radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサープロフィール
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2024年7月13日 放送分】
【2024年7月6日 放送分】
【2024年6月29日 放送分】
【2024年6月22日 放送分】
【2024年6月15日 放送分】
【2024年6月8日 放送分】
【2024年6月1日 放送分】
【2024年5月25日 放送分】
【2024年5月18日 放送分】
【2024年5月11日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2024年5月18日 放送分】
2024年5月18日
【巻】…10・1889

【歌】…わが宿の毛桃(けもも)の下に月夜(つくよ)さし 下心(したごころ)良し うたてこのころ

【訳】…私の家の毛桃の下に月光が差しこんで気分が良い、なぜか不思議に最近は

【解】…毛桃は桃の一種で、日本在来の観賞用の植物です。庭の毛桃の下に月光が差し込んでいる光景を見た作者は、「下心良し」と感じました。「下心」は、現代では、心に秘めた良くない気持ちや企みなど、マイナスイメージをまとった言葉ですが、古代での下心は、心の奥底で深く感じている純粋な感覚を指します。それが「良し」とは、本当に気分がいいと感じているのでしょう。その状態が「うたてこのころ」・・最近なぜかずっとそうだと歌っているのです。この歌には、比喩歌と表題がついていますので、何か嬉しいことがあって、それを毛桃の下の月光に投影したものと思われます。その嬉しいことが何かは分かりませんが、ウキウキするような幸せな感覚が伝わってくる歌です。