2022.05.19

♯32 朗読「母の心」(小川未明)

担当 辻沙穂里アナウンサー

アナウンサーが「コトノハ=ことば」をテーマにお送りしている番組「コトノハ」。
今回は小川未明の作品「母の心」を辻沙穂里アナウンサーが朗読します。


「今回お届けするのは小川未明さんの『母の心』という作品です。離れて暮らす母と息子が、深い愛情でお互いを思いあう様子が描かれています。私自身も母親になり我が子を思う気持ちがよくわかると同時に、離れて暮らす母親を案ずる気持ちも手に取るように分かり、母と子どちらにも感情移入をしながら読みました。一人での朗読は初めての挑戦だったので、勤務の合間に先輩方に指導をお願いし、通勤中マスクの中で小さな声でぶつぶつ練習し、息子が寝たあと起こさぬよう洗面所の扉をしめ切って練習をして臨みました。この作品を聴いて、会えなくてもあなたのことを思っている誰かがいることを感じてもらえたら嬉しいです。」(辻沙穂里)


朗読の後、同期入社の三ツ廣政輝アナウンサーが加わり、職場復帰後の辻アナウンサーの近況についてトークしています。どうぞお聴きください。


5月16日放送分で上田崇順アナウンサーがご紹介した映画は、「ドント・ルック・アップ」(2021年NETFLIX)と、「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」(1997年)でした。


次回(5月30日)は上泉雄一アナウンサーが「おにぎりの味」(中谷宇吉郎・作)を朗読します。お楽しみに!

2022.05.12

♯33「アナウンサーが語る~今見るべき映画について~」

担当 上田崇順アナウンサー

アナウンサーが「コトノハ=ことば」をテーマにお送りしている番組「コトノハ」。


アナウンサーが、リスナーのみなさんに聞いてほしいことを15分間熱く語る「アナウンサーが語る」シリーズ、今回は上田崇順アナウンサーが「今見るべき映画」について話します。


ご紹介するのは2作品。「巨大彗星が地球に衝突する!」天文学者の訴えに、誰も耳を貸しません。さあどうする?...という、レオナルド・ディカプリオ主演の「終末コメディ」。そして、ロバート・デ・ニーロとダスティン・ホフマンが共演し、選挙直前のホワイトハウスのドタバタを描いた作品。見どころと、今見るべきだと思う理由について、たっぷりお話しします。


次回(5月23日)は辻沙穂里アナウンサーが「母の心」(小川未明・作)を朗読します。お楽しみに!

2022.05.05

♯32「アナウンサーが語る~さぬきうどんについて~」

担当 森本尚太アナウンサー

アナウンサーが「コトノハ=ことば」をテーマにお送りしている番組「コトノハ」。


MBSのアナウンサーはそれぞれ、大好きなもの、こだわっていること、時間をかけて取り組む趣味...いろんな世界を持っています。しかも、アナウンサーはみんなおしゃべりが大好き。


そこで、この番組の15分間を使って、アナウンサーが今リスナーのみなさんに聞いてほしいことを熱く語ります。今回は森本尚太アナウンサー。もう20回は香川県を訪れ食べ歩いたという「さぬきうどん」について語ります。なぜ「さぬき」で「うどん」が名物になったのか?おすすめのお店は?ぜひ聞いてください!


次回(5月16日)は「アナウンサーが語る」シリーズ。「今見るべき映画」について、上田崇順アナウンサーがお話しします。

2022.04.28

♯31 朗読「あし」「あめだま」「二匹のかえる」(新美南吉)

担当 福島暢啓 / 古川圭子アナウンサー

アナウンサーが「コトノハ=ことば」をテーマにお送りしている番組「コトノハ」。こどもの日を前に、新美南吉の短編を、福島暢啓・古川圭子アナウンサーが朗読します。


「ごんぎつね」で知られる新美南吉。国語の教科書にも載っているので、みなさんよくご存じだと思います。新美南吉が「ごんぎつね」を書いたのは18歳のとき。29歳で若くして亡くなっているので、残された作品はそう多くはありません。その中から、こどもたちにもわかりやすく、今聞いてもクスッと笑える、そんな3つの作品をご紹介します。「あし」と「二匹のかえる」を福島アナウンサー、「あめだま」を古川アナウンサーが朗読します。お子さんと一緒に、ぜひお聞きください。


次回(5月9日)は「アナウンサーが語る」シリーズ。「さぬきうどん」について、森本尚太アナウンサーがお話しします。

2022.04.21

♯30「アナウンサーの仕事~中継の裏側~」

担当 山中真 / 川地洋平アナウンサー

アナウンサーが「コトノハ=ことば」をテーマにお送りしている番組「コトノハ」。「アナウンサーのお仕事」第2弾。アナウンサーの様々な仕事の中から、今回は「中継」をテーマに、ニュースやバラエティ番組で「中継」を担当するアナウンサーが、どんなことに苦労し、どんな準備をして放送に臨んでいるかについてお話しします。


出演は、現在「よんチャンTV」で月曜日から木曜日まで、その日注目の場所からの中継を担当している山中真アナウンサーと、同じく金曜日の中継を担当している川地洋平アナウンサー。15年以上も中継に携わっている山中アナと、中継担当2年目の川地アナウンサーが、何を聞き、何を語るのか...どうぞお楽しみに。


次回(5月2日)は「こどもの日」を前に、新美南吉の作品を、福島暢啓アナウンサーが朗読します。

▼バックナンバー▼