(笑)。
弊社は代表が二人いまして、一番上の「の」はその一人の代表の頭文字。
「がみ」は阪上の「がみ」なんです。
そこにブランドとして「乃」~「すなわち、まさしく」という意味と「美」~「姿、色が美しい、感動、美味い」という意味を持たせています。

おなじみの乃が美の『高級「生」食パン』ですが、発売当初はどんな評判でしたか?
「当初、何の宣伝もしていなくて店舗のシャッターを開けて看板を出すだけ。
全く売れませんでした。
"800円の食パンなんか誰が買うの?"と直接言われたことがありましたね(笑)。
でも食べていただいた人は必ずすごく美味しいと言って下さっていました。
実際には口コミ広がって売り上げが上がってきたんです。
売り切れが出はじめたのはオープンして1年ぐらいですね」。

売れなかった時期には他の展開は考えなかったのでしょうか?
「菓子パンなどの展開もできたかもしれませんが、食パン1本に命をかける、この思いだけでやってきました。
価格についても良い材料を使っているので、自ずとこの値段になってしまったんですよね。
本物を作りたい、そして長く続けたいという思いがあったのでこの値段に後悔はなかったです」。

その結果、『日本の食パン、名品10本。』に選出。
地方にも進出し成功を収め、締めくくりとして東京へも出店し成功。
現在は130もの店舗数を誇り、多くの人に『高級「生」食パン』が愛されています。

会社の歴史は次週に続く...。

<プレゼント>
乃が美の「生」食パン1本(2斤)を5人の方にプレゼント
メール : akarui@mbs1179.com
FAX  : 06−6809−9090
ハガキ :  〒530-8304 MBSラジオ 「日本一明るい経済電波新聞」
「 乃が美 プレゼント 」係
*当選者の方の発表は商品の発送をもってかえさせて頂きます。

竹原編集長の一言

パイオニアの道はとても険しかったと思います。
信じる気持ち、強い思いが結果を呼び込みますね。

竹原信夫プロフィール
日本一明るい経済新聞編集長

昭和23年10月29日生まれ大阪府出身
昭和46年3月 関西大学社会部マスコミ学科卒

大阪商工会議所会員紙「大商ニュース(日本一明るい企業情報)」編集協力。
平成22年7月から吉本お笑い総合研究所コンサルティングフェロー、NHKテレビ「おはよう関西」元気な中小企業コーナーに出演中。

高井美紀プロフィール
MBSアナウンサー

1967年12月28日生まれ 兵庫県出身
1990年 MBS入社
ほかの担当番組は、「 子守康範 朝からてんコモリ(金)」 「 住人十色(土)」「皇室アルバム(日)」「MBSマンスリーリポート(第一土)」。
食べ歩きと猫に夢中。
いつも鼻歌を歌っている!と言われる。

出演企業の紹介

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

ロート 健康ミニフェスタ in りんくうタウン
2019.05.12
健康測定会や体験コーナー、試食のコーナーも!
注目の健康イベントです。

ロート 健康ミニフェスタ in りんくうタウン
日時:5月26日(日) 10:00〜16:30
会場:メディカルりんくうポート
●血流測定、骨密度測定、筋力測定などの健康測定会。1項目200円で受けることができます
●体のゆがみチェッカー体験では今後怪我をする可能性がある体の部位や、未来の体型などを割り出し。改善に効果的なエクササイズも提案してくれます
●その他、予約制で、骨の健康に関するや施設見学会もあります。

詳しくは、メディカルりんくうポートのホームページ、または、ロート健康ミニフェスタ 電話050-7112-3860(×2)まで。
平日9時〜夕方5時までにお問い合わせください。

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」