radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサープロフィール
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2024年4月13日 放送分】
【2024年4月6日 放送分】
【2024年3月30日 放送分】
【2024年3月23日 放送分】
【2024年3月16日 放送分】
【2024年3月9日 放送分】
【2024年3月2日 放送分】
【2024年2月24日 放送分】
【2024年2月17日 放送分】
【2024年2月10日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2024年2月17日 放送分】
2024年2月17日
【巻】…9・1777

【歌】…君なくは何(な)ぞ身装(みよそ)はむ 櫛笥(くしげ)なる黄楊(つげ)の小櫛(をぐし)も取らむとも思はず

【訳】…あなたがいなければ、どうして身づくろいなどしましょうや、大切な箱に入っているツゲの櫛も手に取ろうなどとは思いません

【解】…前回と同じく、石川大夫が転任する際の宴席で播磨娘子が贈った歌。櫛笥は、女性が大切な櫛を入れていた箱のことで、玉櫛笥という表現があるくらい、美しい箱が多かったようです。歌にある櫛笥はおそらく、石川大夫が播磨娘子にプレゼントしたもので、中に入っているツゲの櫛も高価なものだったでしょう。播磨娘子は、「あなたがいるから、このツゲの櫛で身づくろいしていたのに、いなくなるなら、手に取る気になれない」と、別れを惜しんでいるのです。石川大夫と播磨娘子は恋人同士だったと思われますが、一方で、二人は何の関係もないのに、宴席を盛り上げるために、このような思わせぶりな歌を詠んだ可能性もあるようで、本当のところはよく分かっていません。