MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2020年2月22日 放送分】
【2020年2月15日 放送分】
【2020年2月8日 放送分】
【2020年2月1日 放送分】
【2020年1月25日 放送分】
【2020年1月18日 放送分】
【2020年1月11日 放送分】
【2020年1月4日 放送分】
【2019年12月28日 放送分】
【2019年12月21日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2017年2月11日 放送分】
2017年2月11日
【巻】…2・133

【歌】…小竹(ささ)の葉はみ山もさやにさやげども われは妹思ふ 別れ来ぬれば

【訳】…笹の葉は、み山もさやかにサラサラと音を立てるけれども、私は恋人のことを思う、別れて歩いてゆくと

【解】…石見の国(現在の島根県西部)に赴任していた柿本人麻呂は、ある女性と出会って恋人関係になりますが、都に帰らなければならなくなります。恋人と別れて大和に向かう途中、人麻呂は別離の哀しみを歌に詠みました。その長歌に続く反歌2首のうちの1首で、名歌と評されている作品です。都に向かう山の道、笹の葉がサラサラと風に揺れる気持ちのいい風景に囲まれた人麻呂ですが、そんなことには全く反応していない様子。普段なら、自然の動きに敏感なはずですが、この時ばかりは、別れた恋人への思いでいっぱいだったのでしょう。その気持ちが1300年たった今でも痛いくらいに伝わってきます。