radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年10月9日 放送分】
【2021年10月2日 放送分】
【2021年9月25日 放送分】
【2021年9月18日 放送分】
【2021年9月11日 放送分】
【2021年9月4日 放送分】
【2021年8月28日 放送分】
【2021年8月21日 放送分】
【2021年8月14日 放送分】
【2021年8月7日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2021年8月28日 放送分】
2021年8月28日
【巻】…8・1542

【歌】…わが丘の秋萩の花 風を疾(いた)み散るべくなりぬ 見む人もがも

【訳】…私の丘の秋萩の花、風がはやいので今にも散ってしまいそうだ、一緒に見る人がいればよいのになあ

【解】…前週に続いて、大伴旅人の歌2首のうちの2首目。旅人の生活圏にある「わが丘」では秋萩が花を咲かせていますが、丘の上のせいか、風が激しくて花が散ってしまいそうです。せっかくの美しい花を一緒に見る人がいたらいいのになあ、と「今」を惜しむ気持ちでこの歌を詠んだのでしょう。一人で見るよりも、一緒に見る人がいる方が楽しいというのは、誰もが思うところではないでしょうか。特に、萩の花は、どちらかというと地味なところがあるだけに、そういう花を一緒に楽しみたいと思うのは、本当にそばにいて欲しいと思える相手を想像しているのではないでしょうか。