radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサープロフィール
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2024年4月13日 放送分】
【2024年4月6日 放送分】
【2024年3月30日 放送分】
【2024年3月23日 放送分】
【2024年3月16日 放送分】
【2024年3月9日 放送分】
【2024年3月2日 放送分】
【2024年2月24日 放送分】
【2024年2月17日 放送分】
【2024年2月10日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2024年1月13日 放送分】
2024年1月13日
【巻】…9・1708

【歌】…春草を馬咋山(うまくひやま)ゆ越え来(く)なる 雁の使(つかひ)は 宿(やどり)過ぐなり

【訳】…春草を馬が食うというわけではないが、咋山を越えてやって来る雁の使いは、旅の宿を過ぎていった

【解】…泉川(現在の京都府木津市の木津川)のほとりで作られた歌。春は草が生えて、それを馬が食べますが、歌では「春草を馬が食うというわけではないが馬咋山・・」となっています。つまり、「春草を馬」は、咋山を起こすためのものなのです。では、雁の使いとは何か。これは、中国の故事に関係していて、戦で捕らえられた蘇武という将軍が、雁に手紙を託して、生きていることを皇帝に知らせたというもの。歌の作者は、咋山を越えてやってきた雁を見て、何かを伝えてもらおうと思ったのかもしれませんが、残念ながら雁は通り過ぎてしまいました。誰に何を伝えたかったのか詳しいことは分かりませんが、通信手段が発達した現代では、生まれることのない歌ですね。