radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年10月9日 放送分】
【2021年10月2日 放送分】
【2021年9月25日 放送分】
【2021年9月18日 放送分】
【2021年9月11日 放送分】
【2021年9月4日 放送分】
【2021年8月28日 放送分】
【2021年8月21日 放送分】
【2021年8月14日 放送分】
【2021年8月7日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2021年8月14日 放送分】
2021年8月14日
【巻】…2・239

【歌】…難波潟(なにはがた)潮干(しほひ)なありそね 沈みにし妹が姿を見まく苦しも

【訳】…難波潟よ干あがってくれるなよ、沈んでいる妹の姿を見るのはつらいものだから

【解】…和同4年(711年)に河辺宮人(かはべのみやひと)が詠んだ歌。当時、難波には難波潟という浅瀬があって、潮の満ち引きによって陸地が見えたり、水に没したりしていました。その難波潟で河辺宮人は、「潮よ干あがってくれるなよ」と歌っています。水が引くと、ここで亡くなった乙女の亡骸を見ることになるから、と。彼は、亡くなった乙女の姿を実際に見たのか、それとも、そういう話を聞いただけなのかは、この歌からは分かりません。多分、見知らぬ女性の死に偶然、居合わせたことがあったのだと推測されますが、潮が満ち引きするのを見ているうちに、その死への感傷が湧き起り、この歌となったのではないでしょうか。