radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2022年11月26日 放送分】
【2022年11月19日 放送分】
【2022年11月12日 放送分】
【2022年11月5日 放送分】
【2022年10月29日 放送分】
【2022年10月22日 放送分】
【2022年10月15日 放送分】
【2022年10月8日 放送分】
【2022年10月1日 放送分】
【2022年9月24日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2022年11月12日 放送分】
2022年11月12日
【巻】…3・305

【歌】…かくゆゑに見じといふものを 楽浪(ささなみ)の旧(ふる)き都を見せつつもとな

【訳】…こうなるからといって見ないと言っていたのに、楽浪の旧き都を見せてくれたね、いたずらに

【解】…高市黒人の歌は全て旅の歌で、必ず地名が入っています。「楽浪の」は、近江にかかる枕詞で、今回の舞台は近江の旧き都、つまり、天智天皇が作った大津京(現在の滋賀県大津市)です。高市黒人は、この地を見たくないと周囲に言っていたのでしょうが、結果として見ざるをえなくなって、その時の気持ちを歌にこめました。この旧都は、かの壬申の乱で戦場となった場所で、華やかだった風景が、戦乱で焼かれて見る影もなくなっていたのでしょう。そんな旧都の姿を黒人は見たくなかったに違いありません。彼の歌は、この作品のように、旅の寂しさや辛さを詠んだものがほとんどなのですが、そこが、多くの人をひきつけていて、黒人ファンであるという人は少なくありません。