radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサープロフィール
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2024年6月1日 放送分】
【2024年5月25日 放送分】
【2024年5月18日 放送分】
【2024年5月11日 放送分】
【2024年5月4日 放送分】
【2024年4月27日 放送分】
【2024年4月20日 放送分】
【2024年4月13日 放送分】
【2024年4月6日 放送分】
【2024年3月30日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2024年4月13日 放送分】
2024年4月13日
【巻】…10・1850

【歌】…朝な朝なわが見る柳 鶯の来居(きゐ)て鳴くべき森に早(はや)なれ

【訳】…朝な朝な私が見る柳、ウグイスがやって来て鳴くような森に早くなっておくれ

【解】…今回は、柳とウグイスの取り合わせです。作者の身近には柳があって、毎朝眺めていたのでしょう。春には柳が芽吹くのを見て楽しんでいたのは容易に想像できますが、それだけでなく、ウグイスがやって来て鳴くような森になってくれと歌っています。森になるまでには何十年かかるか分かりませんが、もちろん本気でそう歌っているのではなく、ありえないことを詠んで楽しんでいるのです。柳とウグイスという、春ならではの光景を早く見たいという、うきうきした気分がそうさせたのかもしれませんね。