2018年

11月 4日

社員の熱意が商品の信用度アップに

ゲストは井藤漢方製薬株式会社の代表取締役社長・井藤竜生さん。
社名に漢方薬とありますが、 色々とバラエティに富んだ商品展開をされているようです。
「社名は井藤“漢方”製薬になっていますが、 メインは健康食品ですね。
他にも入浴剤なども手がけています。
パッケージから一貫製造しています。
もちろん漢方薬も取り扱っていますが、 健康というキーワードの元、 いろんな商品を作っています」。

どのぐらいの数の商品を作っておられるのでしょうか?
「自社の名前でおよそ200アイテム。
OEM商品はそれ以上の数になりますね。
ドラッグストアで見かけたことがあるかもしれませんね」。

中でもお酒を飲む前に飲んでいただけると 翌日の調子がいいという『しじみの入った牡蠣ウコン+オルニチン』が人気なのだとか。
「しじみ、牡蠣、オルニチン。
お酒を楽しむのはいいですが、 翌日がしんどいとね…。
このタイプの商品は液体や錠剤があるのですがうちは丸剤です。
丸いので飲み込みやすいんです。
もう一つは噛んでも服用していただける。
食べていただくとわかるのですが、 お酒のおつまみとして飲まれる方もおられます。
実際に噛むほうが吸収がいいと言われていますしね」

そしてこんな商品も。
「『マカ4400速攻MAX&マカ6600極感MEGA MAX』といいます。
男性向けのイメージがありますが、女性にもおすすめなんです。
疲労回復には最適ですね。
味が独特というイメージがあると思うのですが、我が社の商品はその味から消していきたいと思っています。
とても飲みやすいですよ」。

幅広い商品をお作りですが、実際の開発はどんな風に行われているのでしょうか?
「市場から調査をして、社内からの提案ですね。
製造は製造の目で、開発は開発の目で、営業は営業の目で提案してくれます」
社員の皆さんが大活躍されるということですね。
その模様を見ることができるのだとか。
「社員が商品を開発しているドキュメンタリーをHPに掲載しています。
作り手の顔を載せることで商品をより身近に感じていただき、信用もしていただきたいと思っています。
実際に社員も苦労して生み出す商品だけに愛着があるんですよね。
だから商品について語ってもらいたいと思っています」。

社員の中でイベントもあるそうですね。
「味覚マイスター決定戦があります。
うちの商品は味とか色よりも成分の配合量が求められてきました。
それはもちろん大切ですが、味や見た目も大切です。
それがきっかけでこの決定戦が生まれました。
様々な部署の社員が挑戦してくれていますよ」。
商品開発にはそのマイスターの舌も力を発揮するのだとか。

漢方のみならず、健康食品にまで幅広いカバー力。
そこには社員の努力とそれを活かす現場力があるのでした。


<プレゼント>
『しじみの入った牡蠣ウコン+オルニチン』
『マカ4400速攻MAX&マカ6600極感MEGA MAX』
こちらをセットにして5人の方にプレゼント

メール:akarui@mbs1179.com
FAX:06−6809−9090
ハガキ:〒530-8304 MBSラジオ 「日本一明るい経済電波新聞」
    「井藤漢方製薬株式会社プレゼント」係
*当選者の方の発表は商品の発送をもってかえさせて頂きます。

竹原編集長のひとこと

社員さんの力を引き出してこその会社です。
その力を存分に活かしていらっしゃいますね。

ページトップへ