MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2020年1月18日 放送分】
【2020年1月11日 放送分】
【2020年1月4日 放送分】
【2019年12月28日 放送分】
【2019年12月21日 放送分】
【2019年12月14日 放送分】
【2019年12月7日 放送分】
【2019年11月30日 放送分】
【2019年11月23日 放送分】
【2019年11月16日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2020年1月4日 放送分】
2020年1月4日
【巻】…17・3925

【歌】…新(あらた)しき年のはじめに 豊(とよ)の年しるすとならし 雪の降れるは

【訳】…新しい年のはじめに豊かな年の兆しとなった、雪が降ったことは

【解】…新しい年のはじめに雪が降ると、「雪かき」と称して貴族たちが宮廷に集まりました。ただ、実際に雪かきはせず、宴会をするのが目的だったようです。その宴会で、葛井連諸会という人が詠んだのがこの歌。「雪が降ったので、今年は豊かな年になる!」と、喜びの気持ちを歌い上げています。当時、新年の雪は吉兆とされていました。その由来は様々に説明されていて、当時の先進国である中国でそのように考えられていた影響とか、お米が白いので豊作がイメージされたとか、そもそも、新年に雪が降ることがめったにないので、その珍しさがめでたいと思われていたとか。いずれにしても、吉兆の雪だと称して、新年に皆が集まることが重要だったのです。疫病や飢饉など、危機があったとしても、仲間がこのように無事に集まり、自然を楽しみ、今を楽しむことこそ、大切だったのでしょう。