日本一明るい経済電波新聞

毎週日曜日 あさ8:30~

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」

出演企業の紹介

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
2020.08. 9
新しいスタートを切るためには色々と準備が必要ですよね。
誰にも負けない情熱だとか、人材、あとお金も大切ですね。
池田泉州銀行の『2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金』のご案内です。
この池田泉州銀行の助成金は大阪・関西の「地域創生」につながる新しいビジネスプランや先進的な研究開発プランを応援することが目的。
「今、新たなビジネスを始めたい!」という皆さん、この助成金を使ってスタートしてみませんか?

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
募集部門(5分野)
■先端分野のものづくりに関する『ものづくり』部門
■医療・健康・福祉・介護等に関する『ヘルスケア』部門
■IT・IoT・A・I ビッグデータ等を活用した『ICT(情報通信技術)』部門
■新エネルギー・省エネルギー技術の開発や 環境問題等に資する『環境・エネルギー』部門
■観光、食、域内循環、雇用、働き方改革など地域の特性を活用した『地域ブランド』部門
*大賞:300万円 優秀賞:100万円
*その他、奨励賞(複数プラン)もあります
*応募者:法人・個人 どちらでも可能

詳しくは8月3日(月)〜10月26日(月)までです。詳しくは池田泉州銀行のHPをご覧ください。
https://www.sihd-bk.jp

2020 
10 25
日曜日 

諦めない心意気が製品や功績にも輝く

先週に引き続き、ゲストは株式会社NGCの代表取締役 張西厚志さん。
『なんば体操クラブ』から体操器具の製作まで、幅広く手がけておられます。
その体操器具は東京オリンピックにも使われるのだとか。
「今までもたくさんの器具を開発してきましたが、"できた"というところからさらに追い込んでいくといいますか。
追求してきますね。
そこで初めて商品化するという流れですね」。
アスリートのような考え方ですね
その甲斐あって特許は25にも。

張西社長はもともとスポーツを?
「フェンシングをしておりました。
当時のフェンシングはまだまだマイナーなスポーツでしたから。
通った高校にフェンシング部がありました。
体育館で剣の当たる音を聞きまして、かっこいいなぁと思いましたね。
そこから近畿大学に入ってフェンシング部を創設しました。
当時、1年生でした。
学校に掛け合うと「お前は1年生だろ?」とすぐ言われました。
学生服の金のボタンがピカピカしてたのでわかったんでしょうね(笑)。
部になるまでは学内では練習できないんです。
そこに至るには会員数は20名以上。
学外で練習しているところを学校関係者にチェックしてもらい、同好会として認めてもらわなければいけなかったんです」。

すぐに部員は集まったのでしょうか?
「友達を誘いましたね。
"上級生がいないからいいぞ!"といいましてね(笑)。
そこから2年の春に認められました。
3年の時に初めてリーグ戦に出ましたね。
1部から3部までのリーグの3部に出場して優勝してしまいましてね。
2部入れ替え戦にも勝ってしまって、2部に昇格しました」。

青春のストーリーですね。
そして...?
「同好会ができたのが東京オリンピックの年でした。
オリンピック後、フェンシングに出場した方が講習会を開くということで出向きました。
行って話をして帰り際に、"練習を見てもいいよ"という声がけを頂いたんですね。
そこから程なく大阪に来ていただき指導していただきました。
しかし、2部の壁は厚く、いい成績は納められませんでした...。
そこから猛練習を重ねて翌年には2部で優勝することができましたね。
次は1部入れ替え戦。
名古屋に乗り込みまして、当時の部員およそ50人全員です。
最初のフルーレでは負け、エペで勝ち、私のサーブルの種目で3勝、4勝しなければならないところをなんと2勝2敗。
そのまま接戦で進み、最後の1本で決めることができて卒業となりました。
思い返すと死に物狂いで練習しましたね」。

その後、張西さんが作ったフェンシング部は全日本選手権2連覇、張西さんが監督の10年間の中で団体・個人を含め十数回の優勝という成績を修めまた。
現在のお仕事にはつながったのでしょうか?
「親に33歳の時に親に呼ばれました。
"いつまで学生気分でいるんだと"。
ハッとしましたね。
当時、フェンシングでは食べていけませんでしたから。
そこから妻が羽衣学園で体操の指導をしていた関係で体操教室をすることになりました」。
奥様はその後、日本体操協会の役員や国際体操連盟の技術員を務めるなど、世界の体操界の最前線で活躍されます。
さらにその後の張西さん、フェンシング界にも復帰。
日本フェンシング協会の理事になり、日本のフェンシング界を牽引すべく国際フェンシング連盟の役員にも就任。
現在もその任務は続いているのだそうです。
その数々の功績から旭日双光章の叙勲されています。

これからのビジョンはどう見ておられますか?
「幼児期に体操は大切です。
様々なスポーツにつながっていきます。
楽しい体操を正しくやってほしいと思います」。

竹原編集長の一言

諦めない姿勢からっフェンシング部が生まれ、
そしてお仕事として製品が生まれ。
この姿勢は見習いたいですね。

竹原信夫プロフィール
日本一明るい経済新聞編集長

昭和23年10月29日生まれ大阪府出身
昭和46年3月 関西大学社会部マスコミ学科卒

大阪商工会議所会員紙「大商ニュース(日本一明るい企業情報)」編集協力。
平成22年7月から吉本お笑い総合研究所コンサルティングフェロー、NHKテレビ「おはよう関西」元気な中小企業コーナーに出演中。

高井美紀プロフィール
MBSアナウンサー

1967年12月28日生まれ 兵庫県出身
1990年 MBS入社
ほかの担当番組は、「 子守康範 朝からてんコモリ(金)」 「 住人十色(土)」「皇室アルバム(日)」「MBSマンスリーリポート(第一土)」。
食べ歩きと猫に夢中。
いつも鼻歌を歌っている!と言われる。

出演企業の紹介

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
2020.08. 9
新しいスタートを切るためには色々と準備が必要ですよね。
誰にも負けない情熱だとか、人材、あとお金も大切ですね。
池田泉州銀行の『2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金』のご案内です。
この池田泉州銀行の助成金は大阪・関西の「地域創生」につながる新しいビジネスプランや先進的な研究開発プランを応援することが目的。
「今、新たなビジネスを始めたい!」という皆さん、この助成金を使ってスタートしてみませんか?

2020年度 ニュービジネス助成金/イノベーション研究開発助成金
募集部門(5分野)
■先端分野のものづくりに関する『ものづくり』部門
■医療・健康・福祉・介護等に関する『ヘルスケア』部門
■IT・IoT・A・I ビッグデータ等を活用した『ICT(情報通信技術)』部門
■新エネルギー・省エネルギー技術の開発や 環境問題等に資する『環境・エネルギー』部門
■観光、食、域内循環、雇用、働き方改革など地域の特性を活用した『地域ブランド』部門
*大賞:300万円 優秀賞:100万円
*その他、奨励賞(複数プラン)もあります
*応募者:法人・個人 どちらでも可能

詳しくは8月3日(月)〜10月26日(月)までです。詳しくは池田泉州銀行のHPをご覧ください。
https://www.sihd-bk.jp

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」