MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年1月16日 放送分】
【2021年1月9日 放送分】
【2021年1月2日 放送分】
【2020年12月26日 放送分】
【2020年12月19日 放送分】
【2020年12月12日 放送分】
【2020年12月5日 放送分】
【2020年11月28日 放送分】
【2020年11月21日 放送分】
【2020年11月14日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2020年12月19日 放送分】
2020年12月19日
【巻】…10・2238

【歌】…天(あま)飛ぶや雁のつばさの覆羽(おほひば)の 何処(いづく)漏りてか 霜の降りけむ

【訳】…大空をかける雁の翼の覆い羽の、その羽根がどこで漏れたか、こんなに霜が降ったのは

【解】…「覆羽」とは、解釈は難しいですが、鳥の羽根が幾層かで出来ているうちの一番外側の羽根と思われます。雁は、長い長い距離を飛んでいくうちに、「覆羽」に露がつき、それがポトリと地上に落ちて霜になったという考えが、この歌の前提となっています。霜が「降る」と表現されるのも、霜が天からやってくるものだと古代の人が考えていたからではないでしょうか。露をまとった羽根はキラキラと美しく、その露が落ちて凍った霜もまた美しく輝いている・・そんなイメージが、この歌から伝わってきます。