押尾コータローの押しても弾いても
押尾コータローの押しても弾いても
メール
スタジオ日記
ギターおしえタロー!
番組からのお知らせ
プロフィール

阪急西宮ガーデンズ公開録音の様子はこちら




スタジオ日記
過去分(2008年3月まで)のスタジオ日記はこちら
2021.09.13
【日記】9月13日放送終了後

今週のゲストは津軽三味線プレイヤーの上妻宏光さん!
スタジオに来てくれるのはかれこれ6年ぶりなんですが、
テレビ番組の収録で同じ会場にいたりして、たまにすれ違います。
そんな時は、あがっちからも「しゃべれます?」って来てくれたりね。
ちょっと近況だとか音楽の話をしたり。
だから久しぶりの感じはしなかったなぁ。

あがっちはこのコロナ禍でも音楽へのモチベーションを下げずにずっと活動をしています。
自分の作品やソロ活動はもちろん、セッションも多数!
矢野顕子さんとのコラボも素晴らしいです。
そして去年が20周年!おめでとう!
いつかライブで共演したあとの打上げで結構呑んだよね。
今はそれも難しい時期ですが、
またゆっくり時間とっておめでとうの乾杯をしたいです。
セッションはあがっちの「Wonder」。
この曲をリクエストしたのは僕なんですが、
自分で弾きたいっていいながらすんごい難しい(笑)。
でもものすごくかっこいい曲。
手拍子をするときっと途中から合わなくなってきます。
切れ味抜群の一曲です。

もうすぐ20周年の記念ライブがあります。
兵庫公演のゲストは佐藤竹善さん、TSUKEMEN、宮沢和史さん。
東京公演のゲストは由紀さおりさん、東儀秀樹さん、押尾コータロー。
めっちゃ楽しみです!

ほな

押尾コータロー


ライブになかなか行けない昨今
ライブDVDで雰囲気を楽しむというお便りでした!
今は特典映像も含めてライブ映像は豊富ですもんねぇ・・
いろいろと楽しめますよね。
もちろん空気感は生に勝るものはないですけど
いろんなアングルやアップも楽しめるええとこもあったりします。
秋の夜長 そんな楽しみ方もいかがでしょう♪

ゲストはお久しぶりの上妻宏光さん!
ライブとかでちょこっとお会いしてるとはいえほんっとにご無沙汰でありました!
でも押尾さんとも仲良しなので第一声からもうこの旧知の仲感が出るのはほんといいですよね♪
押し弾きならではの空気感 大好きです。
20周年だった上妻さん!
記念になるアルバムもリリースされました!
ぜひお聞き下さい!
津軽三味線の新しくて古典的な上妻さんにしか出せない音で満ち溢れてます。
スタジオセッションも かっこよかったなぁ・・・・・♪
直前にちょこっと打ち合わせしただけとは思えないこの感じ。
あたり前にセッションしてはるけどこれってほんっっとにすごいことですよね。
生でききたいですよね!
押尾さんがゲスト出演されるのは東京ですが
関西でもコンサートありますのでぜひぜひ!!
それにしてもあがっち相変わらずかっこいい!!!

南かおり


2021.09.06
【日記】9月6日放送終了後

ゲストは葉加瀬太郎さん!
今年の5月ぶり!
おかえりなさーい。
先月、僕も「葉加瀬太郎30th Anniversary オーケストラコンサート 2021〜The Symphonic Sessions〜」の千秋楽・大阪フェスティバルホールの公演に行ってきました。
素晴らしいコンサートで、素晴らしい音楽を体験しました。
そして、葉加瀬太郎という音楽家が目指す音楽を感じました。
モーツァルト、ベートーベン、ヘンリー・マンシーニ、冨田勲...音楽の垣根を超えて、ひとつの「音楽」に。感動!
「いろんな音楽を紹介する義務がある」と太郎ちゃんは言ってました。
来年もやってくれるそうですよ。
期待しましょう。
そんな葉加瀬太郎さんとのセッションは「リベルタンゴ」。
最後にはヴァイオリンの弦が切れるほどの熱演!
盛り上がってしまいました(笑)。
そうそう!コンサートツアーが終わったところですが、
なんと8月にニューアルバム「SONGBOOK」をリリース!
いつ録ってたんや!
この度のツアーメンバーで収録したんですって。
そこまでの絆ができて音で繋がったメンバー。
そこから生まれたアルバム。
いいよね?。
ほんといいアルバムなんですよ。
みんなにぜひ聞いてほしいです。
9月からアルバムのツアーがスタートします。
いつもながらエネルギーの塊(笑)。
トークもセッションも最高でした。
また近々...。

ほな

押尾コータロー


残暑厳しいねぇ・・・なんていいながら朝晩はちゃんと秋の空気がぐっと入り込んできて暦はすごいなぁ・・と思う九月です。
秋の入り口にあう押尾さんの曲はなんですか?
いろんな風景をみせてくれる押尾さんの曲たち
ぜひリクエストしてくださいね!

今宵のゲストは葉加瀬太郎さん!
押し弾きとしても こんなに短期間でゲストにお越しいただくことはないのです
だからいつものご無沙汰してます!な感じは全くなかったのが逆に新鮮(笑)
その時にお話されてたコンサートもまた延期になったり
中止になったりしましたが 
そんな中 何回も何回も延期していたオーケストラコンサートが
先日大阪でフィナーレになったばかりということで・・・
コンサートにかける思いを話す押尾さんと葉加瀬さんのお話がとてもおもしろくて アーティスト同士のこういうお話聴けるのがまた押し弾きのええところやなぁ・・・
と改めて思ったり♪
セッションはリベルタンゴ すごかった・・・!!
語彙がなくて申し訳ない(笑)
葉加瀬さんがバイオリンの弦を切るくらいのその迫力が
ラジオの電波にのって皆さんの元に届きましたか?
もうひたすら圧倒されるお二人のセッションでした。

そしてアルバムと新しいツアーのお話。
一瞬もとまらない葉加瀬太郎さんの怒濤のインタビュー
次回はいつお越しいただけるかしら・・・
また楽しみに待ちたいとおもいます♪

南かおり


2021.08.30
【日記】8月30日放送終了後

ゲストは有山じゅんじさん、そしてナニワエキスプレスの清水興さん!
関西の至宝が集まってくださいました!
清水さんは何度もスタジオに来てくださってるんですけど、
有山さんは17年ぶり。そんなに!?
僕が有山さんを最初に知ったのは師匠の中川イサトさんのアルバムでした。
有山さんのギターとの出会いは音源から。
その後、ライブでお見かけするようになっても、
緊張しすぎてなかなか声をかけられなかったんです(笑)。
有山さんと清水さんのご関係もかなり昔から。
サウス・トゥ・サウスが解散したあたりにナニワエキスプレスが生まれた...とか。
清水さんがまだナニワエキスプレス結成前ってのがすごいなぁ。
3人でのセッションは有山じゅんじさんの名曲「ぐるぐるぐる」。
有山さんの独特のフレーズ、歌。
清水さんのグルーヴィーなベース。
ここに入って遊べるって楽しすぎる!
大阪!浪花!プルースの真骨頂です!
ブルースといえば「なにわブルースフェスティバル」。
今年は会場で楽しむ生ライブと配信で開催されますよ。
2日間、どっぷり浸っていただきたいです。
有山さん、清水さん、また演りましょね!

ほな

押尾コータロー


八月ラストの押し弾き。
去年同様振り返るとなにがあったかなぁ・・
それなりに夏っぽかったはずなのに(笑)
って感じです。
とりあえず夏の高校野球が智弁対決だったのはほんと胸熱でした♪
奈良県民としては残念でしたけど
ほんと球児のみなさまおつかれさまでした♪
まぁまだパラリンピックは続いてるし
それが終われば九月場所もあるし
スポーツ観戦お好きな方には楽しみはたくさんですね!!

今宵のゲストは有山じゅんじさんと清水興さん!
有山さんはいろんなゲストの方からお名前が出るナンバーワンではないかと思いますが番組にお越しいただいたのはめちゃちゃ久しぶりでしたねぇ・・・。
その頃から聞いて下さってる方どれくらいおられるのかしら・・・。
結構おられる気がする(笑)
押尾さんと清水さんのお話からも 
いかに有山さんがすごい存在なのかがよくわかります。
存在はぐるぐるぐる♪
スタジオの雰囲気がラジオの前のみなさんに伝わりましたか?
もうなんかめちゃくちゃお三人が楽しんでおられました!
私も楽しゅうございました!これぞセッション♪
なにわブルースフェスティバル。
なかなか行けないかたもぜひ配信でご覧下さいね!
今回改めてこのイベントの始まりのお話をじっくりお聞きした気がします。
すごい・・・熱い想いからはじまってるんですねぇ・・・。
今回もものすごいメンバーなので楽しみですね!

南かおり


2021.08.23
【日記】8月23日放送終了後

今日は音楽の教科書!
出ました、レッド・ツェッペリン!

<音楽の教科書 レッド・ツェッペリン>
ブラック・ドッグ
ブラック・マウンテン・サイド
天国への階段

まずは「ブラック・ドッグ」。
もうフレーズがカッコイイ!
歌と楽器の掛け合いのような楽曲。
楽器が畳み掛ける瞬間にジョン・ボーナムがカチッと合図が入ってますね。
これぞバンドサウンド。

続いてはこちら。
「ブラック・マウンテン・サイド」。
アルバム「レッド・ツェッペリンT」に収録されています。
インストゥルメンタルです。
インドの打楽器・タブラが印象的。
こんなビートまで飲み込んでしまうツェッペリン!
ギターのチューニングがDADGADなんです。
弦を順番に弾くとエキゾチックなんですが、
僕はこのチューニングで「翼~you are the HERO~」を弾いています。

最後は「天国への階段」。
もうイントロはアコースティックギターの教科書ですよね。
アコギとリコーダー、そしてボーカルが重なり。
徐々に盛り上がってきて最後はバンドサウンドに。
大作ですが、聞き入ってしまうそんな引力のある楽曲ですね。

レッド・ツェッペリンは天才的な音楽センスを持つメンバーが
泉のように湧き出たアイデアをギュッと濃縮させた、そんな唯一無二のバンドです。
いつ聴いても楽しませてくれます。

ほな

押尾コータロー


月曜は二十四節気の「処暑」でした
暑さも終わりに近づく頃。いつもでしたらそろそろ長雨とか台風とか気にする頃。
やっぱり今年はなにかと早いですね。
毎週 いろんなお便りをいただきますが今回は素朴な疑問からスタート。
長くやってて普段あたり前のことだと あ・・そっか そういう疑問ってあるんだなぁ・・・
と改めて。
なので ほんとに番組お聞きになってて
「これは?」と思ったこともどうぞお送り下さいね!
もちろん音楽的な事も含めて ギターの素朴な疑問。
放送に関すること。お答えできる範囲で(笑)割となんでも答えちゃいます。

音楽の教科書は「レッドツェッペリン」
いや・・・曲も超メジャーなものしか知らない私。
ジミーペイジというギタリストも押尾さんからお名前を聞いてたくらいしか知らないので
お話がひとつひとつ大変興味深かったです!
ギターだけでなくドラムの解説もわかりやすい押尾さん(笑)
ギターをやっておられる皆様は天国への階段のギターは
やっぱり弾かれましたか?
そして あまりにイケメンを連呼するから検索した人手を挙げて(笑)
私は帰り道速攻検索しましたよん!
見たことはあるはずですけどまじまじと見たことはあまりないので。
お?・・・王子様感がすごい(笑)髪型のせいかしら♪
ということで今回も楽しくお勉強できました!
押尾先生ありがとうございました!

南かおり


2021.08.16
【日記】8月16日放送終了後

今日はウクレレ奏者の名渡山遼さんからメッセージをいただきました。
メッセージの中で僕のことを"憧れの"と言ってくれてましたね。
うれしいね?。
以前、東京から宇都宮まで公演を観にきてくれたことがありました。
あれもうれしかったなぁ?。

名渡山くんはニューアルバムがリリースされています。
これがめちゃイイ!
クロスオーバーというのか、いろんな音楽のエッセンスが盛り込まれています。
名渡山遼というミュージシャンの目線、感性に触れることができます。
ぜひ聴いてみてください。

番組ではネット版でもお届けしている「ギターバー コータロー」を。
「おふくろの味」をテーマに一曲、インスピレーション一発で弾いてみました。
僕のお袋の味といえば餃子ですね。
いくらでも食べられたなぁ(笑)。
皆さんのお袋の味はなんですか?
世界でひとつの味、引き継いでいってくださいね。

ほな

押尾コータロー


お盆も終わりました!
京都の五山の送り火も終わって夏ものこりわずかって感じです。
今年も縮小でしたが 祇園祭同様「続ける」ってことが大事ですね♪
大人になったらたくさん食べることも丸ごと食べることも簡単になりましたが子どもの頃に思ってた「いつか・・」な気持ちを思い出すお便りをいただきました。
そうそう。子どもの頃 桃とか甘栗(笑)とか。
独り占めってのをやりたいなぁって思ってたもんでした。
お盆の終わりの押し弾きはなんだかとってものんびりテイスト。
たまにはこういうのもいいですよね。
弦音ライブや 発表になったクリスマスライブについてもいつもより詳しく聴けました♪
ギターバーコータローはおふくろの味。
ほっこりあったかギターカクテル♪ご堪能いただけましたか?
後半はウクレレプレイヤー 名渡山さんからのメッセージ。
久しぶりのお声でしたが改めて押尾さんのこと名渡山さんはお好きなんだなぁ・・ってのが伝わってきました♪
話題満載だったので次はぜひスタジオでたっぷりまたお喋りしたいです!
お待ちしています♪

南かおり


2021.08.09
【日記】8月9日放送終了後

今週は音楽の教科書!
山下達郎さんです!
名曲「クリスマスイブ」で冬のイメージを持っている方も多いかと思いますが、
僕の中での達郎さんはやっぱり夏かな。

<音楽の教科書 山下達郎編>
DOWN TOWN/シュガーベイブ
ノスタルジア・オブ・アイランド PART I : バード・ウインド/山下達郎
Sparkle/山下達郎

まずはシュガーベイブの『DOWN TOWN』。
山下達郎さんが世に出るきっかけとなったバンドのファーストシングル。
バンドサウンドが気持ちいいですね。
シンコペーションを駆使した楽曲ですね。

続いては『ノスタルジア・オブ・アイランド PART I : バード・ウインド』。
企画アルバム『PACIFIC』に収録されている達郎さんの作曲・アレンジ。
そう、インストゥルメンタルなんですよ。
普通、インストのフレーズは高音弦の音がよく聞こえることが多いんですけれど、
この曲は低い音が続きます。
4?6弦、しかも6弦は1音下げています。
リゾート感満点です。
いいですね?。

最後はこれでしょう。
『Sparkle』。
ギターが好きならこのイントロを知らない人はいないでしょう。
ファンキーなこのナンバー。
16分の裏から入るというこのリズム。
これぞグルーヴ。

山下達郎さんは永遠の名曲を産み続けておられます。
大好きです!

写真はいつものグレーベンとミニギター『Baby Dolphin』。
こう見ると大きさが全然違うね。イルカのサウンドホールがカワイイでしょ。
押尾ファミリーの一員です。

ほな

押尾コータロー


オリンピックも終わりまして若干のロスに陥ってる南です
まぁでも高校野球もはじまるし
もう少ししたらパラリンピックも始まるし
・・・まだまだスポーツを楽しむ夏は続きますね♪
・・・見るだけですけど(笑)
お盆ですけど なかなかあちこちいけなくて
おうち時間を過ごしてる方が多いとおもいますが
こんな時こそギターを弾いてるみるというのもいいですよね♪
一気に上達しちゃうかも♪

音楽の教科書 山下達郎さん!!
メロディーと声の我々の細胞へのしみこみ方が半端ない方なのだと改めて思ったコーナーでした。
気持ちいいなぁ・・・ドライブで聞きたいなぁ・・・
海で聞きたいなぁ・・・と気分だけでも!な月曜の夜。
シンコペーション 覚えてられるかなぁ(笑)
いや!覚えておこう!!!!
知らない曲も押尾先生の解説でより深く味わえますよね♪
はじめて聞いたインストの曲のメロディラインの解説がとってもわかりやすい♪
このアルバム、他の方々の曲も含めて全部聞いてみたくなりました♪
ためになって楽しくて気持ちいい。なんていいコーナーでしょう(笑)
次回も
どうぞお楽しみに!!!

南かおり


2021.08.02
【日記】8月2日放送終了後

ゲストはウクレレプレイヤーの近藤利樹くん!
また背が伸びてた!大きくなったなぁ?。
もう親戚の人状態。
身長は178.3cmだそう(←細かい 笑)。
細いから筋トレしはじめたとかいってました。

利樹くんと名渡山遼くんとのコラボ曲が配信リリースされています。
「NATSUTAIKEN」。
これがまたいい曲なんですよ。
MVでも楽しそうに弾いているんですよね。
この曲を僕とセッションしました。
利樹くんはもちろんウクレレ、
僕は『Baby Dolphin』というギター。
いつもお世話になっているドルフィンギターが作ったミニギターです。
メロディにマッチしたサウンドが作れました。
楽しいセッションやったね。

この曲が課題曲の音楽コンテストがあるんですって。
楽器でも歌でもダンスでもいいそうですよ。
ぜひ参加してくださいね。

次に会う時はどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。
身も心もウクレレもどどーんと成長してるんやろなぁ。
今から楽しみです。
また演ろうね。

ほな

押尾コータロー


八月に入りました。
月間の天気予報では今年も暑い八月だそうで・・・って毎年そう聞きますけど(笑)
まぁ・・・暑いでしょうねぇ・・・。
去年につづいてどこにもいけない八月。
せめて毎週この時間は押尾さんのギターサウンドとおしゃべりに癒やされて下さいね。
先週北海道であった沖仁さんとのコンサート。
ほんとにたくさんの感想ありがとうございました。
楽しさ ひしひしと伝わってきました♪

ゲストはほぼ二年ぶりの近藤利樹さん
さん・・・(笑)利樹くん!
インタビューでも「さん」と「君」が混在していたかもですね。
14歳になった利樹くん。
会う度にその成長ぶりに親戚の二人になっちゃう我々。
それは身長の話だけではないのです。
まぶしいくらいですよ?!そういうのを会う度に感じられるのは番組を続けて居られてるから。幸せです。
ウクレレ歴7年。・・・って7歳からやってるってことですから・・
すごい♪
現在配信されてる NATSUTAIKEN
押し弾きバージョンでお聞きいただきました。
名渡山さんとのバージョンとは又違う雰囲気で
スタジオに爽やかな優しい夏の風が吹いたようでした。
楽しいこといろいろありそうな利樹くんの夏。
配信ライブもコンテストもぜひホームページをチェックしてくださいね!
今度来てくれるときは180p超えてるかな!?

南かおり


2021.07.26
【日記】7月26日放送終了後

今週は音楽の教科書!
カーペンターズです。
いい曲がいっぱいあるなぁ。

<音楽の教科書 カーペンターズ編>
Close to you
Sing
Yesterday Once More

まずは「Close to you」。
僕もカバーさせてもらっています。
カーペンターズもカバーだったんですよね。
時代的にいうとハードロック全盛の時代です。
その中にあってのポップス。
しかも今も色褪せない。
音のミックスがカレンの声と合っているんでしょうね。
Cがベースのキーと思いきや、Emから歌い出す。
おしゃれな構成です。

そして「Sing」。
この多幸感。
カレンの声の芯の部分は低音だと思うのですが、明るさも哀愁も表現できる。
この曲は明るさが全面に。
素晴らしい声の表現力ですね。

最後はこちら。
「Yesterday Once More」。
冒頭の歌詞はよく覚えていますね。
歌詞の聞きやすさ、伝わりやすさもカーペンターズの魅力のひとつだと思います。
この曲のアレンジはドラマティックですね。
後半につれて心が解放されているかのようです。
コーラスワークも素晴らしいですね。
この音楽を聴くと幸せな気持ちを感じて、しかも歌いやすくて、歌ってみたくなる曲で。
音楽をする人は目指すところのひとつだと思います。
永遠に歌い継がれる音楽ですね。

次は誰にしようかな。

ほな
押尾コータロー


連日暑いですがお元気にお過ごしですか?
日々オリンピックに胸を熱く 日差しも暑く(笑)
オープニングでコピーすることの愛についてのお話 
とってもおもしろかったですねぇ♪
イサト師匠の癖とか鼻息までコピーしてた押尾さん
すごいなぁ・・・!
押尾さんの仕草までもぜひコピーしてみてないかがでしょう♪
我々の世界でもあるんですよ!ナレーションとか
やっぱりリスペクトしてる方からのコピーというか
物まねから勉強がはじまります。
「学ぶ」は「真似ぶ」だと教えられました。
そこからオリジナリティを見いだすんです。

音楽の教科書はカーペンターズ
思わず教科書に出てきたとお話しましたが
教科書 というか 歌本みたいな別冊があって
そこで歌ったって感じでした。
あとは英語の授業で使ったんですよ。カーペンターズ♪
その魅力について押尾先生に語っていただきました。
私がはじめてラジオをAirチェックしてて録音したのも
当時NHKで放送されたカーペンターズ特集でした。
イントロ乗せもアウトロかぶりもなく(笑)
曲を流してくれた特集で編集してめちゃくちゃ聞いてた学生時代を思い出しました♪
押尾先生ありがとうございました!

南かおり


2021.07.19
【日記】7月19日放送終了後

ゲストは前川サチコとグッドルッキングガイの
ボーカルの前川サチコさんとギターの高田亮介さん。
5人組バンドで結成して9年になるバンドなんだそうです。

もともと前川サチコさんは前のバンドの頃からメインで歌いたかったのだそうですが、                                       
その時はアコーディオンとコーラス。
その後、弾き語りをして自分のバンドを持つまでに!
ミュージシャンとして素晴らしい流れですよね。

ギタリストの高田さんはもともとジャズバンドのジャズメン。
前川サチコさんとは以前から顔馴染みだったそうで、今回のレコーディングの時に参加されたことがきっかけでバンドメンバーに。
なんかバンドって物語がありますね。

自主レーベルを立ち上げるべくクラウドファンディングもしてニューアルバム「My Romance」をこの夏リリースします。
その中から「ゆずれない二人」をセッションしました。
切ない曲なんですけど、ほっこりする。
リフレインのような歌詞で物語が目に浮かぶようなんですよね。
そこに高田さんと僕のギターが。
僕のチューニングもちょっと凝ってみました。
アルバムのタイトルみたいなロマンティックなセッションができたかな。

アルバムは他にも魅力的な曲がいっぱいです。
しかもおしゃれな作り。
ぜひ手に入れてください。
また演りましょうね!

ほな
押尾コータロー


梅雨あけたなぁと思ったらいきなりの夏満開な暑さですね
今週はあちこち厳しい暑さとともにいきなりの
集中豪雨もあったりでほんとに不安定です・・
気をつけてくださいね。

押尾さんは渡辺香津美さんとのコンサートをされてきました♪
どこでコンサートをされても感想が届きます
いかに押し弾きが全国で聞かれてるかってことをいつも感じます♪
ありがとうございます
楽しさが伝わってきました♪
いつかまた押し弾きにもお越しいただけるといいですね!

ゲストは前川サチコとグッドルッキングガイから
前川サチコさんと高田亮介さん!
初登場なので結成のきっかけから根掘り葉掘りきいてみました(笑)
クラウドファンディングが成功してのアルバム制作
めちゃくちゃファンの方の愛を感じながら作られたんだろうなぁって
いうのが伝わってきました♪
おしゃれなシングルレコードサイズの紙ジャケ。
配信がおおくなってる今日この頃ですが
やっぱりこうして形になってるものが手元にある嬉しさって
格別だなぁって思ったりもしました。
その中からのセッション。
二人のナイスガイギタリストの包み込むようなギターサウンドに
サチコさんの優しいボーカル。
素敵でしたねぇ・・・・揺れながら聞いてました。
あ?おわっちゃう。もっと聞いていたいって思いながら。
高田さんも終わりたくないって思いながらギター弾いておられたようですね
わかるっ(笑)

今回のインタビューでサチコさんの歌声 楽曲 いいなぁって思われた方には
ぜひ他の曲もきいていただけるといいなぁ・・・♪
リリースはちょっと先ですけどライブにいくといち早くゲットできます♪

南かおり


2021.07.12
【日記】7月12日放送終了後

今週は音楽の教科書!
大瀧詠一大先生です!

いやぁ、名曲がありすぎて困りました。
ご自身の作品、提供曲、CM曲...。
セレクトはこうなりました。

<音楽の教科書 大瀧詠一篇>
出前一丁/大瀧詠一           
風立ちぬ/松田聖子           
冬のリヴィエラ/森進一  
さらばシベリア鉄道/大瀧詠一

まずは「出前一丁」。
一番有名なサビのところはかのキダ・タロー先生作曲。
CMソングにキダ先生へのリスペクトを感じますね。
この短い時間に大瀧サウンドが詰め込まれています。
一聴してそれとわかります。

松田聖子さんの「風立ちぬ」にも大瀧詠一さんのサウンドが満載ですね。
代表曲「君は天然色」、「出前一丁」にもありますが、
クリシェが使われています。

そして森進一さんの「冬のリヴィエラ」。
森進一さんのとんでもない歌唱力。
そこに深いナイアガラサウンドが合わさって、邦楽なのに洋楽のような世界観。
歌い手が変わってもサウンドは一貫していて、それでいて全てにおいて個性的。

最後は「さらばシベリア鉄道」。
もともとは太田裕美さんのオリジナル曲としてリリース。
でも大瀧さんのセルフカバーも印象的なんですよね。
サウンドと声が唯一無二。
この曲は、ギターがフィーチャーされた作品で
ギターサウンドがドーンときますね。

名作にはいつも感動させていただきます。
ほな

押尾コータロー


今宵は遅れてのスタートでした
夜遅くまでお付き合いいだきありがとうございました!
オープニングでお話していたツアーグッズ!
ぜひ押尾さんのホームページに見に行って下さいね!
スマホスタンドもタオルもコースターも・・・・とにかく可愛くて使い勝手がいいんです
スマホスタンドはいまこれを打ってるパソコンの横にいます(笑)
お台所に連れて行くこともあります♪
ほんと便利かつ可愛い!
あ!Tシャツは早速ジムでトレーニングするときにもう着てますよん!

さて 今週は音楽の教科書!
大滝詠一さんでした!イントロでもう「きた!」って感じでしたよね!
深いエコー クリシェ・・・なるほどなるほど。
言われてみればほんと そうだなぁ・・ってかんじです。
ちょっとどや顔でクリシェの話 誰かにしたい(笑)

スタッフが持っていたCDボックスを見せてもらいましたが
コマーシャルソングだけでもたくさんやっておられるんですねぇ・・
言われてみれば ほんと出前一丁・・・大滝さんだ!
わ?・・・(笑)言われてみればなんですけどね!
どっからどう来てもナイアガラサウンドだった(笑)
膨大な数の曲からどんな選曲されるのかっていうのも楽しみのひとつですけど 
人に提供されたものもしっかり紹介してくれるのでわかりやすいです!
よ!さすが先生!!!
いや?どれもこれも名曲!
堪能しました♪いかがでしたか?
次回もどうぞお楽しみに!私も楽しみです!!!

南かおり