MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年6月12日 放送分】
【2021年6月5日 放送分】
【2021年5月29日 放送分】
【2021年5月22日 放送分】
【2021年5月15日 放送分】
【2021年5月8日 放送分】
【2021年5月1日 放送分】
【2021年4月24日 放送分】
【2021年4月17日 放送分】
【2021年4月10日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2021年5月22日 放送分】
2021年5月22日
【巻】…15・3674

【歌】…草枕旅を苦しみ恋ひをれば 可也(かや)の山辺にさ雄鹿鳴くも

【訳】…草枕旅に苦しみ恋い焦がれていると、可也の山辺にさ雄鹿が鳴いていることだなあ

【解】…天平8年に都を旅立った遣新羅使人の歌。朝鮮半島までの厳しい航海の途中で、北部九州の糸島半島にある引津の港に停泊した際に作られたものです。この時は天然痘が流行して多くの人が命を落としている状況でしたから、ただでさえ困難な旅がさらに辛いものだったと想像に難くありません。そんな折に思い出したのは、きっと都のこと。引津にある可也山の山辺で雄鹿が鳴いているのを耳にして、奈良の風景や大切な人々のことを思い出したのではないでしょうか。つがいになる雌を探す雄鹿の声は、哀愁を帯びて遠く響き、それが余計に、作者の人恋しい気持ちを呼び起こしたのでしょう。