MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年9月11日 放送分】
【2021年9月4日 放送分】
【2021年8月28日 放送分】
【2021年8月21日 放送分】
【2021年8月14日 放送分】
【2021年8月7日 放送分】
【2021年7月31日 放送分】
【2021年7月24日 放送分】
【2021年7月17日 放送分】
【2021年7月10日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2021年7月3日 放送分】
2021年7月3日
【巻】…10・1999

【歌】…あからひくしきたへの子を屢(しば)見れば 人妻ゆゑにわれ恋ひぬべし

【訳】…紅顔の美しい織女をしばし見ると、人妻であるのに私は恋をしようとしている、今まさに

【解】…七夕の歌です。「あからひく」は、赤っぽい色をひく、つまり血色がよくて健康であるという意味で、美人であることを表現しています。そして、「しきたへ」は布のこと、これは織女星のこと。織女星と彦星は夫婦の関係とも言えますから、織女星は人妻ということになりますが、歌の作者は、人妻と分かってはいても、彼女に恋をしそうだと歌っているのです。かなわぬ恋ゆえに、余計に燃え上がるものがあるのでしょうか。七夕に、夜空を見上げて想像を巡らせるのはよくあることでしょうが、織女星にときめくというのは、作者の想像力の豊かさ故のことかもしれません。