MBSラジオがパソコンで聴ける!インターネットラジオサービス「radiko」
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
歌ごよみ!
上野誠コラム
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(奈良大学文学部教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2020年7月25日 放送分】
【2020年7月18日 放送分】
【2020年7月11日 放送分】
【2020年6月27日 放送分】
【2020年6月20日 放送分】
【2020年6月13日 放送分】
【2020年6月6日 放送分】
【2020年5月30日 放送分】
【2020年5月23日 放送分】
【2020年5月16日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-上野誠コラム
【2020年7月11日 放送分】
2020年7月11日
【巻】…7・1381

【歌】…広瀬川袖つくばかり浅きをや 心深めて吾(あ)が思へるらむ

【訳】…広瀬川は袖つくばかりに浅いのに、私は深く深く思っています、あの人のことを

【解】…広瀬川は奈良盆地の西側を走る川。立って渡っても袖が濡れるくらいの水深でしかないと、この歌は詠んでいますが、広瀬川のことを伝えたい訳ではありません。川が浅いことを持ち出しながら、自分の恋心はそんな浅いものではないですよ、と表現しているのです。人の心は見えないものですから、「あなたのことを思っています」というだけでは、本当かどうか分かりませんので、目に見える川の深さを引き合いに出すことで、イメージしやすくしたのかもしれません。

ところで、上野誠さんの著書「万葉学者、墓をしまい母を送る」が、
第68回エッセイスト・クラブ賞を受賞しました。
もしよかったら読んでみてください!