MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2020年6月27日 放送分】
【2020年6月20日 放送分】
【2020年6月13日 放送分】
【2020年6月6日 放送分】
【2020年5月30日 放送分】
【2020年5月23日 放送分】
【2020年5月16日 放送分】
【2020年5月9日 放送分】
【2020年5月2日 放送分】
【2020年4月25日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2020年5月2日 放送分】
2020年5月2日
【巻】…12・3011

【歌】…我妹子(わぎもこ)に衣春日(ころもかすが)の宜寸川(よしきがわ) 縁(よし)もあらぬか 妹が目を見む

【訳】…我妹子に衣を貸すという訳ではないが宜寸川、その縁(方法)もないのかなあ、恋人の目を見る

【解】…我妹子は私の恋人という意味。恋人に衣を貸すというのは、一夜を共にするという意味ですが、その「貸す」は春日という言葉を起こし、春日山から流れる宜寸川へとつながっていきます。さらに、宜寸川は同じ音の「縁(よし)」を起こし、最後は、恋人に会う縁(よし=方法)がないのかなあという一文に落ち着いています。結局、前半の「我妹子に衣春日の宜寸川」は、後半の「縁もあらぬか妹が目を見む」を起こすためのもので、序言葉による言葉遊びになっているのです。古代の人々のユーモアセンスが楽しく伝わってくる歌ですね。

※上野誠さんの新刊本が発売されました!
「万葉学者、墓をしまい 母を送る」講談社 1400円+税