radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2022年8月13日 放送分】
【2022年8月6日 放送分】
【2022年7月30日 放送分】
【2022年7月23日 放送分】
【2022年7月16日 放送分】
【2022年7月9日 放送分】
【2022年7月2日 放送分】
【2022年6月25日 放送分】
【2022年6月18日 放送分】
【2022年6月11日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2022年6月18日 放送分】
2022年6月18日
【巻】…1・15

【歌】…わたつみの豊旗雲(とよはたくも)に入日(いりひ)さし 今夜(こよひ)の月夜(つくよ)さやけかりこそ

【訳】…わたつみの豊旗雲に入日がさして、今夜の月夜は鮮やかであってほしいものだ

【解】…中大兄(後の天智天皇)が、難波から瀬戸内海を通って、現在の福岡県に向かう船旅の途中で作ったとされる歌です。海上はるかにたなびいている雲に入日がさしているのを見て、どうか今夜の月はあざやかであってほしいと、翌日の航行の安全を祈って作ったものと思われます。ちなみにこの歌は、中大兄の三山の歌の反歌として万葉集に収められていますが、当初は削られる運命にあったとか。というのも、三山(香具山・畝傍山・耳成山)とは遠く離れた海の上での光景を描いたもので、反歌らしくないと、カットされそうになったようです。しかし、万葉集が参照した旧本には載っているので、それにならって残した・・と注記にあります。危うく削られるところだった歌ですが、今では、日本の短歌史上稀なる名歌だと高く評価されている作品です。