村瀬哲史とKRIC!不動産の時間

不動産予備校

2024.6.10放送

今回の「不動産予備校」は「KRICの魅力、もっと知って~!」と題してKRIC広報の"西さん"に話を聞きました。「もっと気軽にKRICに相談してください!」と言う西さんによると、昔の不動産取引は「売る・買う・借りる・貸す」だったそうですが、今は相談内容が多岐に渡っていて、こうした事情に対応すべく、KRICでは弁護士や税理士など士業の人や介護・保険関係の人などで構成されているKRICパートナーズというネットワークを構築しているそうですよ。


このネットワークを生かして「相続」や「土地の境界」、「住宅ローンをはじめとする融資」についてなど、不動産に関係する問題から顕在化していない課題まで先回りできるかも知れませんよ。困ったときもですが、困る前からKRICのHPの「お問い合わせ」や事務局(06-6292-7791)まで!

不動産予備校

2024.6.3放送

今回の「不動産予備校」は「実録!本当にあった不動産トラブル」と題してKRIC解説員の"なおさん"に「転勤族の人が自宅を貸した際に起きたトラブル」について話を聞きました。2人目の子どもが生まれることを受けてマンションを購入したところ、数年後に会社から転勤の辞令が。転勤している間はマンションを賃貸の用に供することにしたAさんは無事、賃借人も決定して家賃収入も入ってきたそうです。ただこの時の契約内容が転勤終了後、トラブルの元になったそうで...。


"なおさん"によると賃貸借の契約には「普通借家契約」と「定期借家契約」があります。前者は契約期間を定めていても、入居者が自ら意思を示さない限り退去する必要がなく、後者は契約期間満了と同時に賃借人は必ず退去しなければならないそうです。かわりに、定期借家契約は普通借家契約より賃料が安い傾向があるそうです。転勤の期間を予め会社と約束しておくことや、万が一のリスクを考えて最初は定期借家契約にしておくことが大事だそうですよ。困ったときは「街のクリックさん」に相談するのも良いかも知れませんね。

関西不動産情報センター・KRIC 川端 直樹 さん

2024.5.27放送

今回のゲストは関西不動産情報センター・KRICの川端 直樹(カワバタ ナオキ)さん。業界歴33年で、2027年に100周年を迎える信託銀行の大阪不動産部の部長です。個人客約3400万人、法人客110万社という大きな顧客基盤をグループとして持つことが最大の会社の強みと言う川端さん。いまは部長として担当者や管理職をマネジメントすることが主な仕事だそうですが、ときどきサッカーのオーバーラップのように現場に入ることもあるそうですよ。


わが町パラダイスでは川端さんが暮らしている大阪・天満橋を紹介してもらいました。淀屋橋も徒歩圏内で、観光名所も沢山あります。交通アクセスも抜群で、京阪線を使えば京都にもすぐに行ける好立地。ランチや夜の美味しいお店が多数あるのも、ありがたいそうですよ。そんな中で川端さんのオススメは「天下の台所 大起水産 八軒家浜 まぐろスタジアム」。大川沿いに面したお店でロケーションが抜群なことに加え、料理も格別。ディナータイムに開催されることもある「まぐろの解体ショー」も楽しめるそうですよ。

関西不動産情報センター・KRIC 大植 康史 さん

2024.5.20放送

今回のゲストは関西不動産情報センター・KRICの大植 康史(オオウエ ヤスシ)さん。業界歴33年でオフィスビルや収益用不動産、店舗、倉庫などを総合的に扱う事業用不動産会社として60年以上の歴史と実績を積み重ねる不動産会社の執行役員です。大阪や京都に所属している総勢40人ほどの部隊を抱え、事業用不動産の法人仲介をしているという大植さん。この仕事のやりがいを聞くと「地鎮祭に呼んでもらったり、竣工式のパーティに呼んでもらったり、そういうときに感謝されると『良い取引ができてよかったな』と感じる」と話してくれました。


わが町パラダイスでは大植さんが東京に単身赴任していたときに暮らしていた八丁堀・茅場町エリアを紹介してもらいました。東京駅に歩いて約20分に位置し、橋を渡れば"もんじゃ"で有名な月島や晴海・豊洲市場と観光・グルメでも人気のスポットだそうです。大植さんが特にオススメするお店が「やき鳥 宮川」。20回以上は通った大好きなお店だそうで、お通しの「うず玉おろし」や「玉こんにゃく煮」、一品料理の「とりさし」・「とりわさ」の美味しさに加え、焼き物も大ぶりでコスパも最高らしいですよ。

関西不動産情報センター・KRIC 宮間 健太 さん

2024.5.13放送

今回のゲストは関西不動産情報センター・KRICの宮間 健太(ミヤマ ケンタ)さん。業界歴9年で「街づくり・家づくりを通じて、お客さま、地域の人々、社員さんやその家族に貢献し続ける」をビジョンに1998年に設立された不動産会社で営業をしています。具体的には会社が販売する分譲戸建て住宅を「建てるための土地」を取得するために日々、仕事をしているそうですよ。


わが町パラダイスでは本社のある阪神間エリアから西宮市を紹介してもらいました。住みたい街ランキング上位常連の西宮市は阪急西宮ガーデンズなど街としての魅力を増やしながら、武庫川や六甲山、田畑など自然も近く、子育て世代に非常に人気のエリア。なかでもオススメは西宮北口にある「エイジ・ニッタ」というスイーツ店だそうです。オーナーパティシエがテレビ番組のケーキ職人選手権で優勝したこともある日本トップクラスのパティシエで、宮間さんは「ミヤレーヌ」というシェフ・オリジナルのマドレーヌを頻繁に購入するそうですよ。

▽バックナンバー▽