radikoで今すぐ聴く!
上野誠の万葉歌ごよみ
ポッドキャストの楽しみ方
ポッドキャストの受信ソフトに、このバナーを登録すると音声ファイルが自動的にダウンロードされます。
ポッドキャストの説明はコチラ
上野誠の万葉歌ごよみ
毎週土曜日 朝 5:30〜5:45

上野誠(國學院大學 教授)
上田悦子(MBSアナウンサー)
★上田悦子アナウンサーブログ
utagoyomi@mbs1179.com
上野先生に聞いてみたい事、番組の感想など何でもお寄せください。
〒530-8304 MBSラジオ
「上野誠の万葉歌ごよみ」

【2021年10月9日 放送分】
【2021年10月2日 放送分】
【2021年9月25日 放送分】
【2021年9月18日 放送分】
【2021年9月11日 放送分】
【2021年9月4日 放送分】
【2021年8月28日 放送分】
【2021年8月21日 放送分】
【2021年8月14日 放送分】
【2021年8月7日 放送分】
上野誠の万葉歌ごよみ-歌ごよみ
【2021年9月4日 放送分】
2021年9月4日
【巻】…8・1565

【歌】…わが宿の一群萩(ひとむらはぎ)を 思ふ子に見せずほとほと散らしつるかも

【訳】…私の家の一群萩を、愛しいあの子に見せないままに、もう少しで散らせてしまうところだった

【解】…大伴家持が、日置長枝娘子(へきのながえをとめ)から贈られた歌(1564番の歌)に応えて詠んだもの。日置長枝娘子の歌は、「秋らしくなると尾花の上に置く露のように、消え入るばかりに私は思われることよ」という内容で、家持と長い間会えないでいることの寂しさを訴えています。いわば、ラブレターのようなものですね。これに対し家持は、庭先にある一群の萩「わが宿の一群萩」を、「思ふ子」に見せないままに散らせてしまうところだったと歌っています。「思ふ子」とは、愛しい女性、つまり日置長枝娘子のことで、ラブレターをもらわなければ、一緒に庭の萩を見る機会を逸するところでした、と返しているのです。この後、実際に二人がデートをしたのかどうか、どこにも記録は残っていませんが、きっと楽しい時間を過ごしたことでしょう。