radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサープロフィール
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2024年6月1日 放送分】
【2024年5月25日 放送分】
【2024年5月18日 放送分】
【2024年5月11日 放送分】
【2024年5月4日 放送分】
【2024年4月27日 放送分】
【2024年4月20日 放送分】
【2024年4月13日 放送分】
【2024年4月6日 放送分】
【2024年3月30日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2024年5月11日 放送分】
2024年5月11日
【巻】…10・1876

【歌】…朝霞春日(はるひ)の暮れば 木(こ)の間(ま)より移ろふ月を 何時(いつ)とか待たむ

【訳】…春の日が暮れてゆくと、木の間から移ろってゆく月を、いつ出ることかと待つことになるのであろうか

【解】…前回に続いて春の月の歌。朝霞は春日にかかる枕詞と考えられますが、朝に霞がたって春の日が暮れてゆくという、時間経過が感じられます。「移ろふ」もまた、時間とともに変化する様を表した言葉。作者はかつて、木の下で東から西へと移ってゆく月をずっと眺めていたことがあるのでしょう。それをまた見るために、月が出るのを待とうと歌っています。巻の10は作者未詳の作品ばかりで、誰がこの歌を詠んだかは分かりませんが、作者はどういう思いで月を眺めようとしたのでしょうか。