MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年6月12日 放送分】
【2021年6月5日 放送分】
【2021年5月29日 放送分】
【2021年5月22日 放送分】
【2021年5月15日 放送分】
【2021年5月8日 放送分】
【2021年5月1日 放送分】
【2021年4月24日 放送分】
【2021年4月17日 放送分】
【2021年4月10日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2021年5月8日 放送分】
2021年5月8日
【巻】…12・3136

【歌】…旅にありて恋ふれば苦し いつしかも都に行きて君が目を見む

【訳】…旅にあって恋しく思えば苦しく感じる。一体いつになったら都に行って、あなたの目を見ることができるだろうか

【解】…旅と言えば楽しいイメージが浮かぶでしょうが、交通手段が整備されていなかった古代では、目的地にたどり着くまでに時間がかかり、危険も伴っていたので、苦しいものの象徴でした。ですので、万葉歌でも、旅の苦しさを歌ったものが多く、今回ご紹介する作品もそのひとつ。旅の途中で作者は、遠く離れてしまった都にいる恋人のことを思いながら「いつになったら都に帰って、あなたの目を見ることができるのだろうか」と、辛く恋しい気持ちを吐露しています。現代では、顔を見たいと表現しますが、古代では、目を見たいとの表現。目を見れば、自分への感情がすぐに分かるので、このように目を重視した表現をしていたのかもしれません。現在では、色々な機器を駆使すれば、どこにいても大切な人の顔を見ることが可能になりましたが、やはり実際に会って目を見ることで、さらに伝わってくるものがあるのではないでしょうか。