押尾コータローの押しても弾いても
押尾コータローの押しても弾いても
メール
スタジオ日記
ギターおしえタロー!
番組からのお知らせ
プロフィール

阪急西宮ガーデンズ公開録音の様子はこちら




スタジオ日記
過去分(2008年3月まで)のスタジオ日記はこちら
2021.05.03
【日記】5月3日放送終了後

今週は大好評コーナー!「音楽の教科書」。
今回は玉置浩二さん。
もう、凄すぎて凄すぎてこの方は。
安全地帯の歴史から考えるとさらに凄いんですけど、今回はソロキャリアを。
何度もコンサートを拝見していますが、最近の玉置さんはMCなし、楽曲のみ。
圧倒的な存在感、歌唱力、楽曲の強さ。
その歌声だけで心の奥まで伝わってくるって本当に凄いです。

<音楽の教科書 玉置浩二篇>
メロディー/玉置浩二
サーチライトwith押尾コータロー/玉置浩二
田園/玉置浩二 

まずは「メロディー」。
コンサートではご自分でギターを弾かれますが、このボーカルに合うギターは玉置さんのギターが一番だと思います。
いい味わいのギターを弾かれるんですよね。
一音目からグッとくる作品です。

続いては「サーチライトwith押尾コータロー」。
一緒させてもらってとても光栄です。
シングル「サーチライト」のカップリングに収録されています。
ハーモニクスと実音を出しながらの演奏でした。
玉置さんがとても褒めてくださるんですよ。
それが嬉しくて僕も普段以上の力が出たかもしれません。

そして最後は「田園」。
この開放感。
音楽の強さを感じる作品だと思います。
この時代に改めて心に響きますよね。
音楽の教科書といいながら、改めてこのアーティストの凄さを感じてしまいました。

音楽の教科書、次回もお楽しみに?!

ほな
押尾コータロー


五月に入りました!
あれ?今年も三分の一過ぎたってことですね。
え?(笑)早い・・・。
去年もそうでしたけど ほんと何してたんだ?って感じで過ぎていきます。

今夜は曲のタイトルのお話。
押尾さんがイメージして作ったときとタイトルが変わることがあるってのは過去にも何回かお聞きしていて・・・
一番印象に残ってるのはやはりあの名曲「黄昏」が「アルルの女」だったってこと(笑)
やっぱりタイトル大事だ!!と改めて思ったりもしたのでした。
あぁ・・でも先日の吉野からの生中継はご覧になりましたか?
散りかけの夜桜の下で弾かれる「Mother」
最高でした!!!!!!!!!!!!!!

音楽の教科書は 玉置浩二さん!
ライブに行ったことはないですけど その歌声は昔から聞いてきた 玉置さんの知らないことたくさん教えてもらいました。
桑名さんと番組させていただいてた頃からいろんなお話お聞きはしていたんですけどやっぱりすごい!!って再確認した感じです。
いつかスタジオにお越しいただいてお二人のセッションを生で聞いてみたいなぁ・・・。

そして・・・やっぱり「田園」は名曲だ!
元々好きな歌ですけど 今回歌詞を一番だけですがじっくり聞いて なんかいつも以上に胸にずんと来ました。
う?ん・・・素晴らしい♪♪
いい夢みられそうな曲って 歌声ってすごいと思っちゃったのでした♪

南かおり


2021.04.26
【日記】4月26日放送終了後

ゲストはジャズシンガーの五十嵐はるみさん!
番組に来てくれたり、
僕がはるみさんの番組に伺ったり。
いつもお世話になっております?。

外出自粛期間にははるみさんもなかなかしんどかったみたいですね。
でもさすがは五十嵐はるみさん、
Jazz Lady Project『Cinema Lovers U』を2020年11月にリリース!
選曲やアレンジも素晴らしい!
インストゥルメンタルのアレンジも多数。
音楽の素晴らしさ、そのエネルギーがストレートに伝わってくるアルバムです。
是非、聴いてみて下さいね。

今回のセッションは、はるみさんのアルバム「Otona no Jikan ?大人の時間?」に収録されている、「ウイスキーが、お好きでしょ(英語 Ver.)」。
はるみさんのウイスパーボイスが素敵でした。

また一緒に演りましょう?!

ほな

押尾コータロー


四月ラストの押し弾き。
去年とおなじような雰囲気でGWを迎えることになるとは・・・ってかんじですが ほんとに危機管理はしっかりしつつこのひとときだけはのんびりラジオにみなさんが耳を傾けて下さると嬉しいです。
好きな声のお話からスタートしました♪
歌声でなくしゃべり声ってとっさに思う浮かばないものだなぁ・・と思いましたがみなさんはどなたの声がお好きですか?
毎週しゃべってるので改めて・・になりますけど確かに押尾さんは低音のイケボ♪ですよね!

ゲストは五十嵐はるみさん!
相変わらず美しくパワフルでした!
そしてマスクがめっちゃおしゃれでした(笑)
SNSでどんな風に過ごしておられたかってのはなんとなく知ってましたけど 音楽できない時間をとってもポジティブに過ごされてるんだなぁと改めて♪そんな中 できあがったアルバム♪
ほんとよく知ってる映画音楽が素敵なアレンジで違う感じで日があたってて素敵ですよ?!!
これもっとシリーズ聞きたいし 違うジャンルでもまた聞きたい!!
かっこいい!!

セッションも素敵だった?
まさにささやくような・・冒頭で押尾さんがおっしゃってたお声じゃないですか!
最高だなぁ・・・!
しっとりお届けしました!
たのしかった♪

南かおり


2021.04.19
【日記】4月19日放送終了後

今週は音楽の教科書、ビリー・ジョエル!
僕、好きなんですよ、ビリー・ジョエル。
楽器は鍵盤ですが、楽曲のアレンジやアイデアなどすごいです。
どこから思いつくのやら。

<音楽の教科書 ビリー・ジョエル篇>
マイライフ
プレッシャー
素顔のままで

まずは「マイライフ」。
イントロからワクワクしますね。
僕はこの曲のコード進行が好きなんです。
おしゃれなんですよ。
歌詞とコード、メロディがまさに一体となった作品です。
とても整理されたというか、幸せな雰囲気を出しつつ、ジャジーでもある。
コーラスのアレンジも美しいですね。

続いては「プレッシャー」。
MTVの世界のようなシャープな作品ですね。
シンセを駆使した楽曲です。
この曲、好きなんですよ?。
シンセ好き。
サビへたたみかけるスリリングなメロディやアレンジも素敵です。

ラストは「素顔のままで」。
もう世界の名曲ですよね。
楽曲の抜け具合といいますか、
この明るくて希望が溢れるような開放感はこの曲ならでは。
シンプルな楽器の構成でこのグルーブ感や奥行き。
時代を超える名曲だと思います。

また次回の音楽の教科書もお楽しみに!

ほな
押尾コータロー


番組を聴いてここを見に来て下さった方はおられるかなぁ・・?(笑)
こんな感じで毎週更新されてますので今後ともご贔屓に♪
大物とセッションするのは緊張しますか?との質問からスタートでした。
緊張というより押尾さんからはいつも緊張感を感じます。
これ微妙に違いますよね。
私もおしゃべりの現場では緊張しないんですけど緊張感だけは忘れずにいたいと思っています。

音楽の教科書はビリージョエル教科書らしく押尾さんの解説をたくさんいただきました。
へ?って感じでした。
まぁ毎回そうなんですけど。
選曲が大変なのも同じなんですけど(笑)
いつも番組終わってからスタッフとあれやこれや
打ち合わせされてるお姿を見ておりますが押尾さんの思い入れと知名度と教科書としてどの曲が伝わりやすいかと・・・
かなり横で聞いてて濃い打ち合わせをされてるのですよん。
ビリージョエル アレンジがいいんだなぁ・・・なんてはじめて思いながら聞きました(笑)
過去、ラジオでかけまくっているのに。
押尾先生の解説重要です。ほんと。

事態はまた刻一刻とかわっていきますが皆さんどうぞお元気で。
いい音楽聴いて免疫あげて
気をつけてお過ごし下さいね♪

南かおり


2021.04.12
【日記】4月12日放送終了後

ゲストはアコースティックギタリストのわたなべゆうくん!
久しぶりです?。
去年の今頃は自宅のスタジオを作っていたりしたんですって。
ゆうくんも自粛期間中、色々工夫してたんやね。
音楽の他にも絵本のコンテストに応募して、
絵本でも受賞したそうです。
すごいなぁ。
音と絵、新たな可能性を広げていますね。

新しく作ったスタジオで『This cover 6 J-Pop』と『This cover 7 Queen』という2枚のアルバムをリリースしました。
『This cover 6 J-Pop』の中からスピッツの「楓」を生で聞かせてもらいました。
いいアレンジでしたね。
ギターのサウンドもいいんですよ。
生のギターのサウンドがグッときます。
いつもはセッションが多いけど聞かせもらうのもいいね。
アルバムにはKing Gnuや米津玄師さんとかASKAさんとか、幅広い世代に嬉しい選曲がされています。

『This cover 7 Queen』も素晴らしくてね。
驚きのアレンジの数々。
よくもこんな素晴らしいQueenの楽曲のアレンジを生み出したね、
そんな感動に溢れた一枚です。
あの佐藤竹善さんも絶賛です。
楽譜も出ているのでぜひ演奏にもチャレンジしてみてください。

ほな
押尾コータロー


大人になって進化したものって話からスタート。
そんなに意識して生活してないんですけど(笑)
つい先日。ほんとに生まれてはじめて一人で旅館に泊まったんですけど。
いままではそれは絶対無理だろうなぁ・・って思ってたのに意外とそれが 「できるやん」ってわかったことが大きな進化でした(笑)
まぁ吉野だったってことが大きいですけど(笑)
それ以外ではもしかしたらまだ無理かもしれません・・・

押尾さんは暗譜の進化。
昔から楽譜見てる押尾さんってライブではほんとになかったですけどそんな進化はご本人の中ではあったんですねぇ・・。
ぜひいろんな質問もお送り下さいね!

ゲストはお久しぶりのわたなべゆうさん。
なんとコロナ禍で自宅にスタジオ作っちゃったそうで!!
ライブできない日々に新しい曲作りができる環境が整っていたようです(笑)
SNSでそのあたりも含めて拝見してましたがいろいろ充実されてましたよ♪
そんな中リリースされた二枚のディスカバーシリーズ。
J POPとQueen
押尾さんもおっしゃってましたが 
みんながよく知ってて難しい曲をギター一本でアレンジされるゆうさんのアレンジの幅の広さに出会えます!

ゆうさん恒例の生演奏はスピッツの「楓」
相変わらず繊細な澄み切った音にすっかり癒やされてしまいました♪
後でTwitterを拝見したら
押尾さんの前での生演奏はやっぱり緊張したって書いておられましたが押尾さんもじっと聞き入っておられました!
素敵な演奏をありがとうございました!
ぜひ ゆうさんならではのアプローチでカバーされてるアルバム聴いて下さいね!!

南かおり


2021.04.05
【日記】4月5日放送終了後

春ですね?。
4月、桜、ポカポカ陽気。
新学期ですよね。
新しいことを始めるときには最適ですよね。
習い事、トレーニング、目標などなど。
春は可能性が広がるなぁ?。
とは言いつつも押尾はマイペースですが(笑)。

放送ではギターバーをお届けしました。
新しい季節の別れと出会い。
好きな男の子と同じ大学を目指すも、
受かったのはメールをくれた女の子で、男の子は不合格...。
切ないですね。
理想と現実と言ってしまえばそれまでなんですけど、若い頃は夢を見ていたし追いかけたい。
でもこうやって別れと出会いを繰り返して大人になっていくんですよ、きっと。
春は人を成長させるんですね。

ギターバーは毎週、配信もしています。
ぜひネットでも聞いてね。
そして、みなさんからのオーダーをお待ちしております。

僕のオススメの音楽もお届けしました。
上田正樹さんの名曲「悲しい色やね」。
上田さんのアルバムには僕と上田さんのセッションが収録されているのですが、そのレコーディングのアレンジをしている時に色んな方のバージョンも聞いてみようと検索しているうちに、この音源に出会ったんです。
金子マリさんのアルバム「金子な理由」に収録の「悲しい色やね」が凄すぎた。
ボーカルの金子マリさん、そしてギターは有山じゅんじさん。
この二人だけのアレンジ。
しかもラグタイム! 
天才二人の共演とはこのことです。
いやぁ?、このアレンジは驚きました。
ぜひ聞いてほしいなと思って持ってきました。
みなさんも機会があればぜひアルバム丸ごと聞いてみてください。

ほな
押尾コータロー


押し弾き!無事に19年目に入りました!
ありがとうございます♪
春と秋の改編ってのがありまして・・・
実は毎回ドキドキしながらこの時期を迎えております。
・・・え?してるんですよ(笑)年に二回。
無事に・・・ほんとに無事にこうしてまた毎週この時間に
みなさんのお耳にかかれることになりました。
また新しい春のスタート。よろしくおねがいします!
でもまぁ・・・いまのライブみてたら押尾さんが
MC苦手だったなんて信じられないですね(笑)
デパペコのファンクラブ配信ライブもとっても楽しかったですよ!
あ・・もちろん演奏は最高でした!!!!

押尾さんの使ってるチューナー 便利かつ可愛いです!
これ日本で売ってるのかなぁ・・・・
簡単にできちゃいますよ♪

ネット版押し弾きでは毎週お届けしてるギターバーコータロー。
久しぶりに本編でお届けしました!
そうなんです!こんな素敵な配信を毎週やってるんですよ!
その場であなたのメールに合わせて
押尾さんが一瞬でオリジナル曲を作ってくれる夢のようなコーナーなのです!
ぜひ一度お便りしてみてはいかがですか?

春の別れ きゅんとして別れ
若い頃のちょっとだけ苦い思い出

素敵なカクテルになりましたねぇ・・さすが押尾さんです!

南かおり


2021.03.29
【日記】3月29日放送終了後

3月も終わりですね。みんな元気ですか?
 
今日は「音楽の教科書」をお届けしました。
今回は僕が敬愛する河島英五さんです!
英五さんがやっておられた音楽道場には歌い手が多かったんですが、
インストでは僕だけ。
そんな中、MCの説得力についてたくさん教えてもらいましたね。
英五さんはずっと応援して下さっていて、テレビ局の方や
ご自身のラジオでも、沢山の方に僕を紹介してくれましたね。
今も英五さんは変わらず、僕の心の中に生き続けています。
 
<音楽の教科書 河島英五 押尾セレクト>
旅的途上
晩秋
野風増
 
英五さんはギターもピアノも弾かれるし、民族楽器もお好き。
無骨なように見えますが、実は繊細。
英五さん自身を体現したような音楽。
英五さんしかできない音楽なんですよね。
今回は全てライブバージョンでお届けしました。
 
まずは「旅的途上」。
英五さんのお店「ほうぜんじ」の壁や楽器にも絵を描いていた英五さん。
楽器から、それで奏でる音楽まで英五さんのカラーです。
この曲の雄大な雰囲気はならではですね。
サウンドとして何ヘルツがどうとかじゃなくて、空気感から入っていく感じに近いですね。
 
次は「晩秋」。
ライブではピアノを弾き語りして、脚でリズムを取るんですよね。
そのリズムの取り方がズンズンという感じで大きいんです。
優しくて大きなメロディです。
 
そして「野風増」。
この曲を聴くと息子の翔馬くんを思い出しますね。
実はカバー曲なんですが、
声と雰囲気で英五さんの歌になっていますよね。
 
出会った頃は、僕はまだ大きなステージでライブをしたことがありませんでした。
それでも、僕がいつか大きなステージに立ったらと、英五さんは「大きなステージでは大きく手を広げてみたりするといい」とか、そんな風に教えてもらいました。
2階席や客席の端から端でも見えるように、ということなんですよね。
英五さんに教えてもらったものは数え切れないくらいです。
そして、それは今も僕のステージにあるんですよね。
 
河島英五さんが亡くなって20年になります。
 
ご命日の4月16日(金)から25日(日)には没後20年「河島英五展 ?人生旅的途上?」が京都文化博物館別館にて開催されます。
手書きの作詞ノートなど貴重なものがいっぱいです。
ぜひ河島英五さんの世界に触れてみてください。
 
ほな
押尾コータロー


桜がほんっと あちこち満開です!
歌心は一切ないですけど(笑)そんな私でさえ
なんだかもしかしたらメロディーが浮かんでくるのでないか!!
歌詞のひとつも浮かぶんじゃないか!(笑)
・・・と思わせる美しい桜たちです。
去年と同じ ただ見上げて 少し佇んで 愛でる。
あぁ・・でもお花見ってこれでいいんだなぁ・・ってふと思ったりもします。

今週末は押尾さんのファンクラブ限定の配信ライブがあります。
デパペコのトークと演奏 ふんだんに楽しめそうですね♪
いまから楽しみ!
生が一番ですけど 配信には配信の楽しみ方があるのであります。
ぜひ この時期にしかきっとないライブの楽しみ方
満喫してくださいね!感想をお待ちしています。
何しながら何飲みながらどんな格好で見てたとかもね(笑)

音楽の教科書は 河島英五さん。
もうそのお名前と その回りにおられた方々はたくさん押し弾きでも登場しています。
もし ご存命であれば きっと押し弾きの準レギュラーとしてゲストにお越しいただけたに違いないですね・・・。
たくさんのたくさんの 語っても語っても語り尽くせない押尾さんの英五さんとのエピソード。
今日はギタリスト押尾さんとしての 英五さんのお話もお聞きできました。
お目にかかったことはありますが ほんとに
一度ゲストとして お話を伺ってみたかったです。
京都での没後20年「河島英五展 〜人生旅的途上〜」
チケットゲットされた方は ぜひ押尾さんがゲストの回の感想をおまちしています!

南かおり


2021.03.22
【日記】3月22日放送終了後

あったかくなってきたね。
春ですね?。
 
今日は「音楽の教科書」をお届けしました。
ピックアップしたアーティストは「Queen」。
世界中に多くのファンを持つバンドですね。

<音楽の教科書 Queen 押尾セレクト>
ムスターファ
バイシクルレース
ドント・ストップ・ミー・ナウ
 
僕は映画「ボヘミアン・ラプソディ」でますますハマったんですが、今回は20代の頃から聞いていたアルバム「JAZZ」からお届けしました。
アルバムの1曲目は「ムスターファ」。
アルバムタイトルとこの歌詞は英語、アラビア語、ペルシャ語という表現。
日本人が思うジャズという一般的なイメージをぶっ飛ばしてくれます。
最初の歌詞が「イブラヒ?♪」。さすがQueen(笑)。
 
続いては「バイシクルレース」。
有名な曲ですが、このアルバムに入っているんですね。
ジャズですね?。
自転車のベルも音楽にしてしまう凄さ。
そこにブライアン・メイのギターが絡んでくる。
自転車のベルとギターですよ。
楽曲の良さに加えて重厚さに入るユニークさ。
音楽の幅というか、音楽の発信の仕方、受け取りが変わりますね。
 
最後は「ドント・ストップ・ミー・ナウ」。
ピアノとフレディのボーカル、そこからリズム隊が入ってきて。
全くギターが出てこない(笑)。
間奏のギターソロからやっとギターが出てくる。
そこからはピアノからギターへシフトするんですよね。
そして最後にはピアノへ。
すごいアレンジです。
 
改めて、この名盤「JAZZ」の深さ、Queenというバンドの凄みを感じますね。
アルバム全体で聞いてみてください。
 
ほな
 
押尾コータロー


ほんとに今年は桜が早くて早くてびっくりです。
季節が暦とずれてきてるのかなぁ・・なんて思ってしまったりもします。
去年は人のいない街の中
いつもよりなんだか通りがかりにみる桜が力強かった気がしました。
今年の桜はどんな風にみえますか?

押し弾きはほんとにすごいゲストの方におこしいただくわけですが 印象に残ってる方は?と改めて聞かれるとほんとに難しい(笑)
話し出すとあの方もこの方も ですけど巻上公一さんは セッションがほんとに忘れられません。
テルミン ほんまに不思議な楽器です・・・!

今週の音楽の教科書は Queen!!
ボヘミアンラプソディ 
映画で詳しくその生き方とか売れ方とかを知った方も多いかとおもいます
あ・・・私もですけど(笑)
なので超有名な曲しか知らないんですけど
押尾さんにまたいろんな曲 教えてもらいました♪
歌詞カードみながらあーだこーだ言いながら聞きましたよ!
改めてほんとにコーラスワーク素敵ですよねぇ・・・!
そしてブライアンメイのギターについてもたくさんお話いただき楽しかったです!
もう一度映画みたくなっちゃった♪
押尾先生 今宵もありがとうございました!

南かおり


2021.03.15
【日記】3月15日放送終了後

ゲストはナニワエキスプレスのスーパーべーシスト!清水興さん!
去年の夏ぶり!
コロナ禍でのライブ活動のお話などもお伺いしました。
コンサートが終わった後の打ち上げもできなくて、
お酒好きの清水さんとしてはつらい(笑)

今日のセッションはすごかったね?。
押尾はフレットレスギター。
清水さんはフレットレスベース。
フレットレスが2本合わさりました!
曲は押尾の「Smoky Slider」。
この曲はもともと清水さんのフレットレスベースを見て、ギターでフレットレスを演ったら...という発想から出来た曲。
世にも珍しいアコースティック・フレットレス・セッションでした。
浮遊感があって、めっちゃ気持ちよかった?!

清水さんが所属するナニワエキスプレスですが、ドラムの東原力哉さんの体調が少しよくないらしいです。
でも、また力哉さんのドラムプレイを観たいですね。
みんな、応援しましょう!
東原力哉さんは今回欠席されていますが、3月17日(水)18日(木)にナニワエキスプレスのライブがあります。
チケットはソールドアウトなので配信でぜひ!

清水さん、次はなにしましょ。

ほな

押尾コータロー


東大寺 二月堂のお水取りも終わって...
イカナゴが出回るようになって...もうはるまっしぐらですね!
押尾さんのツアーも決まったし、引き続き対策した日々を過ごすことにはなりますが、そんな生活で少しずつでも楽しみを見つけていきたい今日この頃です。

オープニングはビンテージのお話。
まぁ、中古とビンテージはまったく違うんですけど(笑)
熱く語る押尾さんなのでした。
ちらっと話しましたけど、私の大好きなキモノなどは古着が無理だとかなり着られるものが少なくなりますもん。
次から次へと自分用に誂えられる方は別にして(笑)
掘り出し物探すのも ユーズドの魅力ですよね!

ゲストは夏以来の清水興さん!
あの時は本当に世の中超自粛ムードでしたけど 少しはライブもできるようになって、、
でも改めて今までできたことに思いを馳せる清水さんでしたね...
力哉さんが本当に心配ですが、今はとにかく現場復帰される日を できる形で応援しつつ お待ちしたいと思います。
ライブも配信ですがぜひ!
押尾さんのフレットレスギターと 清水さんのベースとめちゃくちゃ素敵なセッションでした!
いつもと違う雰囲気が素敵!
忘れずにこうしてお越しいただけることに感謝です!
次回も今から楽しみです!

南かおり


2021.03.08
【日記】3月8日放送終了後

今日は「音楽の教科書」をお届けしました。
今回は「井上陽水」です!
僕も以前、番組で共演させていただたいたことがあり、その時も本当に凄い方だなと実感しました。
独特の雰囲気を纏った楽曲。
陽水さんにしか書けない、作れない音楽ですよね。

<音楽の教科書 井上陽水 押尾セレクト>
東へ西へ
心もよう
ジェラシー

「東へ西へ」ですが、番組でセッションさせてもらったんですよね。
とてもシンプルなコードで作られている楽曲なんですが、弾きたくなる曲です。
ポップさと難解な歌詞。
そこに乗る透き通るような声。
ドラムとやベースラインもプログレッシブなアレンジがされていますね。
センスがあふれる一曲です。

続いては「心もよう」。
これもとても印象的なイントロですね。
日本人の琴線に触れる、心にググッと入ってくるというか。
洋楽のエッセンスを感じつつも陽水さんにしか出せないこの日本のテイスト。
まさに唯一無二。

最後は「ジェラシー」。
僕が物心ついてから聴いてとても感銘を受けた作品です。
そんな思いを共演させていただいた時に陽水さんに直接お話をしたんです。
一緒に収録スタジオへ向かう途中の廊下だったのですが、この曲をその場でふと歌ってくださったんです。感激でした。
ラテンのリズムなんですが、フォークのテイストがちゃんと入っていて。
改めて聴くとベースラインが素晴らしい。
曲の屋台骨がしっかりとしているので陽水さんが朗々と歌い上げる。
大人の一曲ですね。

このコーナーは自分でも好きな音楽を改めて振り返ることができるので、楽しいです(笑)。
次はどのアーティストにしようかなぁ?。

ほな
押尾コータロー
今年は桜の開花がいつもよりかなり早いような予想が出ていますね 
去年は全くお花見ができなくて・・・
みんなで集まって宴会というのは変わらずできませんが去年よりは少しおだやかに桜を愛でることができたらいいなぁ
と思う2021の春本番直前の夜♪

クラブハウスってはやってるんですか?という質問からスタートしました。
番組でお答えしたことが私の中の全てなんですけど 仲間で集まってわいわいできるというのはおもしろいものですよね
押尾さんファンが集まってるお部屋もあったりしますよん♪

そうだ!
押尾さんのZEPPツアー決定しましたよ!
お?!!!楽しみ過ぎますね!
全日行きたいくらいです♪
生音 堪能しにきてくださいね!

音楽の教科書は井上陽水さん!
初のアルバムミリオンセラーアーティストだ!って知らなかった!すごい!
時々ラジオからながれると やっぱりつい聞き入ってしまいます♪
押尾さんと井上陽水さんとの東へ西へのセッション
聞いてみたかったなぁ・・・!!
いつかスタジオ来ていただけたらいいのに!!
短い時間でぎゅっと魅力凝縮させて
押尾さんに語っていただきました!楽しかった♪

南かおり


2021.03.01
【日記】3月1日放送終了後

3月やね?。
みんなが住んでいるところは春っぽくなってきたかな?
早くいつもの明るい春になればいいな。

さてさて今日の番組には馬場俊英さんからメッセージをいただきました。
阪急西宮ガーデンズのゲストに来てくださったり、スタジオにも来てくださいましたね。
声を聞いていると馬場さんの笑顔が目に浮かびます。
昨年は一緒に出演したイベントでのセッションも楽しかった。
そんな馬場さんはデビュー25周年!
10ヶ月連続シングルリリースをされるそうです!
すっごーい!
馬場さんの歌声がみんなの背中を押してくれます。
ライブもあるそうなのでぜひ情報をチェックしてください。

アコーディオンプレイヤーのcobaさんの楽曲も紹介させてもらいました。
アルバム「The Accordion Plus+」から「丘の上のイノセント」。
これまでたくさんのアーティストの共作があるのですが、このアルバムはcobaさんの純度100!
アコーディオンの鍵盤ひとつひとつ、音のひとつひとつが生き生きとしています。
即興性の高い演奏が収録されているんですが、聴けば聴くほどトリコになりました。
本当にすごい作品です。
機会があればぜひ。

馬場さんもcobaさんもまたお会いして
一緒に演奏したいなぁ。

ほな
押尾コータロー


3月に入りました!
2月と同じカレンダーなので先月もそうおもいましたが月の始まりに番組があるとなんか「新しい月スタート!」感がすごいです(笑)
そして え?もう?って感じなんですよね。
1月はそうでもなかったんですが 2月はやっぱり早い!
もう3月!そして春!
まだ三寒四温なんだなぁ。。。って思う日々でもありますがそれでも確実に春は近づいてて。
今日卒業式だったって方も多いんでしょうね・・・・。
去年に続いて いつもと違う感じの春。
それぞれの春 どんな風に迎える準備をされてますか?

25周年を迎えた馬場俊英さんからのメッセージが届きました!
なかなかリアルでゲストにはお越しいただけないですがこうして忘れずにメッセージいただけるのは嬉しいですね!
新しい一年にふさわしい連続リリース!
押尾さんとすごいねぇ・・・!と言ってました♪
毎月楽しみがあるのはファンにとっては嬉しい限りですね!
「そろそろ元気だせよ」いい曲だな♪

そして押尾さんおすすめの一枚!ってことでcobaさんのミニアルバムご紹介いただきました。
いつも押尾さんがおすすめして下さるときはどこがいい!とかどこが素敵!とかの解説があってそれを聞くのも楽しみなんですよね。
アコーディオンだけのミニアルバム。
すごいなぁ・・・いいなぁ・・・が
繰り返して聞いていると
すごすぎてミュージシャンとして落ち込んじゃうくらいになるという感じが伝わってきました。
すごい褒め言葉やなぁ。。ともおもったり。
他の曲も聴いてみたいですねぇ!!

さて来週はどんな押し弾きになるでしょう?
お楽しみに!

南かおり