日本一明るい経済電波新聞

毎週日曜日 あさ8:30~

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」

出演企業の紹介

株式会社カワキタ
代表取締役社長 河北一朗さん
https://www.k-kawakita.com

OEMから自社ブランドまで ものづくりで暮らしを便利に

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

モノづくりの町で体感しよう!賑わいを楽しもう!
2019.09.15
東大阪でものづくり発信のイベントがあります。
『東大阪産業フェア2019 モノづくりを体感しよう!賑わいを楽しもう!』
開催日:9月21日(土) 22日(日)
①ワークショップアカデミー
会場:近鉄布施駅北口交通広場
<21日> 10:00~17:00 <22日>10:00~16:00
▼コンテンツ例
・主に子供向けワークショップ
⑴プラスチックシートを真空成型!商品パッケジワークショップ
⑵ネジと工具でロボットキャラクターを作ろう!
⑶MYドライバーで作ろう!ドライバーネックホルダー ワークショップ
②出張オープンファクトリー こーばへ行こう!
会場:クレアホールふせ及び布施駅北部三番街商店街特設会場

<21日>10:00~17:00 <22日>10:00~19:00
▼コンテンツ例
・クレアホール
⑴へら絞り、タタキ板金、精密溶接のモノづくりの匠の技の実演
⑵実演で作った製作物を利用したライブ演奏
⑶市内のモノづくり企業の紹介コーナー
・特設会場(主に大人向けワークショップ)
⑴タタキ板金でつくるスタッキングトレイ
⑵金網フェンスの巻き型ペンケース
⑶アメリカンタイプバイク
*普段閉ざされた工場を地域のみなさんにご覧頂くため、工場が商店街に出張し、ものづくりを知ってもらうとともに文化発信の場としても工場が機能することを探る試みです。

9月20日(金)〜11月2日(土)は、国内におけるラグビーのワールドカップ開催期間です。
東大阪市では、この期間を「東大阪産業フェア2019」の期間と位置付けて、モノづくりのまち東大阪を国内外に発信するとともに、期間中の商店街イベントと連携し、市域を盛り上げ、賑わいを創出する、たくさんイベントが企画されています。

詳しくは『東大阪産業フェア2019』と検索してください。

2019 
09 15
日曜日 

仕事もプライベートも充実 地元から世界を臨む"グローカル企業"

先週に引き続き、ゲストは株式会社カワキタの代表取締役社長・河北一朗さん。
プラスチックを中心とした雑貨などのOEMから自社ブランド『ダッコリーノ』まで。
変幻自在の商品展開をされています。
今週は会社の歴史を伺っていきましょう。

「昭和21年に祖父が創業しました。
私で現在三代目なんですが、元々はセルロイドの金型を作っていました。
先代の父がプラスチックの成型をしまして、昭和59年から工場を持たない、今でいうとファブレスで再スタートしました。
近辺の工場で作ってもらうスタイルになりました」。

現・河北社長はこのお仕事はいつから?
「私が子供の頃は金型と成型の仕事の両方を見ていたんですが、当初は将来の選択肢の中に継ぐことはなかったですね。
旅行の仕事がしたくてオーストラリアに渡って、旅行と新聞の仕事をしていまして、そうこうしているうちに日本で生活するイメージが湧かなくて。
しかしビザが切れてしまって、いろんな国を旅行をしながら帰国しました。
そこからさあ、何をしよう...。
思い立って一から経営の勉強をしてからでも遅くないと思い中小企業大学校に行きました。
そこで仲間ができたんですが、みんな自社のために勉強していたんですね。
そんな中、自分だけがない。
あるときに父の会社に行った時、父の働く姿、昔から可愛がってくれた社員さんを見たら"よし、俺が継ごう!"という気持ちになりました。
オーストラリアに戻るのは50歳になってからでいいと思っていたのですが、現在、52歳。
もうオーストラリアに行く気はありませんね(笑)」。


入社、そして社長に。 経営理念を作成されたそうですね。
「5つあります。
その中の一つでいいますと、『人生ワクワク夢創造企業』。
人生1回しかない。
悔いのない人生を送りたい。
会社とプライベートどちらも充実していないといけないと思うんです。
海外で生活していたからでしょうか。

アメリカに行った時にのびのびした自由を感じたんです。
そんな影響から1時間有給休暇制度を取り入れました。
当日、始業時間までに連絡してもらえるといつ休んでもOKです」。
休みが重なる場合は調整し、カバーし合える体制が取れているのだそう。 おもしろおかしくマナーを学ぶ『マナー向上委員会』
平成23年から女性社員の発案で始まった、地域の子どもたちにものづくりを知ってもらう『カワキタわくわく祭』など居心地の良い会社づくりにまい進されています。

これからのビジョンは?
「もともと会社案内にもあるんですが"グローカル企業"と書いています。
『グローバル』と『ローカル』の造語なんですが、東大阪という地域に根差しながら世界的な視野で活躍したいと思っています。
ダイバーシティもそうですが、それぞれに合わせた働き方ができるような会社を目指して、もっと人の役に立てる仕事がしたいと思っています。

お客さんや社員、人のためにもっと何かができる。
生み出される商品にはそんな心が詰まっています。

<プレゼント>
河北さんからリスナーのみなさまへプレゼントを頂いております。
花園ラグビー場のメモリアルグッズ「 花園指定席クッション 」
こちらをお1人の方にプレゼント!
≪ 宛先 ≫
メール:akarui@mbs1179.com
FAX:06−6809−9090
ハガキ:〒530-8304 MBSラジオ 「日本一明るい経済電波新聞」
「 株式会社カワキタ プレゼント 」係
*当選者の方の発表は商品の発送をもってかえさせて頂きます。

竹原編集長の一言

東大阪のものづくり。
作るものやスタイルも時代とともに変わってきます。
連携して作っていくこのスタイルは見習いたいですね。

竹原信夫プロフィール
日本一明るい経済新聞編集長

昭和23年10月29日生まれ大阪府出身
昭和46年3月 関西大学社会部マスコミ学科卒

大阪商工会議所会員紙「大商ニュース(日本一明るい企業情報)」編集協力。
平成22年7月から吉本お笑い総合研究所コンサルティングフェロー、NHKテレビ「おはよう関西」元気な中小企業コーナーに出演中。

高井美紀プロフィール
MBSアナウンサー

1967年12月28日生まれ 兵庫県出身
1990年 MBS入社
ほかの担当番組は、「 子守康範 朝からてんコモリ(金)」 「 住人十色(土)」「皇室アルバム(日)」「MBSマンスリーリポート(第一土)」。
食べ歩きと猫に夢中。
いつも鼻歌を歌っている!と言われる。

出演企業の紹介

株式会社カワキタ
代表取締役社長 河北一朗さん
https://www.k-kawakita.com

OEMから自社ブランドまで ものづくりで暮らしを便利に

明るい!ジモト川柳

ひとまちコラム

モノづくりの町で体感しよう!賑わいを楽しもう!
2019.09.15
東大阪でものづくり発信のイベントがあります。
『東大阪産業フェア2019 モノづくりを体感しよう!賑わいを楽しもう!』
開催日:9月21日(土) 22日(日)
①ワークショップアカデミー
会場:近鉄布施駅北口交通広場
<21日> 10:00~17:00 <22日>10:00~16:00
▼コンテンツ例
・主に子供向けワークショップ
⑴プラスチックシートを真空成型!商品パッケジワークショップ
⑵ネジと工具でロボットキャラクターを作ろう!
⑶MYドライバーで作ろう!ドライバーネックホルダー ワークショップ
②出張オープンファクトリー こーばへ行こう!
会場:クレアホールふせ及び布施駅北部三番街商店街特設会場

<21日>10:00~17:00 <22日>10:00~19:00
▼コンテンツ例
・クレアホール
⑴へら絞り、タタキ板金、精密溶接のモノづくりの匠の技の実演
⑵実演で作った製作物を利用したライブ演奏
⑶市内のモノづくり企業の紹介コーナー
・特設会場(主に大人向けワークショップ)
⑴タタキ板金でつくるスタッキングトレイ
⑵金網フェンスの巻き型ペンケース
⑶アメリカンタイプバイク
*普段閉ざされた工場を地域のみなさんにご覧頂くため、工場が商店街に出張し、ものづくりを知ってもらうとともに文化発信の場としても工場が機能することを探る試みです。

9月20日(金)〜11月2日(土)は、国内におけるラグビーのワールドカップ開催期間です。
東大阪市では、この期間を「東大阪産業フェア2019」の期間と位置付けて、モノづくりのまち東大阪を国内外に発信するとともに、期間中の商店街イベントと連携し、市域を盛り上げ、賑わいを創出する、たくさんイベントが企画されています。

詳しくは『東大阪産業フェア2019』と検索してください。

みなさんからのご意見ご感想も募集しております。

メール
akarui@mbs1179.com

おはがき
〒530-8304 MBSラジオ
「日本一明るい経済電波新聞」