MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年1月16日 放送分】
【2021年1月9日 放送分】
【2021年1月2日 放送分】
【2020年12月26日 放送分】
【2020年12月19日 放送分】
【2020年12月12日 放送分】
【2020年12月5日 放送分】
【2020年11月28日 放送分】
【2020年11月21日 放送分】
【2020年11月14日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2020年11月7日 放送分】
2020年11月7日
【巻】…8・1516

【歌】…秋山にもみつ木の葉の移りなば さらにや秋を見まく欲(ほ)りせむ

【訳】…秋山に色づく木の葉が散ってしまったならば、さらにさらに秋を見続けたいと思うだろう

【解】…山部王が秋の紅葉を惜しんで作った歌。「もみつ」は、紅葉するという動詞。そして「移る」は散ってゆくこと。秋山で美しく紅葉する木々を見た山部王は、ずっとこのまま紅葉を眺めていたいと思いながらも、散った後には「もっと秋を味わいたい」という気持ちでいっぱいになるだろうと、やがて訪れる寂しさまで詠み込んでいます。やって来るものへの期待と、去り行くものへの悲しみ・・人は、両方の感性を持っていますが、この歌は、後者。限りあるものを惜しむ作品のひとつとして挙げられます。