MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi_p@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2019年9月14日 放送分】
【2019年9月7日 放送分】
【2019年8月31日 放送分】
【2019年8月24日 放送分】
【2019年8月17日 放送分】
【2019年8月10日 放送分】
【2019年8月3日 放送分】
【2019年7月27日 放送分】
【2019年7月20日 放送分】
【2019年7月13日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2019年8月3日 放送分】
2019年8月3日
【巻】…10・2040

【歌】…彦星と織女(たなばたつめ)と 今夜(こよい)会ふ天の川門(かわと)に 波立つなゆめ

【訳】…彦星と織女と今夜会う天の川の渡し場に波よ立つな、決して決して

【解】…七夕は、彦星と織女にとって年に一度のデートの日。川の渡し場に波が立って会えなくなったら大変!波よ、決して立つな!と、作者の声が聞こえるようです。
万葉の時代は、交通手段が未発達な上、満足な雨具がないので、雨が降ったり川波が立ったりするだけで、目的地に行けなくなります。会うはずだった人と会えなかったというケースも多々あったことでしょう。それだけに、当時の人々は会えることの有難さを身に沁みて感じていたのではないでしょうか。この歌の作者も、もしかしたら、大切な人と会えなかった体験があって、「彦星と織女は、ちゃんと会えますよう」と、祈りに近い気持ちが「決して決して」という強い表現につながったのかもしれません。

上野誠さんが新しい本を出版しました。
タイトルは「体感訳・万葉集 令和に読みたい名歌36」
切ない恋、望郷、家族愛・・現代人の心に相通じる名歌を厳選して、初心者にも分かりやすく紹介した本です。よかったら読んでみてください。